「寛解について」

先日コメントで、

「境界性人格障害は寛解しないと思うと怖い」
「絶望しかない」

との内容をいただきました。


胸が痛くなりましたので、私の考えを書いておきます。


私は寛解と言う言葉がしっくりこないのであまり使いたくないのですが、

「境界性人格障害の症状は軽減することができる」

と思っています。


実際このブログを書き出した4年前、私は
DSM-IV診断(ボーダーの判断基準テスト)の全ての項目に当てはまりました。

以下、現在症状がどのように出ているか、
○×で書いていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈1〉 現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする
気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )

× 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈2〉 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる
不安定で激しい対人関係様式

×
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈3〉 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観

○(自分が何者なのか分からなくなるときがあります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈4〉 自己を傷つける可能性のある衝動性で、
少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)

○(浪費、むちゃ食いは有り)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈5〉 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

×
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈6〉 顕著な気分反応性による感情不安定性
(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、
いらいら、または不安)

×
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈7〉 慢性的な空虚感

○(生きていることが虚しい気持ちがあります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈8〉 不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難
(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

×
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈9〉 一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状

×
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


診断基準によると、5つ当てはまると境界性人格障害だということになります。

今、3つしか当てはまらない。


ただ、ボーダーというのは怒れる活火山だと私は思っているので
再噴火を懸念し油断せず自己分析しつつ、症状をコントロールしているところです。


私の主治医は、

「境界性人格障害は治りません」
「ただし、「障害」が取れて、「境界性人格的」なパーソナリティになります。
日常に障害がない状態で、そういう個性の人間、ということ」

と言っています。


あの境界性人格障害治療の第一人者、岡田尊司先生も、
治療を進めることで
「自由奔放で少し子供っぽく、可愛い人間味溢れる本来の姿に戻ることがある」
というようなことを御書に書かれていました。


私はそれを目指しています。


今私は、
精神科受診、
カウンセリング受診(認知行動療法)
教会通い(私はプロテスタントのクリスチャンです)

の三本柱で治療に向かっています。

居場所や逃げ場は多い方がいいです。


この4年で、怒りや悲しみは少しずつ昇華できると思いました。

まだ蓄積されている部分がたくさんありますが、
一生かけて向き合っていくことになるのかもしれません。


もしかすると、それが私の生きる目的なのかもしれないとすら思っています。












追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。

このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-11-14 17:40 | 治療について | Comments(5)
Commented at 2016-11-14 21:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-16 02:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by とある常連さん at 2016-11-17 22:31 x
応援してる
Commented by yuri at 2016-11-22 20:51 x
初めてコメントさせていただきます。
医師にもいろいろな考えの人がいるのでしょうが、「治らない」というのはちょっと短絡的ともと思いました。
たしかに、10数年以上前は治療法が確立しておらず、不幸な転帰を辿った患者も少なくなかったと聞きます。
しかし、医学は日々進歩しているのです。「治らない」ということはあり得ないのではと自分は思います。


Commented by たま at 2016-12-22 15:54 x
私も自由奔放で可愛らしい人になりたいんですけど、そんなこと叶うとは到底思えません。自分がいること自体が害である気がします。

ですが、私以外の人やあなたならかなうと思いますので、どうか幸せになってください。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35
「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病