「礼拝と通院」

昨日は教会へ礼拝へ行き、牧師先生とランチをした。

先日のCさんへの見捨てられ不安からの攻撃、について
先生に意見を求めた。

「仕事を打ち切る、と言われれば、誰だって悲しくなります」
「伝え方を間違っただけです」
「気にしなくていい」と先生は言った。

これには拍子抜けしてしまったのだけれど。

それからCさんを赦す、自分を赦す祈りを手伝ってもらった。

牧師先生曰く、私の死にたい病はだいぶん回復している、という。


それから医大へいつもの通院。
2週間間隔だったのが、再びの失恋の処置により週1回になった。

実は一睡もしていなかった私は受付で
「寝ていないので寝たい…」と訴えベッドに横にならせてもらった。

一時間ほどウトウトしていると
主治医が訪れ
「順番来たけど〜?まだ寝る??」と聞かれる。

「まだ寝たい…」と私が言うと
「じゃあ、寝てて。僕も昼寝してくるから。起きたら言って」と!!!

なんて先生だ!(笑)
医大ってそんなゆるくていいのか(笑)
と思いながら、それからまた一時間ウトウトし
「起きた〜…」と言い、診察開始。

「また見捨てられ不安で元彼を攻撃しました」と訴える。

「そりゃ誰だって、仕事打ち切られたらキレるでしょ」と。
牧師先生と同じことを言う!!!!

そうなのか?
普通のことなのか。

それをストレートに表現するか、攻撃にはしるか、その違いだけらしい。

そしてそのことを客観的に見られていることは
かなり境界性人格障害が軽減している証だと先生は言った。

死にたいという気持ちのまま生きてやる、という気持ちも、まあ宜しい、と。

ただ「格好いい障害者になる」と言うと、
「格好いい障害者になるのはいい。
けれど、格好いい障害者に「ならなければ」と思うのは止めて」と言われた。

またケロッと診察終了。

薬も変更無し。

また来週診察だ。


どうも牧師先生と、先生は同じことを言う。
示し合わせているのか?と思うほど。

私の治療の二本柱、大事にしたい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-07 20:02 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「健常者以上に」
at 2017-11-10 12:04
「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34

ブログパーツ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病