「通院」

先日は医大へ診察の日だった。


明らかにこの数ヶ月、希死念慮にかられている。

自殺行為をしないだけマシ。

そんな調子でいる。



その日は、泣いて暴れて父に理不尽を訴え、愛して欲しいと乞う夢を見た。

起きてすぐに私は号泣していた。



先生は、過去私が父親に包丁を向けられたことを、先月知った。

私は話していなかった。


それから認知行動療法を勧められた。

認知行動療法を受けられるのは院外のカウンセリングルーム。



私は
「私のことがうっとおしいから、よそで診てもらってほしいんでしょ!?」
「私のことが嫌いなんでしょ!?」と言って泣いた。

(明らかに認知の歪みと白黒思想が出ていると冷静になると分かる)


先生は
「ボーダーの中に、躁鬱があって、またその中にPTSDが潜んでいたのが分かった。
トラウマを昇華しないかぎり、症状は良くならないよ」

と言った。


カウンセリングルームには行く価値がある、と先生は言った。

診断書をカウンセリングルームに送るから予約を取って欲しい、と。




私の希望で、薬は以下に変更。

また頓服が増え、過去最大服薬量になった。


●エビリファイ12mg × 1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●頓服  エビリファイ内用液0.1%  6ml × 1日2包

●ラミクタール100mg × 4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。

●ルネスタ 1mg × 1錠
「超短時間型」睡眠薬。



このまま生きているのが辛い。

でも、私は私と向き合わなければいけない時期にきているのかもしれない。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-01-06 18:04 | 治療について | Comments(3)
Commented at 2016-01-08 20:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-01-09 00:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by foxyborderline at 2016-01-12 14:43
さくさん
コメントありがとうございます。
覚悟をもって、大きな愛で包んでらしゃるのですね。
彼女さんがとても羨ましいです。
私もそんな方と出会えたらどんなにいいでしょうか。
どうぞこれからもいい関係でありますよう、願っております。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20

ブログパーツ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病