「ボーダーラインの分類」

「境界性人格障害=BPD 実践ワークブック
はれものにさわるような毎日を
すごしている方々のための具体的対処法」
から抜粋。

境界性人格障害にもタイプが分類されることを知った。


「高機能で他者に向かって行動化するタイプ」

高機能ボーダーは働くことが出来る。
自己を傷つけたり、自殺企画をしたりはしない。
よそでは正常の仮面を被っている。
身近な人といると暴れたり激昂したりする。
自覚はなく一般に専門家へヘルプは求めない。
職場や学校では優等生。
例としては「愛と憎しみの伝説」のジョーンクロウフォード役。


「低機能で自分に向かって行動するタイプ」

障害者補助を受けていたり、失業していたりする。
もしくは自分の能力に見合わない低いレベルの仕事に就いている。
高機能と違い、自傷行為や自殺企画など自分自身を傷つける。
しばしば他人とは違う、と感じ、精神保健のプロに助けを求める。
例としてはマリリンモンロー。


「両方のタイプを併せ持つタイプ」

ふたつの基本タイプの真ん中、あるいは一方にだけ偏ったところに位置する。
例としてはダイアナ妃。
彼女は摂食障害、自傷行為、うつ状態と闘い、
その他の低機能の行為を露呈する一方で公の場に登場し、
慈善活動を行いふたりの息子をみごとに育てあげた。



私はおそらく限りなく「低機能」に近い、
「両方のタイプを併せ持つタイプ」だと思う。

自分がボーダーだと自覚がある。
問題を抱えながらも社会と適応し
バリバリと仕事していた20代がある。
他人への攻撃性はそんなに無いが
自傷行為や自殺企画など自分自身を傷つける。
大丈夫なふりができる。
対人操作はしない。


分類があることを知ったのは良かった。

境界性人格障害の被害者というのは
高機能のタイプのボーダーからではないかと思った。
自覚なく被害を与えている境界性人格障害の人間も確かにいると思う。


私はまだ、自覚があるだけマシだと思いたい。
治療に向かえるだけマシだと思っていたい。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-05-24 18:35 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病