カテゴリ:死にたい( 61 )

「空っぽ」

昨日は日曜で、眠剤をあるだけ飲んで一日半眠り続けた。

夢ばかり見ていたように思う。



起きてからあまりに絶望感を感じ、教会へ行った。
(私は純粋なプロテスタントのクリスチャンです。
カルトではありません)

礼拝後の牧師先生と話す。

先生は私のSNSを見ていてくれている。
ここのところ無理をしているなあ、と思っていたらしい。

このブログを始めたころから、私は教会に通うようになった。

当時私は元不倫相手Aさんとお別れしたばかりで
毎日自殺未遂ばかりしていた。

「けれどあの当時の方が「仕事がしたい、結婚がしたい」という
望みや希望を捨て切ってなかったように思う」
と先生は言った。


今の方が気力がないということらしい。


それもそうだろうな、
今はもう「生きる希望が全くない」のだから。

恋愛も結婚も出産も、無理だろう。


何度好きと言ってくれる人が現れても、
私には継続して愛を育てることは不可能。


本当にHさんに悪いことをしたと思う。

自己嫌悪でODもしてしまって、さらに自己嫌悪の上塗りをしている。

私は先生の前でわんわん泣き、先生はひたすら私を祈っていてくれた。



Hさんが私を好きと言ってくれて、
最初は怖かったけど、本当に嬉しかった。

出来るならずっと一緒にいたいと思った。

Hさんを好きだった。
尊敬していた。
とてもよい人だった。

今度こそ、と思ったのに。



それなのに、自分から彼を傷つけて、
関係をまたぶち壊してしまった。



私はずっと「死にたいという穴底」にいて、
「死にたいと思っていることを周囲に隠すため」
「周囲に健常者に見せたいがため」に
地上に這い上がる行為を必死に行っている。

もうそれだけで、パワーを消耗してしまう。

地上にいる人が軽々と出来ることが、
穴底から地上に上がるだけで力を使い果たしている私にはできない。


そんな女、面倒くさいに決まっている。

Hさんは、すくすく育った
健常者の女性とお付き合いしたほうがいいに決まっている。



牧師先生は
「まず死にたいと思う心を癒しましょう。
来年は失業保険で、しばらく休みなさい」と言った。


あまりに無力だし、もう気力もない。


早く退職したい。と思えてきた。
退職後、ほんの少しのお手伝いは関わることになるとは思うけど。


私はこの仕事がアイデンティティだったのだけれど。
それすらもう、無意味に思える。


もう色々限界だ。


疲れた。休みたい。


ずっとずっと、眠っていたい。


消えてしまいたい。








コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。



[PR]
by foxyborderline | 2017-12-11 13:03 | 死にたい | Comments(3)

「なんにも進歩していない」

年内で会社の部署がなくなるので、
来年から失業保険をもらいしばらく休むことにした。

障害者の給付期間は最大10ヶ月あるので、
その間にまた仕事を見つけなくてはならない。

選ばなければなんとか仕事はあるだろうと思うけれど、
死にたい気持ちがこんなに大きくなっているのに
暇な時間が増えてしまったらまた鬱が酷くなるのではないかと恐怖心がある。


先日、ここ数年間の自分のブログをざっと読み返していた。

感想は
「なんにも進歩していないな」だった。

寝たきりだったころから、正社員で働けるようになったし
Aさんのトラウマも解消されてはいるけれど、

内面はあまり変わっていない気がする。



仕事も惰性だ。

周囲からは、実績があるのだからとかそんなことを言われていても
本当は死にたい人間が無理をして仕事をしたって、
極度のマイナスからのパワーなど、たかが知れているのだ。

過去の遺産で食いつないだだけの数年間だったような気もする。


昨日は仕事が終わったあと、女性のお客様から
「foxyさんと是非今度プライベートで飲みに行きたいです!」と言われた。

「いつでも誘ってください」と笑顔で返事したら
「約束ですからね!」と言われた。

私は気持ち悪いな、と思うと同時に
「私みたいな屑人間を誘うって、この人おかしいのかな」と内心思っていた。

お客様は普通の家庭を築きつつ仕事を持つ、キラキラした素敵な女性。
そんな立派な人と酒を飲んで、何を喋れというの。


仕事している私は偽物の私なのに。

毎日死にたいだけの人間なのに。
仕事をしているのは嘘の姿なのに。

何も知らない癖に。




そしてたくさんの男性を傷つけて来たという事実を考えていた。


誰1人私は幸せにしてあげられていないということ。


「昔も今も、変わってないじゃないか、
同じことを繰り返しているだけじゃないか」
と思ったら、膝から力が抜けそうになった。


変わりたいと望みながらも
毎日毎日死にたいという津波に飲まれてしまって
結局どこへも行けない。


同じところをぐるぐると回っているだけ。

死にたいという気持ちからは逃れられない。

同じことの繰り返し。



もう、疲れた。


週末、あるだけ眠剤を飲んで眠りたいと思う。

自傷したら
「こんなに自分をいじめて罰を受けたのだから、少し生きていてもいいでしょう」
と思えるから。




とにかくもう死にたい、誰か死なせてください。














コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2017-12-08 11:25 | 死にたい | Comments(1)

