「ひとりで解決する」

お付き合いしているCさんに障害のことを話してある。

その時に「こんなひとはどこにでもいるから大丈夫」と言われた。

1月にお付き合いが始まり、その間何度か私は落ちた。
そのたびに慰めてくれていたけれど、
最近二度、スルーされた。

その都度、落ち込んでしまった。

きっと「どこにでもいるから大丈夫」は
「特別扱いはしない」に匹敵するのだと気づいた。

それから自分が、自分の機嫌から人生まで
すべてCさんに委ねすぎていることに気づいた。

今までは相手に全部を依存してきた。
だから男性が潰れていった。

牧師先生によると、悩みや、落ち込んでいることを話してもいいが
「相手の悩みのぶん」があるので
持てるぶん、を考慮しなくてはいけません。とのこと。

そんなことすら、私は考えたことがなかった。

思いやることが出来なかったし、
思いやる余裕もなかった。

というか、恋人以外にも、人を思いやることすら出来なかった。

(だからほとんどの人間関係は破綻したのだと思う)

今は、すこしだけコントロール出来ている。
ひとりで処理することを意識している。

今度本当に壊れたら、きっとCさんはいなくなるだろうな、
と思うと恐くもなる。

でも、それを習得するしか生きる道はないのだと思う。

自分の人生を自分で責任を取るってことは…。

少なくとも、全てを依存せずにいたい。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-01 23:47 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35
「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病