カテゴリ:死にたい( 57 )

「不調」

不調。
夜になると動悸がするようになってきた。


Gさんと会った。
謝罪をうけた。

彼なりに私に対して不安があるらしい。

「foxyはいつか若い男に取られてしまう」
「自分より稼いでいる男も、格好いい男もいる」

と気弱に思い、心配したという。

何歳でも、愛されていたいという想いは強いんだろう。

馬鹿みたいだな、とも思ったけれど気持ちは分からなくもない。
私はGさんを許した。



日曜はカウンセリングの日だった。
これはきちんと整理して書くつもりだけれど、今日は書けない。

とにかく今、不調だ。


年末までの仕事が立て込んできた。
プレッシャーを感じている。

今日は集中力がもたず、全く手に付かなかった。
遅々として仕事が進まず、ただぼんやりしていた。

おそらく月経前症候群なのではないかと思うけれど、
とにかく無気力で死にたい気持ちが止まらない。

死にたいまま生きてやると決めたのに、
やはりこういうときはぐらぐらと気持ちが揺れるし体調も優れない。

何も不満なんかないはず。
仕事も上手くいっていると皆に思われている。

でも「foxyさん、最近絶好調だね」と人から言われても何もピンと来ない。
人がそう言うならそうなのかもしれないけど
実際は仕事が恐怖でしかないからだ。


でも今日はPCの前に座るのが怖い。
簡単なメールを打つことすら怖い。
失敗したらどうしようと思うと怖い。

失敗したって、死にはしないのに。



やりすごすしかないのかな。


それでも自殺企図をしないだけマシ。

数年前は毎日自殺未遂をして、仕事どころではなかったのだから。


自分にそう言い聞かせている。









追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。


このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。


[PR]
by foxyborderline | 2016-12-20 16:52 | 死にたい | Comments(2)

「死にたい波」

Aさんのフラッシュバックで、また死にたい波がやってきた。


自殺未遂ばかりしていた頃。

「そんなに死にたいのなら、俺の為に生きればいい」

とAさんは、かつての私に言った。


けどもう側にいないのなら、生きる意味もないじゃないか、とぼんやり考えた。


でも私は、死にたいまま生きると決めていて。

だから、寿命までは生きなくてはいけなくて。


ただこうして辛い気持ちを引きずっていて。


何も、今以上のことなんて出来るとは思えない。



トラウマ治療が始まる。


せめてAさんのことを昇華できれば、もう少し生きやすくなるんだろうか。






金曜の夜中、Aさんにメールする前に
私は元婚約者であるEさんに電話していたらしい。


酔って泣いて、「お父さんに会いたい」と何度も言っていたよ、とEさんは言った。


なんなんだろう。私は。


37にもなって、私は「お父さんに会いたい」。


父は10年前に死んだのに。


Aさんに会いたい。

お父さんに会いたい。


等しく辛い。

ふたりは同じ人物ではないのに。


何がそんなに辛いのか、自分でももう分からない。


5歳ごろの、毎夜父に腕枕されて眠っていたあのころに戻りたい。


まだ父に、傷つけられなかった頃に。



小学生から、私は死にたいまま。

30年間死にたいまま。


そんな人生、意味等あるんだろうか。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-03-14 15:11 | 死にたい | Comments(10)

