「思いやりがない」

私には男友達がたくさんいて、よく遊びに行く。
(女友達は少ない)

それから週末にホステスをしているお店のお客さんとも
頻繁に食事をしたり同伴をしたりする。


そういうことが、とても嫌だとGさんは言った。

「もし僕がfoxyのように、
異性と毎週毎週、二日も三日も続けて飲み歩いていたらどう思う?」と。


私は
「多分嫉妬して発狂する。
でもGさんは別居するけれど、まだ離婚していないでしょう。
そんなことを言われる筋合いはない」
と言い返した。


「誰か好きな人がいるとして、
その人が不愉快になるようなことは極力避けるのが思いやりってことじゃないかな?
だとしたらfoxyは奔放すぎる」
と言われた。


1年半以上独り身でいたので、
こうして頻繁に男性と食事に行ったり飲んだりすることが
私の中で日常になっていたのは事実。


「想像力が足りなすぎる」とのこと。

「そういう風にいつも男性を振り回してきたから、皆疲弊して消えていったのではないか?」
とも言われた。


ああ、確かにそうかもしれないな、とも思った。

私は人の気持ちを想像したり思いやる能力に欠けている。

いつも自分のことばかり、自分の主張を通したがる。

もちろん我慢をしていることもあるけれど、
そもそも人が我慢をしなくていいところで我慢をしている様な気もする。



Gさんの発言は私を少し傷つけた。
それが事実なのだと思うけれど。

しかしどうやったら思いやりを持つ事ができるのか、皆目見当はつかない。


これもボーダーらしいなあ…と自分でしみじみ思う。

境界性人格障害は治らない、と主治医に言われている。

ただ、症状が軽くなり、コントロール出来るようになったり
日常生活に支障をきたさなくなることで
「境界性人格障害」の「障害」が取れ、
「境界性人格」という個性に変わる、と言われた。

そうことを寛解を呼ぶのならそうなんだろう。


普通の人間になりたかったけど、今更無理。

治療を始めて4年、症状が現れるのがかなり少なくなってきたけれど、
一気に劇的に変化するとは思えないのでコツコツやるしかない。


だったら「思いやりがない」と言われたことも、
自分なりに少しずつ訓練するしかないんだろう。


頭が痛い。









追記
読んでくださっている皆様へ。

いろんな事情や病気や障害を抱えていらっしゃるなか、
こんな稚拙なブログに真摯な言葉を頂戴して、恐縮な限りです。

ずっとコメントの返事が出来ない状態です。
いつか出来るようになるかもしれませんが、今は出来ません。
ブログに言葉を吐き出すだけで精一杯で、
返信という形で心をかわすことが出来ません。
本当に申し訳ないです。

でも、ひとつひとつ大事に、時に泣きながら読ませていただいております。
心に刺さる言葉も、厳しい言葉も、優しい言葉も、すべてです。
いつもありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-09-01 14:26 | 恋愛 | Comments(3)
Commented by kai at 2016-09-01 22:10 x
Gさんのお言葉には重みがありますね。
しかしそれは貴女に対する嫉妬心の現れでしょう。貴女の返しにも一理ありますし。
愛されているんですよ。応援しています。
Commented at 2016-09-16 07:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハナ at 2016-09-28 22:56 x
境界例に誤解があるみたいですが、「治らない」病気では決してないと思います。
少なくとも私の主治医は「治りたいという意志があれば治ります」ときっぱりと言ったので、そうなんだろうなぁ、と感じています。
実際私は20代から30代前半まで毎日死にたいと思っていました。
自殺未遂もたくさんやらかしましたが、最近ようやっと落ち着きつつあります。
生きていれば複雑なことやイヤな思いをたくさんしますし、それは死ぬまで付き合わなければいけないことです。
でも、そういうことを乗り越えられなければ…。
これは完全に私の主観ですが、foxyさん自身はGさんに寄りかかっているような、あんまりいい関係を築いていないような気がするのです。
お気持ちを害されたなら謝ります。
でも、Gさんを父親代わりにして、本当のお父様との関係を「昇華」し切っていないような、モヤっとした気持ちがあるのです。
オーバードーズを考えておられるようでしたら、やめたほうがいいです。
私が何度も担ぎ込まれた救急病院の救命医は、「向精神薬は15万錠が致死量だ。そこまでしてまで死にたいか」と言いましたから。
とにもかくにも、foxyさんの気持ちは目まぐるしく変わり、そこが良しとしてGさんはお付き合いをしているのかもしれませんが、
あまり時間の経たないうちに、別れそうな予感もするのです。
私の言うことはすべて他人事だし、お節介なのはよーく分かっているんですけど、もっとちゃんと自分のこと見つめなおしたほうがいいと思います。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「健常者以上に」
at 2017-11-10 12:04
「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34

ブログパーツ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病