「通院」

今日は一ヶ月に一度の医大通院の日。

主治医は、私のブログを読んでいる。



開口一番「一ヶ月、結構酷かったみたいだけど、元気じゃん!」と。


「ボーダーだったからフラれた」と言うと


「フラれたのはボーダーだったけれど、
失恋して死にたくなったり、攻撃したりするのはボーダーだけじゃないから。
それ、いたって普通の人だから。
気にしなくていいよ」

と言われた。


「でも、ブログに「赦す」と書いていたけれど、あれは驚いた。成長してるね。
Cさんの時はもっと暴れていたんじゃない?」と。


「Eさんに会いに行っていいかなあ?」と聞く私。


「行けば?好きにしたらよい。後先考えるな。
アイデンティティが無いからこそ、
自分がやりたいと思うことを思いっきりやるべきだ」と先生。


「ボーダー爆発して殴って帰ってきても?」


「いいと思うよ!」
「ただし警察沙汰にならない程度にね!」とけろすけ先生。



それから
「とにかく、恋愛は駄目。結婚はいい。
恋人未満友達以上の関係を保てる人と結婚したら、一番良いと思うよ」

と、やけにハードルの高いことを言った。

そんなの無理に決まっているじゃないか。


すると、「もっと男つまみ食いして見極めろ」と、問題発言まで飛び出した。


やっぱり先生は、私の診察を面白がっている様子。


でもやはり、AさんやCさんの時と比べれば、
まだマシなのかもしれないな、と気づかされた。




今回もけろっと診察終了。




就寝前の薬は、いつもと変わらず。

●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-22 21:04 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病