カテゴリ:DSM-IV診断・私の場合( 11 )

「DSM-IVの境界性人格障害の診断基準」

DSM-IVの境界性人格障害の診断基準が今、
どれほど当てはまっているのかを確認したい。

私は症状が軽度になりつつあると思っている。

以下、症状がどのように出ているか、
○×で書いていきたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈1〉 現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする
気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )

不安はあるけれど、今は完全にEさんに見捨てられると思っていない。
よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈2〉 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる
不安定で激しい対人関係様式

これはまだある。
人に対しての好き嫌いが白黒極端にハッキリしている。
よって○。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈3〉 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観

アイデンティティが希薄。自分が何ものなのか自覚に乏しい。
よってこれも○。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈4〉 自己を傷つける可能性のある衝動性で、
少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)

これも無し。よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈5〉 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

今は「死にたいな」とは思うこそすれ、以前のように自殺企画をしてない。
よってこれは×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈6〉 顕著な気分反応性による感情不安定性
(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、
いらいら、または不安)

恐らく薬が効いている。
よってこれも×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈7〉 慢性的な空虚感

今は無し。よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈8〉 不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難
(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

怒りを向ける対象がいない。よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈9〉 一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状

解離症状はまだ少々ある。妄想はないが、現実か夢か分からないところがある。
よって○。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



…3つしか当てはまらない。

このブログを始めた当時、私はすべての項目があてはまった。


診断基準によると、5つ当てはまると境界性人格障害だということになる。


私のアイデンティティは、長年ボーダーであることしかなかったけれど
こうなってくると
「境界性人格障害」から「境界性人格」に近くなっていくんだろうか。


最近は死にたいと思っていても、そこまで酷いわけではない。


もし、ボーダーという個性を無くしたら、私は一体何者になるんだろう。


それとも今は調子がいいだけで
怒りが爆発したら、またEさんを攻撃をしてしまうのだろうか。


いや、でも年末年始、他人にとても腹の立つことをされたので
仕返しの準備をしたけれど、結局私は反撃をしなかった。



怒りを抑えることが、今はだいたい出来る。



私がボーダーじゃなくなったら?

分からない。

このままアイデンティティを保ちたい気もする。


今は、想像がつかない。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2015-01-08 23:55 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「DSM-IVの境界性人格障害の診断、私の場合」

DSM-IVの境界性人格障害の診断基準が今、
どれほど当てはまっているのかを確認したい。

私は症状が軽度になりつつあると思っている。

以下、症状がどのように出ているか、
○×で書いていきたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈1〉 現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする
気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )

今は見捨てられると思う対象(恋人)がいないので努力しようがない。
よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈2〉 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる
不安定で激しい対人関係様式

これはまだある。
人に対しての好き嫌いが白黒極端にハッキリしている。
よって○。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈3〉 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観

アイデンティティが希薄。自分が何ものなのか自覚に乏しい。
よってこれも○。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈4〉 自己を傷つける可能性のある衝動性で、
少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)

これも無し。よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈5〉 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

今は「死にたいな」とは思うこそすれ、自殺企画をしてない。
よってこれは×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈6〉 顕著な気分反応性による感情不安定性
(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、
いらいら、または不安)

感情はフラット。恐らく薬が効いている。
よってこれも×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈7〉 慢性的な空虚感

今は無し。よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈8〉 不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難
(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

怒りを向ける対象がいない。よって×。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈9〉 一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状

解離症状はまだ少々ある。妄想はないが、現実か夢か分からないところがある。
よって○。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



なんと!3つしか当てはまらない!!!!

診断基準によると、5つ当てはまると境界性人格障害だということになる。

私は明らかに症状が軽減している!!!

これはどういうことなんだろう。

来週26日は医大へ診察の日だ。
必ず、主治医に聞いてみようと思う。

ともあれ、私はだいぶん良くなっているらしい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-11-15 10:54 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈9〉私の場合」

〈9〉 一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状

妄想様観念は、私の場合では
「あの人が私を悪く思っているのでは?」と思ったことを
ずっと思い続け、心の中で決定してしまうような症状があります。

実際世の中では少しくらい誰かの事を悪く思ったりしている訳ですが
そういうことが許せない、自分を全否定されている様な気持ちになり、
延々苦しみ続ける、というような感じです。

