「通院」

14日は医大通院の日だった。

三ヶ月前から、一ヶ月毎の診察になっている。
滞在していた、Eさんが付き添ってくれた。

待ち時間が二時間もあったのに、よく付き合ってくれたなあ…と思う。

今回は主治医に聞きたいことがいくつかあった。



●連休中に落ち込んだ時の対処方法。

「通院も出来ず、頓服も効かないのなら、
foxyが信頼できる教会の牧師先生に話を聞いてもらってもいいよ」とのこと。

●私には認知行動療法はしないのか?

「ボーダーには無効」(とバッサリ)

●高機能ボーダーと低機能ボーダーの違いは?

「社会生活が営めているかどうか。foxyは高機能。
ただし高機能と低機能を行き来することがある」とのこと。

●ボーダーばかりでオフ会をしたらどうなる?

「理想化とこき下ろしと両極端にはしるので、
こき下ろしに合った場合、foxyは疲れてしまうだろうね」とのこと。

ケースフォーミュレーションをやっても、
 原因を探っても、何も解決できない。

「君の場合、ボーダーの症状によって落ち込んでいるのか、
躁鬱によって落ち込んでいるのか、自分で判断できていない」
「とりあえず、やってみて」
「俯瞰で物事を見るというのは、マインドフルネスの一環だから」とのこと。

●弁証法的行動療法(DBT)をやってみたい。

「すでにやっている(笑)しかし日本でそれを完璧にできる医師はいない。
マインドフルネスはその一部分」



今回は質問を羅列して行ったので、なかなか診察はスムーズだった。


ちなみに最後に

●Eさんが来ているのだけれど。

と聞くと

「知らん。面倒くさい。勝手にしてください。
恋愛でぼろぼろになったら、また診察するから、大丈夫!」と言われた。

…そんな答えあるか?と思ったけれど。



今回もケロッと診察終了。


薬はいつもと変わらず。

●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。


今回は以上。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-01-15 18:13 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「健常者以上に」
at 2017-11-10 12:04
「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34

ブログパーツ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病