「通院」

今日は医大に通院の日。

3週間ぶり。

待ち時間もそんなになく診察へ。

主治医、第一声「調子良さそうじゃない!」
「11月から就職で不安だよ!」と私。

「ふーん、でしょうね」
「でも、現状を把握し、受け入れることが出来ているね」と先生。

以前は先生に何を言われても
「そんなことない!」と否定をしていたからだ。

要は現状を把握し、一喜一憂しなくなっている、と。
私は自爆しなくなってきているらしい。(自覚が無いが)

先生は
「確実に良くなっている!
人格障害からそういう人格、になりつつあるね」と言った。

そう、障害でなければ、ただの人格という個性になるのだ。

あと、以前はアイデンティティが「仕事」のみに限定されていた。
働くデメリットばかりに目がいっていた。

それが今、働くメリットも見いだせるようになっている。
なにより働く意欲が出てきたことが良いことの様に思える。

「牧師先生の影響も大きいかもね」と先生は言った。
「僕、なんにもしてないよ。診察の調整と、
投薬の判断が合っただけじゃないかな?」と。

「教会と医大通院、これは私の治療の二本柱だけど」と私。
「それでいいと思うよ」と先生。

そしてEさんの話をした。
「まだ、恋愛のハードルは高いね」
「まず仕事を安定させて、アイデンティティを確立しないと」
「それに恋愛に対して許容していく訓練をしていないから」と先生。

これには少々ホッとした自分がいた。
本当に恋愛に対して自信がないからだ。

でも、誰かに愛されたくない訳ではないのだけれど。



「先生、最近診察の予約時間が早いね」と私が言うと
「foxyさん、手がかからなくなってきたからね」と先生。

やはり私は、境界性人格障害の症状が軽減しているらしい。

薬は変わらず、
●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。

次の診察は一ヶ月後。
私はすでに仕事している。
辛くなったら、予約いれていいから、とのこと。

辛くならないことを願う。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-10-29 18:16 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病