あとは「浮気されているのではないか?」なども妄想のように思います。

これは実際浮気されていたり、悪く思われていた際に自分が傷つかないように
自衛しているのではないかな…とも私は考えています。



重篤な解離性症状とは。

私の場合は、離人感が起こります。
離人感とは

●生きている実感が無い
●体がふわふわと浮いている感じがして、歩いていても、歩いている気がしない
●周りが白いベールで覆われているようで、まるで夢の中のようだ
●自分だけ、どこか他の空間にいるようで遠近感が無い
●きれいな景色を見ても、心の底から「きれい」と感じられない
●感動的なことや、悲しいことに接しても、心の底から感じられない
●自分の手や体が自分の物ではないように感じる
●体に傷をつけても、「痛い」ということは分かるが、「痛い」とは感じない

というような感じです。

これもなかなか辛いです。




…とまあ〈1〉から〈9〉まで私の場合として
書いてみましたが…。

こんな感じで一般の方には伝わるでしょうか。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-12 00:08 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈8〉私の場合」

〈8〉 不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難
(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

これは過去顕著にありました。

いまはそうでもないのですが、
大変失礼な態度を取られたり、悪口を言われたりなどした場合、
ずっと許せないでいたり…。
本人に伝えるため、よほど信頼関係のある人以外は
私から離れていきます。

他人ととっくみあいの喧嘩まではしませんでしたが
以前の不倫相手であるAさんとは、酔った時に殴り合いをしてました。

最近は怒りの制御が出来ているのであまり怒ってはいませんが。

でも、今日もカチーン!!!とくることがありました。

怒りっぽい、のかもしれません。


これも他人と安定した関係を築くことが困難になる症状のひとつです。

気が合う人が極端に少ない状態です。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-11 23:58 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈7〉私の場合」

〈7〉 慢性的な空虚感

空虚感とは虚しさを感じ、ゆううつで不快な気分と同時に、
何をやっても満足しない感じ、です。

これが365日延々と続くとしたら、
やっぱり死にたいな、と思うと思います。

普通の人は皆、達成感があったり、満足感があったりするのでしょうか?
ゆううつではないのでしょうか?

私はこれが普通なので、よく分からなくなります。

今日も死にたいと想いながら生きているだけです。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-11 23:52 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈6〉私の場合」

〈6〉 顕著な気分反応性による感情不安定性
(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、
いらいら、または不安)

私は「境界性人格障害」と
双極性障害 II 型」を抱えています。

人格障害に加え、短期間に躁と鬱を繰り返す
ラビットサイクラー型の躁鬱(それも欝状態が長いもの)です。

ラビットサイクラー型は
まさに「顕著な気分反応性による感情不安定」そのものです。

数時間前までは笑って、ご機嫌だったかと思えば、
もう不安に駆られ、死にたい、となってしまう。

そのコントロールが不可能に近いのです。

自分自身も疲れますが、これも周りの人達が大変困るのでないか、と自覚しています。

これは持続した人間関係を築けない要因の1つでもあります。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-11 01:13 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈5〉私の場合」

〈5〉 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

もう、〈1〉から〈4〉まででも大変辛く、
死にたいというのは一貫してある想いです。

毎日が、死にたいという気持ちです。
ただ、死なないことに耐えるのに精一杯です。

普通のひとは、毎日は思わないのでしょうか。


私は自殺未遂を何度も繰り返して来ました。

その根柢には、やはり「愛されたい」があったように思います。

誰かに愛されたいのです。
病んだ心も愛されたいのです。

ドアーズのジム・モリソンも境界性人格障害だったと言われています。
彼に関する膨大な文献、ビデオクリップなどをもとに
心理学者によって彼の心の内面が詳細に分析された
「Living in the Dead Zone」(死んでいる世界に生きている)
という書籍があるそうです。

まさに「死んでいる世界に生きている」

この一言に尽きます。

どうして、生きているのか。
それが、全く分かっていないのが、
この障害の持ち主であるとも言えるのではないでしょうか。


今も死にたい、と思って生きています。
また自殺を図ろうとも思っています。

でも、それを堪えて、生きています。

今は、生きているのです。






The Doors
「The End」
「青いバスの中で
ブルーロックをやりながら
さあ、やろうぜ
殺せ、殺せ、殺せ、殺せ、殺せ、殺せ
これで終わりだ
美しき友よ
これで終わりだ
僕のただ一人の友よ。終わりだ
君を解放するのは辛いよ
でも君は僕に決して従わないんだ
笑い声と優しい嘘も終わりだ
僕達が死のうとした夜も終わりだ
これで終わりだ」


[PR]
by foxyborderline | 2012-09-11 00:59 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈4〉私の場合」

〈4〉 自己を傷つける可能性のある衝動性で、
少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ食い)

