「NHK ハートフォーラム「境界性パーソナリティ障害」」

a0287605_1347193.jpg


8日に新宿で行われた

「NHK ハートフォーラム「境界性パーソナリティ障害」」
〜否定する世界から、受け入れる世界へ〜

に参加してきた。

広いホールはほぼ満席で、関心の深さに驚いた。


ボーダーの治療の専門家、精神科医の岡田尊司先生、
当事者である咲セリさん、
カウンセラーの遊佐安一郎先生
司会にカウンセラー芸人鮎川ヒロアキさんが出られた。


岡田尊司先生の講演は

境界性パーソナリティ障害とはどんな障害なのか、に始まり、
愛着に焦点を当てた治療が重要だという内容だった。

実際のケースも紹介された。

●愛着とはすべての絆の根底にあるもの。
●安心のよりどころ。
●愛着という視点を導入することで、治療がはかどる。
●愛着を感じるのは臨界期である、1歳半までが特に重要である。

そして、「ボーダーは優しさに飢えた障害」である、とおっしゃっていた。

「症状を治すのではなく、愛着を修復すること」が大事だとも。

キーワードは「安全基地」。
困っているときに身を寄せる木陰。
求めたときに応じてくれる環境が必要、だと。




次は、咲さんと鮎川さんの対談。

咲さんのこれまでの症状、旦那さんとの関係について話されていた。

旦那さんは、鉄パイプや植木鉢で殴られても逃げなかったらしい。

ずっと見守ってくれていたという。

そして、旦那さんとやっているという「産まれ直しの儀式」というものの映像が流された。

寝起きに、
「産まれてくれてありがとう。みんなセリが産まれてくれるのを待っているよ」
と旦那さんは優しく声をかけていた。

まさに「症状を治すのではなく、愛着を修復すること」を実行されているなあ、と思った。

それから咲さんが独自にやっているという、
毒を吐くためのノート、と自分の行動を振り返るためのノートの紹介があった。

a0287605_1404928.jpg



これは前記事に私が書いた「ABCノート」に近く、それを自己流でされていることに驚いた。

寛解に向けて、ものすごく努力されている。



最後に、先に集めておられた質問コーナーと、
ボーダーの方のお手紙を読まれた。

質問コーナーは少々物足りなかったけれど、
岡田先生の一貫した「優しさ」のようなものが伝わってきた。



いい会だなあ、と本当に思った。

これだけの人が関心を寄せて来られたこと。

世間に周知してもらえるいい機会になったこと。



ただ、「症状を治すのではなく、愛着を修復すること」が大事だということを聞いて
私はとてつもなく孤独な気持ちになった。

「安全基地」。
困っているときに身を寄せる木陰。
求めたときに応じてくれる環境。


私には、障害を理解してくれる伴侶も家族もいない。

今まで、元旦那さんも、AさんもCさんもEさんも、
皆私の症状に恐れおののき、そして鬱状態になって私を見捨てた。


咲さんの旦那さんの様な男性は、とても貴重な存在だと思う。


「愛情深く、子供を育て直すように接してあげてください」と岡田先生は言った。

けれど、そういう人に巡り会えなければ寛解は遠いんだろうか、と思い私は落ち込んだ。


誰かと関わることが極端に怖い。

これ以上誰かを傷つけるくらいなら、一生一人でいたほうがいいだろう、と諦めもある。


それならば、一人でも克服できる強さを身につけなくてはいけない。

自分で自分を愛し、自分で育て直さなければならない。


そんなことを思ったフォーラムだった。


また機会があれば参加したい。


一緒に参加してくれた、友人に感謝。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-05-11 14:15 | 治療について | Comments(9)
Commented at 2016-05-11 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-12 14:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あい at 2016-05-15 16:20 x
ちょっときつい表現かもしれませんが、岡田先生がおっしゃっていたことにエビデンスはあるのかなと思いました……

エビデンスって小難しい言葉ですが、要はそう考えることで実際にきちんとした治療効果があったのかどうかを測る指標だと私は思っています。

薬なら副作用は大抵やめたら何とかなりますが、心理的なことは引きずってしまいまうので私は薬以上に警戒しています…
foxyさんが心苦しく思うのなら、合わなかった薬を辞めるようにその考えを捨てて良いと思います。。

岡田先生の愛着障害に関する著書を読んだことがありますが、子供の頃に愛情深く親に育てられたり、他者の無条件の愛情を受けないとまともになれないと言われている気がして距離を置きました。。
認知行動療法はその点そんなことは言わず、エビデンスがあって前向きなので好きです。
私も近いうちに認知行動療法を受ける予定です。
Commented by foxyborderline at 2016-05-16 11:33
ハナさん
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、最後に立ち上がることができるのは自分自身だと思います。
でもやはり、理解のあるパートナーがいらっしゃることは心強いんでしょうね。
サポートも受けられますし…。
そういう人がとても羨ましいですし、同時に落ち込みました。

大切なのは今とこれから、ですね。
私は今、認知処理療法にはそれを感じます。

私も、友人や知人が安全基地だと思えたらいいなあと思います。
私はまだ人に心を許すことが難しいので、徐々にでも誰かを信用できたらいいな、と。
Commented by foxyborderline at 2016-05-16 11:35
ぽっちさん
コメントありがとうございます。

今、大変お辛いんですね。
旦那様とはもう心は通じないでしょうか。
もう一度向き合う機会は作れないでしょうか。

おせっかいですが、そんなことを感じました。

私に未来や希望があるかは分かりません。

「神さまが愛されたこの世界を、わたしもいつか愛することができたらいいのに。」
ぽっちさんはクリスチャンでいらしゃるのでしょうか。
私はクリスチャンです。

辛い時には心の中で静かに祈ります。
どうかぽっちさんさんが穏やかな日々を過ごされますことを、一緒に祈らせてください。
Commented by foxyborderline at 2016-05-16 11:38
あいさん
コメントありがとうございます。

フォーラムでは実際に治療なさって症状が寛解に向かったケースもいくつか紹介されていましたので、エビデンスは取れていますね。

ただ、環境が恵まれた人しか治っていないような気がしてしまいました。
よい治療、よい理解者、家族。
これは本当に大事なのでしょう。

でももうそれは運みたいなものでもあるなあ、とも思ってしまいましたが…。

認知処理療法、とてもいいと思います。
私には合っているようで、少し心のふり幅が狭くなったような気がしています。
よい結果が得られますように!
また経過、教えてください。
Commented at 2016-05-17 19:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by foxyborderline at 2016-05-20 15:26
ぽっちさん
コメントありがとうございます。
返信が遅くなってすみません。

お子さんのお誕生日、無事にお過ごしになられましたでしょうか。

辛い結婚生活なのですね。
それを神様に祈ることはできませんでしょうか。

私は四年前に洗礼を受けました。
受けなくては死ぬ、というところまで自殺企図を繰り返し自分を追いつめた結果、教会に初めて行った2ヶ月後には受けていました。
付き合いは無理せずにでいいと思います。

確かに「いつかは死ねる」と思っても、今が辛いので気休めにしかならないですよね。
それでも言い聞かせて頑張っているんですよね。

私も、平穏を祈らせてください。
どうか少しでも心が楽な瞬間がありますように。
Commented at 2016-06-14 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20
「気づいて欲しい、の小石を投..
at 2017-07-25 18:39
「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16

ブログパーツ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病