「無題」

昨日は、教会で牧師先生との面談だった。
(私は純粋なプロテスタントです)


3年前に別れた、元不倫相手Aさんの話をした。


先生はAさんのお父さんと繋がっていて、
Aさんの実情もよく知っている。



死んでほしいとまで思ったAさんとの
楽しかったことや良かったことばかりが思い出される、と。


私たちは無茶苦茶に、お互いの汚い部分を曝け出し合ったのに。


別れた直後、
私は激しく自傷行為を繰り返し、そして彼を責め続けた。


生きるか死ぬかの境目をさまよって

そして生きるために、彼との関係を断ち切った。


この3年間、
Cさんと付き合っても
Eさんと付き合っても

Aさんの影を追い続けていたのに。


Aさんとの愛は、愛されなかった父の愛とリンクしている。


3年私は彼を憎みきり、そして罪悪感を抱え続けた。


その3年の全てを知る牧師先生は、


「良い想い出ばかりを思い出し、
彼を恋しいと思えるようになったことは
赦しが完全に遂行された証拠です。

3年前より健康になった今、
それでも好きなのは
本気の素直な気持ちでしょう。

Aさんを好きなままでいてください。

結果は神様に任せましょう。

それからAさんを祝福し続けましょう」

と言った。


私は、

「Aさんと結婚したいです」
「Aさんの子供なら、なんの躊躇もなく産めます」

と口走っていた。


それはただの勝手な願望で、
叶えられなくても仕方ないことで。


それでも初めて口にした言葉に、
涙は溢れた。


3年間、1日たりとも
Aさんのことを考えなかった日はなかった。


私は私の気持ちに嘘をついてきたのだと思った。


私はまだ、Aさんを愛している。


父の愛の影を追っているとしても。


叶わなくても構わない。

愛されなくてもいい。

一生この想いを抱えたまま、
一人で生きてもいい。



今はただ、祈る。
彼に祝福があるように。



気がすむまで、静かに彼を愛していようと思う。


この想いが枯れたときに
私はまた何かを得るかもしれない。


ただ、自分の想いに嘘をつき続けなくてもいいんだ、
と思えたことだけで私の心は軽くなった。


素直に。

偽らず。



私は私の心を受け入れることを、赦す。



彼が平穏に毎日を過ごせるよう、
家族との関係が良好であるよう、
健康が保たれますよう、
仕事が順調であるよう、
祝福がありますよう、


ただそれだけを祈って
しばらくは、生きようと思った。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2015-09-14 08:56 | 恋愛 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35
「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病