「母がいなくなったら」

昨日、母は体調を崩して一日中臥せっていた。

発熱せず、ただ体の痛み、怠さと喉の痛みがあるとのこと。


病院に連れて行こうとしたけれど、市販の風邪薬を飲んで寝る、と言い張るので
私は後ろ髪をひかれる想いで仕事に向かった。


母については恨みもあった。

父が事業に失敗し精神崩壊し、家庭が破壊されたその時期に、
私が父に殺されそうになったことを、母は知らない。


両親の離婚後、
私と兄への精神的フォローがきちんと出来ていなかったことも恨みの要因の一つだった。

そのせいで、今も兄と私の関係は壊滅的な状態になっている。


母は、私が精神的に参っていても私を慰めることができない。

そういう人間なのだ。

確かに思春期の子供をふたり抱えながら、家計を支えることは大変だったと思う。

母は昼夜問わず働いた。


そういうことが頭で分かっていても、母を恨み、父を憎んだ。

本当は愛したかったし、愛されたかったのに。



それでも、母が体調が悪いと臥せっていた昨日、
私の心は揺れていた。


母とふたり暮らし、今は表面上はうまくやっている。

もし母が死んだら?


ほとんど友達もいない私が、気軽に話を出来る人すらいなくなってしまう
と思うとゾッとした。


家に帰っても話すひともおらず、家族もいない暮らしを想像した。


ボーダーの私は、結婚出産を半ば諦めている。

これ以上、誰にも迷惑をかけたくないからだ。

男性を傷つけたくないのなら、結婚しないほうがいい。

子供に辛い想いをさせたくないのなら、
産まないことが一番の、会えない子供への愛だ。

孤独を背負って生きなくてはいけない。


でももっと歳を取って。ひとりになって。


それでも生きて行けるのだろうか。

母が死んだら、生きる希望を無くすかもしれない。


まだ生きていてくれる間は、恨みを昇華させるチャンスがあるのかもしれない

まだ私を慰めてくれるチャンスがあるのかもしれない。

と甘い期待もあるのだと思う。


そんなことはないかもしれないのに。


私はいつかは来る母の死に、既に怯えている。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-04-20 10:33 | 日々 | Comments(11)
Commented by 実花 at 2016-04-22 17:55 x
何でも発達障害のせいにされるのは不快です。
勝手に不幸な子供にされるのも。
私から見て父はパーソナリティ障害が疑われますが、私は自分がこの障害になって不便を感じていても父の子供だから不幸だとは思いません。
障害を持っている親の子供が不幸に見えるのは周りが勝手にそう見てるからだと思います。
だからまだ子供は諦めてないし良くなろうと病院に通っています。
こうだ、と決めつけるのはこの障害の悪いクセだと思います。
Commented at 2016-04-22 20:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハナ at 2016-04-24 01:29 x
お考えは人それぞれだと思います。

ただ、「決めつけ」はよくないと思います。

障害があっても前向きに生きている方々もたくさんいるのですから。
Commented at 2016-04-24 04:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by foxyborderline at 2016-04-25 14:37
あきさん
コメントありがとうございます。

発達障害がどんな障害なのか、私はよく分からないので判断がつきかねます。
ただ言えるのは、母は祖母に慰められたことが一切ないということです。
自分がして欲しかったことを娘にできなかったんでしょうね。
私への慰め方が分からなくて混乱してしまう、という感じです。
とても悲しいですが、今は受け入れなくてはいけないな…と諦めています。

あと、私は優しいのか、自分では分からないんです。
震災のがれき拾いに行ったのは、「自分が生きていていいのか」という罪悪感を払拭するために行ったような気もします。

自分に優しく。
これは今練習中です。
マッサージやエステに行ったり、買い物を適度にしたり。
今までやってはいけない、と思い込んでいたことをしてやるようにしています。

いつも暖かいコメントありがとうございます。
Commented by foxyborderline at 2016-04-25 14:40
実花さん
コメントありがとうございます。

発達障害についてイマイチ私は知識がありませんので
よく分かっていないのが現実です。
(上記のあきさんに返信されていたのでしたらすみません)

「父の子供だから不幸だとは思いません」
そう思えること、とても素晴らしいと思います。
正直、私はまだ父を恨んでいる部分があります。

でも良くなりたいという気持ちもありますので、治療に励んでいるところです。
一進一退ですが、また見守っていただけたら嬉しいです。
Commented by foxyborderline at 2016-04-25 14:42
SSさん
コメントありがとうございます。
私もフォーラムの整理券届きました!
あこがれの岡田先生の話が聞けること、当日とても楽しみです。

奥様のこと、あまり御自身を責めすぎないでくださいね。
誰も他者の人生の責任を全て背負うことはできませんから。
でも、奥様のこれからの人生が出来るだけ穏やかであることを祈ってあげてください。
えらそうにすみません。
私からも陰ながら祈らせてください。
Commented by foxyborderline at 2016-04-25 14:43
ハナさん
コメントありがとうございます。
「障害があっても前向きに生きている方々もたくさんいる」
そうですね。
本当にそうだと思います。
私もその一員になれるように努力したいと思います。
治療、一進一退ですが、頑張りますね。
Commented by foxyborderline at 2016-04-25 14:48
kaiさん
コメントありがとうございます。

そうですね、不安を感じてしまいますね。
今は同居してますので、余計に。
結婚していたり、一人暮らしの時はあまり考えなかったのですが…。
kaiさんはお子さんや奥様との新しい暮らしの中で希望を持たれたんでしょうね。
私にはとても羨ましいことです。

「一生孤独に生きなくてはいけない」
というのは、誰にも迷惑をかけたくないからなんです。
ボーダーの破壊力を自覚しているだけに。
でも人が孤独でいることは、健全な環境ではないんでしょうね。

色々と考えてしまいますね…。

ご心配、お心遣い、ありがとうございます。
日々苦しいですが、なんとか前を向いていたいです。
Commented by 香菜子 at 2016-05-26 21:50 x
はじめまして、精神病・統合失調症の家族を持つ香菜子と言います。境遇が少し似ていると思ってコメントさせて頂いています。私の家族もふとしたきっかけで精神病・統合失調症になってしまい、私がお世話をしている状況です。私は昔から気が強くて傍若無人、自己中心的な性格と言われることが多く、自分でもそういった性格の悪さは自覚しています。そのせいか気軽に付き合える友人も少なく、精神病・統合失調症になってしまった家族だけが気を許せる相手でした。その家族が精神病になってしまい、いつの間にか毎日私を罵倒するようになりました。悩みを相談できる友人もいません、毎日人格障害になりそうなくらい悩んでいます。あまり思い詰めないように、あるがままを受け入れるという森田先生の森田療法の精神で日々を過ごしています。香菜子
Commented by foxyborderline at 2016-05-27 17:21
香菜子さん
コメントありがとうございます。

看病おつかれさまです。
精神病の方のお世話というものは、大変神経がすり減るものだと想像します。
香菜子さんの精神面も心配ですね。
誰か、家族以外の方にお話できるといいですね。
それはケースワーカーさん等、外部の方でもいいと思います。
私も友達がほとんどいないので、なんとなく孤独な気持ちが分かります…。

森田療法、いいみたいですよね。
私も少し読んだことがあります。
どうか思い詰めずいてくださいね。

お互い、ぼちぼちいきましょう。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20

ブログパーツ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病