「死にたい日々を送り続ける」

前回記事を書いてから
結局死にたい気持ちが回復することなく、今日まできた。

「死にたい」と毎日口に出して呟いては、絶望的な気持ちになっている。

毎朝エビリファイの頓服を飲み、身体を引きずるようにして会社に向かう。




私は誰からも愛されない。

そして誰も愛することが出来ない。

自分が愛を求めるだけで、与えることを知らない。

だから、一生ひとりなんだ、と思うと胸が苦しくなり泣いてばかりいた。



教会に行って牧師先生に話しても、泣き続けた。



それから、主治医と話した。

飛び降り自殺を3回失敗して、寝たきりになった人物の話を聞いた。

意識はハッキリしているのに、寝たきりでいるらしい。

そんなの、生き地獄だ。

20代のころは無茶苦茶に自殺未遂をしていたけれど
知識がついた今、私は失敗したときの後遺症のことを考えると
もう怖くてできなくなっている。



「死にたいまま仕事して、お洒落して、お酒飲めるのと
死にたいまま寝たきりと、どっちがいい?」

と主治医は聞いた。

そんなの前者に決まっている。



でも私が例えば70歳まで生きるとして
あと34年も死にたいままでいるのは絶望しか無い。


若くして脳出血や事故で亡くなるひともいる。

私はそれを望んでいる、と主治医に言うと


「僕は死が日常にある。あっけなく死ぬ人がいる。
それは死神がついているんじゃないかというほど、あっけない。
でもfoxyさんにはまだ死神はついていない」

と言った。


「死ねば、「絶対に」幸せにはなれない」
死ねば「絶対に」愛されない」よ?」

と言った。



それは分かっている。

私はまだ死ねない。

まだ生き続けるだろう。


死ぬ気で生きるなら、自分で人生を選択しろ、などと人は言う。


でも、毎日のフラッシュバックやこの罪悪感は
どんなに振り払っても私を追いかけてくる。


それをどうしたらいいのか?


ただ死にたいと願いながら、死んだように生きるだけ。


結局死にたいのは変わらない。


そんな人生に何の意味があるというのだろう。



神様がいるならば、私を早く、この世から消して欲しい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2015-10-28 13:41 | 死にたい | Comments(12)

「無気力」

胃が痛いせいで、精神的にも落ちた。

無気力だ。

何にもしたくないし、ずっと寝ていたい。

週末はきっと、何もせず寝ているだけだろう。

また死にたい、と思ってしまう。

主治医は
「躁鬱はかなり良くなっている」と言ってくれたけれど、
本当か?と疑ってしまう。

こんなに死にたくて堪らないのに。


でもこれは胃炎のせいだ、と思いたい。

身体と心は密接なんだ。

だから、今は不愉快で落ち込んで当たり前なんだ。


誰かに抱きしめて欲しいと思った。

久しぶりに涙が出た。

死にたいまま生きて行くのも、なかなか苦労がいるもんだなあ…。


死にたい。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-11-28 09:38 | 死にたい | Comments(0)

「死にたい」

また嫌な夢を見てしまった。

生きた猫がとりもちにひっかかっていて、
それを捨てなければならないという夢。

耳が欠けていた。

どうしよう!と目が覚めて、
「そうだ、動物病院に連れて行って取ってもらって、
元いた場所に戻せばいいんだ」と思った。

それでも猫は生きていけるだろうか…と
心臓がドキドキしたまま、また眠りについた。


朝起きて思った事は、仕事を休んで寝ていたい、ということで。

月曜だから憂鬱なのか、生理が来たから憂鬱なのか。

今まさに「死にたい」という想いと闘っている。


「心なんて、自分でコントロールできるはずだ」

「死にたいと思う事すら、自分で選んでいるってことだ」

「これは考え方の癖だ。だから矯正できる」

とひたすら自分に語りかけている。


久しぶりに来た、「死にたい」という想い。

もっと外に心を向けなくては。


とりあえず、笑顔を保つ事。

何がなくても、無気力なままでも、仕事に取り組む事。


生きなくては。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-10-20 09:45 | 死にたい | Comments(0)

「誰といても同じ」

Eさんに

「結婚は出来ないし、私はひとりで生きて行く方がいいと思う」

「私が精神的に自立しない限り、誰といても同じ。
誰も彼も不幸にしてしまう」

「私は支えてくれる人が欲しいけれど、そんな人はこの世にはいない」

とメールした。

半分、試し行為なのだろう。


それでも、その想いが止まらなかった。


私なんて、誰からも愛されない。
誰からも大事にされない。

そんなこと、分かり切っているのに。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-06-27 19:46 | 死にたい | Comments(0)

