「強烈な解離」

日曜は、激しい解離に襲われた。

休日出勤をしたのだけれど、
通勤電車の中ですでにもう夢か現実か分からなくなり、
駅で一旦座ろうと入った喫茶店で
さらに解離が加速してしまった。

気がついたら2時間も喫茶店にいた。

とにかく叫びたいような、暴れたいような、変な気持ちになり、
目線は定まらず異常に瞬きは増え、手が震えて脂汗をかいていた。

こんなことは初めてだ。

必死の思いで会社に入り、デスクに向かったけれど
ろくな仕事も出来ず、ソファに横になった。

全身が自分のものではないような異様な感覚。

足をバタバタとして、唸っていた。

寂しいとか、悲しいとか、愛されたいとか
そんなことを超越した死にたさに全身が覆われてしまって、
振りほどいても振りほどいても怒濤のようにそれは襲ってきた。


もうこのままでは壊れてしまう、と思った。

「ああ、私はやっぱり精神障害者なんだわ。
叫びたい暴れたいとか、まるで異常者のようだわ」と愕然とした。


ここしばらく、色んな人の期待に応えようと
とにかく予定をつめ、人にたくさん会い、自分で仕事を作り
様々なことを忙しくしてきた。

その結果が休日出勤だったのだけれど。

「そんなことをして自分を満たそうとしても、
私の中身は結局、空っぽだな」としみじみと思ったら笑えて泣けてきた。

今すぐ全てを捨てて行方不明にでもなりたいな、と思ったけれど
それは出来なかった。

母とか、仕事のキャリアとか、築いてきた人間関係とか
そんなことを全部捨てていいのか?と思いとどまった。


頓服(エビリファイ液剤)を2包飲んで、なんとか無理矢理仕事をした。


牧師先生にLINEをして、病院にも電話をした。
今は落ち着いている。

あれはなんだったんだろう?

誰かを傷つけたいとかではなく
とにかく自分を抹消してしまいたいという想いで全身が張り裂けそうだった。



もうあんな感覚は嫌だ。


なぜ私は、健常者として産んでもらえなかったのだろう。

毎日死にたいと思わない人生なら、どんなに良かっただろう。

なぜこんなに生きづらいのだろう。






コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。


[PR]
by foxyborderline | 2017-07-04 17:24 | 死にたい | Comments(7)
Commented by とある夫 at 2017-07-05 13:05 x
ボーダーは先天性では無く、後天的なものと言われています。なので、ボーダーと言う意味ではfoxyさんは健常者として生を受けて後天的に障害を持っている事になります。

自分の感情や自分の過去と向き合う事、とても辛いですね。自分が無いとおっしゃる、自己肯定感は他人から与える事ができないものです。少しずつでも自分で自分を癒していく他にありません。

でも、あなたは無価値な人間でもなければ、ダメな人間でもありません。簡単にそう思えない事は承知してますので、頭の片隅にでも留めておいてもらえると幸いです。

私も含め、多くの読者さんが勇気をいただいてます。

いつか、foxyさんご自身が素晴らしい人間なんだと認知できる日が来る事を望みます。

アダルトチルドレン(自分の中に辛かった子供時代を抱えた大人)というアセスメントで主治医や臨床心理士の先生に相談してみると、もしかすると良い方向性が見えて来るかもしれません。
Commented at 2017-07-06 13:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-07 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-08 02:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いお at 2017-07-09 07:00 x
初めまして。
foxyさんのブログに助けて頂いている者です。
私は40代半ばですが、20代前半から10年近く、ボーダーの症状全開でした。
今はだいぶ落ち着きましたが、まだ時々様々な症状に襲われます。
前の彼も、今の彼も、境界性人格障害について色々勉強してくれました。
けれどもそれは観念であって、実態じゃなかったと思います。
こちらのブログを見つけて、涙が出ました。
これを読んでもらえば、私の苦しみが理解してもらえる、と思ったからです。
実際、ここを読んでもらって「わかった気がする」と言ってもらえました。
もちろん「気がする」だけだとは思います。
でも、観念じゃなく、実態を、本当の苦しみをわかってもらえたことは、本当に嬉しいことでした。
foxyさん、ありがとう。
あなたが勇気を持って、根気よく、病気について書いてくれていたからです。
これからも、ずっと読ませて頂きます。

さて。
私は昔、主治医に「自分よりも大切な存在が出来た時、この病気は治りますよ」と言われました。
残念ながら妊娠や出産の機会は逃してしまいましたが、去年から田舎にUターンして犬を飼いましたら、なんとも言えず、調子が良いです。
朝日にあたること、軽い運動をすること、無条件に愛をくれる存在がいることが、こんなにも心身に影響があるとは驚きでした。
foxyさんは、生き物を飼ったり、植物を育てたりするのは難しいですか?
Commented at 2017-07-09 18:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-20 12:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病