自殺未遂以外で、の自己破壊行動ですね。

これはもう、自己評価が低すぎるので
堕ちることまで堕ちてしまえ!という衝動です。

私の場合は、性行為、物質乱用に及びました。

性行為、まず、男性が側にいないと淋しさや虚しさを乗り越えることが
出来ない時期がありました。
常に恋人がいたり、恋愛の駆け引きをしかけたり、などです。

セックスをしているとき、腕に抱かれているときだけに
生きている、と思ったこともありました。

物質乱用はドラッグや、薬物の乱用のことです。

お酒も入るのかな。

過去、初対面の男性から薬物をもらったり、市販薬でラリッていたりしました。
お酒も、倒れるほど飲んで路上で半分死んでいたこともありました。

「どうなってもいい。死んでもいい」という自尊心の低さは
ここまで無茶な行為に発展するのか、と今なら思えます。
「風俗嬢になりたい」と思ったりもしました。

とことん堕ちて死んでしまいたい、という考えが常にあるということです。


どうして、自分を大事に出来ないのか。
今はそう思います。

自分を大事にする、愛する、ということが、
全く分かっていないのが、この障害でもあると言えます。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-09 15:51 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈3〉私の場合」

〈3〉 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観


これは安定した自己像がなく、
社会価値や職業、役割などに帰属しているという感覚がない状態が
ずっと続くことです。

アイデンティティ(自我同一性)が混乱していて、
自分というものがはっきりしません。

私は、どこにいても、何をしても
自分がここにいてもいいのか、という不安とともに生活しています。
自分の考えが正しいのか、それすら分からずに。

それが、現実に求められている職の場であれ。
仕事の場合であれば、この状況では
まず達成感というものが得られることはありません。

そして血の繋がった家族であれ、友人であれ、帰属感というものが希薄なのです。

これも大変辛く、自分がいてもいなくてもいいような感覚でしかいられません。

なので私の場合は二者関係の極みである恋愛に逃げ込むことが多くありました。

しかし、その恋愛感情すら、しがみつきの心理である故、
本当の愛ではなくなるのですが。


よく「そのままの君でいい」などと言う言葉がありますが
その「そのまま」ですらコロコロと変わってしまうので
自分でも分かっていないような状況です。

だって、自分というものが、明白ではないのですから。


私はいまも、それを探している途中です。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-09 15:38 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)

「〈2〉私の場合」

〈2〉 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる
不安定で激しい対人関係様式


これは、本当に厄介です。

(理想化)最初、力ある人や、才能ある人に好意を持って接します。

それが、神格化してしまうほど理想を委ねてしまうため
何かひとつでも裏切られたら、もうその存在自体を拒否してしまうのです。
対象も、自分自身も含めです。

好き嫌いが激しい、と言えばそれまでなのですが
本人はいたって真面目にそれを捉えます。

ある時は「裏切られた!」「信じていたのに!」
と思い私の場合はただ落ち込み、そしてその人の前から姿を消します。

恋人などには、罵ったりなど、攻撃に走るケースもありました。


どうして、「人には良いところも悪い所もある」と思えないのか。
これが白黒思想の骨頂ですが…。

要するに人と自分の思考の境界線が引かれていないのではないかと思います。

私がこう思ったことを、理解してくれないなんて酷い!と
理解されたいという思いが強すぎる為、理想化した人間にはとことんぶつけにかかります。
これが関係が破綻する大きな要因ではないかと私は思っています。

誰しも、全てを受け入れ、全てを解決することは出来ませんから。

逆に「一般的」と判断した人間には見向きもしません。
一般的な人間に自身が認められても、価値がないと思っていました。


この性格の悪さ…。

我ながら自己嫌悪に陥ります。

この障害を持っていない方は、こんな事を思わずに生きていけるのだとしたら
本当に羨ましいと思います。


継続した、安定した人間関係を築くのはほぼ皆無。
結婚生活も破綻しました。

よほど大きな器で見守ってくれる人がいればいいのですが
女友達に至ってはほとんどいません。
男友達は性的な好意を持って近寄ってくれるので、
私はそれを利用しているのではないかと思います。
しかし、それを敏感に察知するため、心を許せる人間がほとんどいません。

常に孤独です。

それでも、誰かの側にいたいのです。

逃げていく人を見送りながら、
「こんなに辛く悲しいのに、孤独にされなくてはならない病とはなんなんだろう」と思います。

分かりやすい病ならば、看病してもらえたり心配されたりしますから。

周りに、いつの間にか誰もいなくなる障害。

どうして、こんな障害を持ってしまったのか。

本当に、生きづらい障害です。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-08 16:55 | DSM-IV診断・私の場合 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

タグ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病