「カウンセリング 9回目」

先日は1ヶ月ぶり、9回目のカウンセリングだった。

8回目は記事に書くのが遅くなっただけで、
1ヶ月おきに通っている。

「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。



セッションを2度も避けてきた父のトラウマに
いよいよ向かうことになるだろうと思っていたので
向かうのがとても気が重く、
Gさんに送ってもらったのだけれどすでに解離しかけていた。


「お父さんに包丁を向けられたときから、何か変化はありましたか」

そのことに関してカウンセラーの先生からの
質問の意味も捉えられず、答えられず、固まってしまった。


結局、私が断片的に話すことを先生がPCでテキストに起こしてくれた。




断片的な会話のまとめは以下。



「あの出来事(父に包丁を向けられたこと)があってから、心が壊れてしまった。

学校にも行けなくなった。

男性全てがとにかく怖くなった。

外にも出られなくなった。

あまりに辛い出来事過ぎて、私はあの時の記憶がない。

すごく年上の人を好きになる。

お父さんを重ねているように思う。

私はお父さんに愛されたかった。

私はそれまで、愛されて当然だったのに、全部取り上げられた。

まるで天国から地獄へ突き落とされたような。

それを受け入れることが出来なかった。

ずっと私は、自分のことを駄目だと思っていたが、
あの出来事があってから、それは決定的となった。

それは駄目な私は生きていてはいけない、ということだ。

私は誰からも愛されない、と思うようになった。

私の味方は誰1人いない。

周りはほとんど敵ばかり。

人に対して否定的になり、自分に無い物を持っている人をひがむようになった。

普通の家に育った子達が羨ましかった。」





これを話していた私は、解離が進んでしまっていた。


先生は何度も、
「foxyさん、目を閉じないで下さい!」と私に言い、
深呼吸すること、先生の目を見ること、秒針を見ることを勧めた。


自分でもおかしいと分かるほど挙動不審になってしまい、
目がキョロキョロと視点が定まらず、涙が溢れた。

奇声や大声をあげてしまいそうな衝動を、ぐっと押さえた。


「今は安全な場所にいます。その時に戻った訳ではありませんよ」
と先生は言った。


現実を確かめる為に、私は何度も自分の腕を掴んだりしていた。


それから、
「さっきfoxyさんが話したことをまとめたテキストを、紙に書き写して声に出して読んで下さい」
と先生から指示があった。

これをしてくれないと、今日はこのままでは帰せません、と。



私は泣きながら先生が打ったテキストを紙に書き写し、音読をした。


泣いていい、と先生は言った。



恐怖を乗り越えるんだ、と思いながら読んだ。

そして、少し落ち着いた。


「できたらテキストを書いた紙を、日常持ち歩いて読んだりしてみてください」
と先生は言った。


私は、「今は安全」だと感じなくてはいけない。



次回カウンセリングはまたいつも通り一ヶ月後かと思ったのだけれど、
2週間後に設定された。


父のことは私の中ではあまりに問題が大きいので、
長引かせず一気に片付けなくてはいけないということらしい。



カウンセリングルームから出て、車で待っていたGさんの顔を見た瞬間、
私は彼に抱きついてしばらく離れられなかった。

Gさんはただただ背中を撫で、私が落ち着くまで待っていてくれた。


帰路はやはり解離したままで、
脳みその中心にゴムの薄いフィルムが巻かれているような
ぼんやりした感覚のまま助手席に座っていた。

何を見ても話しても触っても、現実とは違う、と感じてしまっていた。


今こうしてテキストをブログに書いているのも解離しそうだ。


でも、出来事の意味を知るために、
乗り越えるために、全て必要な作業なんだ。


過去に、負けたくない。


乗り越えたい。


この生きづらさから開放されたい。



今は安全なんだ。

今は誰も私を殺そうとなんてしない。

大丈夫だ、大丈夫。











追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。

あと、メールアドレスを記載してくださる方がいらっしゃるのですが
個人的にご連絡を取ることは主治医に止められております。
私が通院しております病院、カウンセリングルームのご紹介もすることができません。
本当に申し訳ないです。

拙い内容で、何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-10-18 18:44 | 治療について | Comments(2)
Commented at 2016-10-18 21:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ベア at 2016-10-21 13:43 x
今日死にたい と検索してこのページにたどり着きました。

過去の「死にたい」のカテゴリの記事を読んで、まさに今の自分そのままだなあと感じていました。

死にたい。消えたい。疲れた。楽になりたい。

誰かに殺してほしい

もう気持ちがわかりすぎて、いたたまれなくなりました、


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20
「気づいて欲しい、の小石を投..
at 2017-07-25 18:39
「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16

ブログパーツ

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病