「ご褒美のように一緒に寝て欲しい」

たくさん境界性人格障害の症状をコントロール出来たね、
死のうとしなかったね、偉いね。

と言うことで、ご褒美のように誰か一緒に寝てくれないものか。

これが男性目線ならばセックスも有りなんだろう。
そうじゃなくてただ単に、
犬みたいに一緒に眠るってくれるだけの人はいないのだろうか、と思った。
セフレではない、ただ、一緒に眠れる男性。

それを公言せず、秘密を守れ、信頼出来る人物。

本当はお父さんがいいのだけれど、父はもう他界しているし
いてもお互い同衾するようなそんな年齢ではない。

Cさんはもう、無理だろうな…。

私に好意を持ってくれている男性を
思い起こしてみたけれど、誰もダメだ。無理だ。

セックスなんかどうでもいいから、
ご褒美のように誰か一緒に寝てくれないだろうか。

考えてみても、そんな男性はいないんだけれど。

男性は風俗やらなんだか、
寂しさを紛らわす場所がたくさんあって羨ましい限りだ。

そんなことを考えてしまうくらい、私は寂しいのだと思う。
34歳にもなって、私は馬鹿みたいだ。

今日も兎型のクッションを抱いて眠る。

みんな、一人で眠ることは寂しくないのかな。

こういう部分は境界性人格障害の抱える
「3歳児のような愛情を求める」ってやつだな。

これは治らない気がしてる。
[PR]
by foxyborderline | 2013-05-23 02:15 | 恋愛 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14
「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35

ブログパーツ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病