「父の命日」

今日は父の8年目の命日だった。

父は肝硬変で、53歳で亡くなった。


毎年供養のために、私の住む街から300km離れた
父が埋葬されているお寺に行っていた。

離婚して、離れて暮らしていたのでお寺がとても遠い。

今年は去年七回忌が済んだこともあり、お寺には行かなかった。


父は寂しがっているだろうか。

今日は父のことを想って過ごした。


幼い頃は父に異常な程に過保護に愛された。
私は父の専属のホステスだった。

毎夜、父に腕枕されて眠る。
愛されていたと思える唯一の記憶。

だけど私は、思春期に奈落の底に落とされた。



私を貧困と暴力に塗れさせた父。


事業に失敗した父は、日中から酒浸りになった。

二人っきりの時に、殺されそうになった昼間の居間。

何故か私は、父になら犯されてもいい、と薄らぼんやりと思っていた。
そうするのが自然な行為なのだと思った。



兄は父を殺そうとし、そして家庭は崩壊した。

私の人格形成はこの家庭環境によって歪んだものになった。


それでも、私は父の愛を求めた。

両親が離婚して、離ればなれになっても父の愛を欲していた。

だから1人でも父の元に通った。


私が良い子でいれば、私が父を愛せば、
父はきっと私を愛してくれる、と思った。


ずっと恨みながらも、愛していたのは私。



でも、父は私を愛していたと思う。

好き好んで、家庭を崩壊させた訳じゃない。


そういうことが分かっていても、私は父を恨み続けた。

愛して欲しかったのに。
それでも恨んだ。



今日は何が書きたいのか、さっぱり分からないけれど。



私は父を愛していたってことだと思う。


そして、父が私にしたことを私は赦さなければならない。


赦すこと意外、道は無いのだから。













にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-10-26 21:55 | 日々 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「空っぽ」
at 2017-12-11 13:03
「なんにも進歩していない」
at 2017-12-08 11:25
「お別れ」
at 2017-12-06 20:23
「近況」
at 2017-11-29 15:42
「健常者以上に」
at 2017-11-10 12:04

ブログパーツ

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病