「止まらない自己嫌悪」

生理が来た。

なのに、精神的不調は続く。

月経前症候群じゃなかったのかよ。

生理が始まっても不調とか、一体どういうことなんだ。


やばいな、これでは鬱期に入ってしまう。

来週まで続く様なら、通院回数を増やそうと、主治医は言った。

でも、毎週休めるわけもなく、私はきっと通院できない。


仕事が手に着かないのは、

「誰も私を必要としてくれないのは何故なんだろう」
「誰からも愛されないのは何故なんだろう」
「こんなに生きるだけで精一杯なのに、どうしてまだ頑張らなくてはならないのだろう」
「悲しい」「死にたい」

そんな気持ちで支配されているからだ。


そして「死ねよ」と声がする。


だからいつだって、目の前のことに集中できない。


そんなに自分を責めなくてもいいのに、と思うのに、
それでも自己嫌悪が止まらない。

死にたい。

消えてしまいたい。

幸い、先日先生から処方された睡眠薬がある。

これを全部飲んでも死ねないのは分かっているけれど
ただひたすら眠りたい。












にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-06-27 19:15 | 死にたい | Comments(0)

「自傷行為」

昨日も首を吊っていた。


あ、これ以上やったら死ぬな、というところで
吐き気に襲われて完遂することができない。


しかし、

「こんな苦しい想いをしたのだから、
こんなに自分に罰を与えたのだから、
もう少し生きていてもいいでしょう」


と、一時的に思えるからやるのだと思う。


きっとリストカットをする人や
オーバードーズ(大量服薬)する人は
そんな心理なのだろう。



過去、私はオーバードーズの常習犯だった。


両手一杯の睡眠薬と抗精神薬を、バーボンで飲み、
三日三晩昏睡し、地獄といわれる胃洗浄の記憶もない程になった。


そのとき、同じことを考えた。
死ねなかったことへの罪悪感と共に、何か気分がスッキリしていた。


でも効果は一時的に過ぎない。



また死にたいという想いが沸いて来る。

なんどその思考を消そうとしても。



でも、何度やっても死ねない。



本当に死ねば、私の苦しみを誰かに分かってもらもえるだろうか。


こんなに辛いまま、生きているなんて、
私には産まれた意味があるのだろうか。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-30 12:41 | 死にたい | Comments(0)

「殺された」

私は何度も何度も死んで来た。


最初は父に心を殺された。


同級生に心を殺された。


そして、自分で自分の心を殺した。
何度も何度も。




睡眠薬を大量に飲んで、
首を吊って、
凍死しようとして、
入水自殺をしようとして、


なんども心を殺した。


それが、自分で選んで来た事だとは到底思えない。


私は生きる事に必死で、
自分の身を守る為だけで必死だった。

傷つく自分を、必死で外敵から守った。

それでも敵は容赦なく私を殺そうとした。


何度も心を、殺された。


それでも、私は生きている。


そういうことに意味があるのならば、
私は迷わず幸せになる方法を見つけ出したいのに。




まだ、生きるのなら。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-29 13:06 | 死にたい | Comments(0)

「罪悪感」

私は、図々しく、まだ生きている。


死にたいと毎日願いながら、図々しく生きている。


何故生きているのか、わからないまま。


死ねないのは、まだどこかに希望を感じるからなのか。


もしかしたら、誰かが私を愛してくれるかもしれない、と思うからなのか。


毎日、早く死ねよ、と心の声がする。


声が聞こえたら、生きていることへの罪悪感は増すだけ。


誰も助けてはくれないということは、分かっている。


それでも、せめて、支え合える誰かがいれば。





誰からも愛されない私は、友達もいない私は、
まるで生きている価値がない。



なぜ、まだ、生きているのだろう。



10年前、睡眠薬で三日三晩昏睡したときに、死ねば良かったんだ。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-27 21:11 | 死にたい | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21
「ずる休み」
at 2017-03-02 14:10
「半分落胆、半分安堵」
at 2017-02-24 15:08
「通院」
at 2017-02-15 17:13

ブログパーツ

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病