「通院」

月1回の通院の日。

今日はかなり待たされた。

主治医、相変わらず不敵な笑み。

いつも必ず私は「遅いよ!待たされたよ!」と先生に文句を言っている。


どうですか?と聞く先生に

「相変わらず死にたいし、死にたい…って呟いてしまう」と私。

「呟く!!」
「いいね!呟くのいいよー!」
「だって、呟いたあと、自分で受け流しているでしょ。
それはマインドフルネスだよ!」

とのこと。
(相変わらず拍子抜けする返答)

まあ、その通り、死にたくてもなんとかやり過ごしているのは確か。


そして聞きたかったのはEさんの事だった。

先生は
「恋愛はまだ駄目」
「理想化とこき下ろしの両極端をいくような強烈な恋愛は駄目」

「ただし、セックスはしてもいい。即物的なものだから」

「でも結婚はOK」
「出産もOK」

「なんで?」と聞く私に

「結婚は法律の楔があるからね、セーブが効く」と言った。

そういうものかな、と思いつつ、受け入れる私。
(でも一回目の結婚は失敗しているけれど!
これは次回確認しようと思う)


それから、普段物忘れが激しいことを話した。

例えば、Eさんと毎夜電話しているのだけれど、
たいがい毎日内容を忘れているのだ。

仕事でも、メモを逐一取らないと、忘れてしまう。

「解離してるのかな。テストしてみよう」

ということで、

「解離体験スケール(DES)」というものを試した。

「DESが41%を超えていたら、解離を疑う」というものらしい。

結果、私は、31%だったのだった。

「…結構解離してるじゃん!」と先生。

そうなのか、私は解離しているのか…。

そういえば、一時記憶だけではなく、
死のうとしていた一年半前位当時の記憶はほとんどない。
自分がどうして生活していたのか、さっぱり覚えていないのだ。

先生には「ボーダーのひとにはよくあることだから!」と朗らかに言われてしまった。

あまり気にするな、ということだろう。多分。



今回もケロッと診察終了。


薬はいつもと変わらず。

●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。


今回は以上。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-18 22:46 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病