「Cさんの夢を見る」

教会から帰宅後、11月から入社する会社から
頼まれていた仕事をする。

一段落ついたころ、少々疲れて、寝ることにした。

浅い眠りの中で、見たのは、Cさんの夢だった。

Cさんの倉庫に置かれた、ベッドに服のまま二人で寝ころんでいた。
体と体が触れる距離で、私たちは話をしていた。

「オーストラリアにある口座のお金を引き落とすのに
必要な書類がない。印鑑もない。どこにあるか、知っている?」
と彼は言っていた。

私は「分からないなあ」と言い、そしてまた寝そべって彼の顔を見ていた。

すると、15歳位の少女が現れて、私たちに話しかけてきた。
ベッドの上にするりと上がってきて、
なにやら楽しそうに話をする。

よく見ると、私そっくりの顔をしている。
あどけないけれど、それは確かに私だった。

彼女が笑いながらベッドを降り、くるりくるりと
部屋を踊るように歩いている。

またCさんを見る。
クリーム色にブルーのグラデーション、
外国の街がプリントされた、
不思議な柄のTシャツを着ているな、と思った瞬間、
ハッと目が覚めた。



Cさんに先日、
「Cさんが幸せならいい。
早く恋人が出来るか、それともいつか奥さんと和解できるといいね」
とメールした。

返事はない。

彼はこのブログの存在を知っている。
恐らく、Eさんとのことを知ったのだろうと思う。

まだ私はCさんのことを想っているのだろうか?

夢で会えて、嬉しいとすら感じた。

でも、以前の恋人が夢に出てきた場合、
それはもう忘れているからだ、とも聞いたことがある。

毎日たった1人で仕事をし、家族もいない暮らし。
話すひともいない暮らし。

それを幸せだとは私は思えない。

ただ、私はCさんの幸せを願う。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-10-25 17:21 | 日々 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20
「気づいて欲しい、の小石を投..
at 2017-07-25 18:39

ブログパーツ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病