「死にたい波」

Aさんのフラッシュバックで、また死にたい波がやってきた。


自殺未遂ばかりしていた頃。

「そんなに死にたいのなら、俺の為に生きればいい」

とAさんは、かつての私に言った。


けどもう側にいないのなら、生きる意味もないじゃないか、とぼんやり考えた。


でも私は、死にたいまま生きると決めていて。

だから、寿命までは生きなくてはいけなくて。


ただこうして辛い気持ちを引きずっていて。


何も、今以上のことなんて出来るとは思えない。



トラウマ治療が始まる。


せめてAさんのことを昇華できれば、もう少し生きやすくなるんだろうか。






金曜の夜中、Aさんにメールする前に
私は元婚約者であるEさんに電話していたらしい。


酔って泣いて、「お父さんに会いたい」と何度も言っていたよ、とEさんは言った。


なんなんだろう。私は。


37にもなって、私は「お父さんに会いたい」。


父は10年前に死んだのに。


Aさんに会いたい。

お父さんに会いたい。


等しく辛い。

ふたりは同じ人物ではないのに。


何がそんなに辛いのか、自分でももう分からない。


5歳ごろの、毎夜父に腕枕されて眠っていたあのころに戻りたい。


まだ父に、傷つけられなかった頃に。



小学生から、私は死にたいまま。

30年間死にたいまま。


そんな人生、意味等あるんだろうか。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-03-14 15:11 | 死にたい | Comments(10)
Commented by 実花 at 2016-03-14 21:46 x
新しいお父さんはどうですか?
誰かの養子になるとか結婚相手の父親に信頼を寄せるなど考えてみては。
私も父親から殺されかけた事があるのですがずっと離れて暮らしてて話した事があまりありません。
だから父親がどういう心境でそうしたのか想像するしかなくてはっきり片が付いてない感じです。
同じように育った姉や妹はそれぞれ普通の家庭を持っています。事件の事をはっきり覚えている姉といまだに男性の怒鳴り声なんかに怯える社会不安障害の妹、それぞれが合った男性と暮らしています。私はというと記憶が途切れ途切れで「包丁を突きつけられている自分が目の前にいるのを見たことがあったな」(何回か私以外の私が居たな)という感じです。
その時受けた物事をどう受け止めるかは人によって違うんだと思います。
普通の家庭で育ったスタッフに親に感謝とか言われても反発したくなります。
それからfoxyさん、Aさんを殺しかけたそうですが今はどうでしょうか?
私中1の時担任殺しかけたんですけどあの時殺さなくて良かったって思います。
自分がどうしてそんな事をするのか分からないまま死ぬことにならなくて良かったです。
今は分かります。して欲しい事は子供の頃と変わらないけど知識は大人だから自分の中の子供は今これがしたいんだな、とかを大人の自分が認めてる感じです。
順序だてて組み立てる感じで気持ちを書くと気づくことが出来てきました。
Commented by foxyborderline at 2016-03-16 18:24
実花さん
コメントありがとうございます。
新しいお父さん、とは発想がありませんでした。

おそらくなんですが、私は父親に対して性的なコンプレックスもあるのだと思います。
父に愛される為なら父に犯されてもかまわなかった、と思うほどの異常な想いがあるのです。
気持ち悪いですが、そこまで捨て身にならないと愛は得られないのだとしみ込んでしまったんですね。
なので、苦労をしないで手に入る愛については何の価値もない、と思い込んでいるのです。

Aさんを殺そうとしたことは、「愛してくれないなら死んでくれたら忘られる」と思いました。
今も死んでくれたらいいのに、と思うことがあります。
おかしな話ですよね。

実花さんはお父さんの事件はフラッシュバックしませんか。
片がついていない状況で、どのように日常を過ごされてますか。
担任の先生を殺しかけたというのも、お父さんのことと何か影響がありましたか。

また良かったら教えてください。
Commented by とし at 2016-03-24 12:46 x
こんにちは
昨日、このブログにたどり着きました、46歳の男性です。
一年ちょっと交際している女性がいます。
解離性同一性障害の診断は出ていますが、境界性パーソナリティ障害も併発しているのではないかと、僕は思っています。

今、ブログの最初から読み始めて、まだ2012年が終わってません。
あなたが記した内容と彼女の言動が重なるところがいくつもあります。
境界例の方自身のサイト、そのパートナーが作っているサイト他にもいくつか読ませて貰っていて、何となく彼女の事を理解していたつもりでした。
でも、そうじゃなかった、まだまだ理解が足らなかった。
あなたのブログを読み進めて、そう思えてきました。

引続き記事を読ませて頂きたいと思います。
ありがとうございます。

Commented by foxyborderline at 2016-03-24 18:45
としさん
コメントありがとうございます。
そうですか、彼女さんが…。

大変な環境だとは思いますが、支えていらっしゃること
彼女さんにとっては大事なことだと思います。

ただ、としさんが本当に限界を感じられたら、迷わず逃げてくださいね。
ボーダーは危険な側面が多々あります。
どうか無理はなさらずにいてください。

またよければ遊びにいらしてくださいね。
Commented at 2016-03-24 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by foxyborderline at 2016-03-28 18:39
としさん
コメントありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、その彼女さんとは距離を置かれたほうがいいのではないでしょうか…。
ボーダーの破壊力というのは凄まじい物があります。
助けてあげたい支えてあげたい、という気持ちは分かるのですが、警察沙汰にまでなっていることは、ボーダーの私が言うのもなんですが、相当重篤だと思います。
どうか、御自身の心身だけは守ってください。
他人の負の遺産を、全ては背負わなくてもいいのです。
Commented at 2016-03-31 18:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-31 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by foxyborderline at 2016-04-04 11:19
としさん
コメントありがとうございます。

差し出がましいコメントしてしまい、すみませんでした。
としさんが無償の愛を注がれる覚悟でいらっしゃるのなら
彼女さんにとって、きっとよい方向にいかれるのではないでしょうか。

私の拙いブログなんかで助けになることがあるのであれば
書いてきた意味も少しもあったのかな、と思えました。
ありがとうございます。

彼女さんととしさんが穏やかな日々を過ごされますこと、陰ながら願っております。

メール、書いていただいていたんですね。
大変申し訳ないのですが、基本ブログでの交流をしないようにと主治医に言われております。
お気持ちだけいただきますね。感謝です。
Commented at 2016-04-04 14:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14
「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35

ブログパーツ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病