「通院」

今日は地元医大へ通院の日。

待たされ相変わらずイライラする。

前の人が長いと、なんとなく、狡い!という気持ちになってしまうのが
本当に良くないな、と思った。


主治医への私の第一声は

「ブログが荒れました」


「そうだったの?あんまり分からなかったよ」
(先生はこのブログを読んでいる)

「冷静だね」

「…エライ!前とは違う!」と先生は言った。


確かに問題があったとき、以前よりも激しく感情の起伏がない。


Eさんと別れた時はボーダー全開になったけれど
Aさんのときや、Cさんのときのような激しさは無かった。
(徐々に抑えられている)



「寛解近いかな?」と私が聞くと、


「寛解はまだまだだなー…」
「だって恋愛できないでしょ。まだ」
と先生。


恋愛が始まると、とたんに見捨てられ不安と試し行為が爆発する。


「Eさんと今、いい関係なのは「付き合っていない」からじゃないの?」と先生。


「じゃあ、やっぱり私、一生結婚出来ないね」と私が言うと

「Eさんと結婚すればいいじゃん」と先生。



……したかったんですけどね。


要は燃えるような恋愛をすると依存して壊れてしまうので
「友達以上恋人未満」の男性と結婚するといいよ、と先生は言いたいらしい。


先生は結婚については賛成らしく、
法律で縛られることで安定もあると考えているようだ。


(確かに前の結婚で、少しは分かる気もするけれど…)


それまでは大いに男性を見極めて遊ぶが良い、と先生は笑う。



前述記事に書いた、「発達障害だったらどうしよう」という話は
ばっさり違う、と切り捨てられた(笑)



…なんだか先生とは同じ話ばっかりしている気がするな。


多分、数年前より安定している証拠なのだろう。



今日もケロッと診察終了。



就寝前の薬は、いつもと変わらず。

●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。












にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ


人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-27 23:16 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「気づいて欲しい、の小石を投..
at 2017-07-25 18:39
「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48

ブログパーツ

タグ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病