「強烈な解離」

日曜は、激しい解離に襲われた。

休日出勤をしたのだけれど、
通勤電車の中ですでにもう夢か現実か分からなくなり、
駅で一旦座ろうと入った喫茶店で
さらに解離が加速してしまった。

気がついたら2時間も喫茶店にいた。

とにかく叫びたいような、暴れたいような、変な気持ちになり、
目線は定まらず異常に瞬きは増え、手が震えて脂汗をかいていた。

こんなことは初めてだ。

必死の思いで会社に入り、デスクに向かったけれど
ろくな仕事も出来ず、ソファに横になった。

全身が自分のものではないような異様な感覚。

足をバタバタとして、唸っていた。

寂しいとか、悲しいとか、愛されたいとか
そんなことを超越した死にたさに全身が覆われてしまって、
振りほどいても振りほどいても怒濤のようにそれは襲ってきた。


もうこのままでは壊れてしまう、と思った。

「ああ、私はやっぱり精神障害者なんだわ。
叫びたい暴れたいとか、まるで異常者のようだわ」と愕然とした。


ここしばらく、色んな人の期待に応えようと
とにかく予定をつめ、人にたくさん会い、自分で仕事を作り
様々なことを忙しくしてきた。

その結果が休日出勤だったのだけれど。

「そんなことをして自分を満たそうとしても、
私の中身は結局、空っぽだな」としみじみと思ったら笑えて泣けてきた。

今すぐ全てを捨てて行方不明にでもなりたいな、と思ったけれど
それは出来なかった。

母とか、仕事のキャリアとか、築いてきた人間関係とか
そんなことを全部捨てていいのか?と思いとどまった。


頓服(エビリファイ液剤)を2包飲んで、なんとか無理矢理仕事をした。


牧師先生にLINEをして、病院にも電話をした。
今は落ち着いている。

あれはなんだったんだろう?

誰かを傷つけたいとかではなく
とにかく自分を抹消してしまいたいという想いで全身が張り裂けそうだった。



もうあんな感覚は嫌だ。


なぜ私は、健常者として産んでもらえなかったのだろう。

毎日死にたいと思わない人生なら、どんなに良かっただろう。

なぜこんなに生きづらいのだろう。






コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。


[PR]
by foxyborderline | 2017-07-04 17:24 | 死にたい | Comments(7)

「死にたい日々は続く」

先日は月一の精神科通院の日だったし、
カウンセリングも、担当のカウンセラーの先生が退職なさって
新しい先生に引き継ぎして頂いて
なんだかんだと書くことはあったのに、なにも書く気がしなかった。

昨日は久々に首を吊り、それをGさんに見つかり激昂され蹴られてしまった。
Gさんは床に倒れて泣き続ける私をなだめ、ベッドに無理矢理連れていった。

背中をさすられながら、泣きつかれて寝た。
「お父さん!!」と叫んでしまいそうになり、ぐっとこらえた。

叱られても仕方ないとは思う。

でも昨日は死にたかったのだ。
もう私は生きる事に疲れ切っている。

死にたいまんま生きると決めても、こうして辛い時期はあり、
何の為に生きているのかサッパリ分からなくても日々は過ぎる。

二、三日前にテレビで鬱の兆候10などというものをやっていた。
全ての項目に当てはまっていたので笑ってしまった。

とにかく体中が怠く、毎週整体に行ってメンテナンスしないと歩くのも辛い。
夜中何度も目が覚め複雑な夢ばかり見るので、眠剤を多めに飲んでいる。

仕事をなんとかこなしているのが、本当に不可解である。

こういう時に、高機能ボーダーで良かった、と思う反面
ここまで体を酷使して働く自分というのはなんなんだろう、と思う。

死にたいという膜が全身を厚く覆っている。
その膜の隙間から必死で手を伸ばし日常をこなしている。

仕事にアイデンティティを得ているのは事実。

きっとまた数年前のように寝たきりになれば、私はもっと病人らしくなるんだろうから。


希望がない、全くない、と思う。

考えれば考えるほど、自分を責めてしまい辛くなる。

私はどうして産まれてきたんだろう?
誰も幸せにしてあげれらない。

なにも生み出すことができない。


身体障害者の方が「体に障害があり不便であっても、不幸ではない」と言うような
「心に障害があり不便であっても、不幸ではない」と思いたいとずっと思ってきた。

不幸せな要素を抱えたままでも、幸せになることはできる、と信じたかった。

でも駄目なのかな、私の心は、腐っているのだから。


でも死ねないっていうことは、まだ生きなくてはいけないということなので、
どうにかこの状態を乗り越えることを考えなくてはいけないのに。


足の裏に大きなほくろが出来ている。
この半年くらいで大きくなってきた。

メラノーマだったらいいな、と思って放置している。

自殺で死ねないのなら、病気で死ねばいいんだ、と。

もう充分生きた。もう結構。

仕事もたくさんした。
結婚も恋愛も上手くいかなかったけど、たくさんの男性に愛してもらった。
友達ともたくさん遊んだし、趣味も楽しんだし、おしゃれもいっぱいした。
母にもたくさんお金をあげた。

子供もいないのだし、もういいでしょう。
守るものも何もない。


誰か私を開放してください。


今すぐ殺してください。






追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。


[PR]
by foxyborderline | 2017-04-25 10:35 | 死にたい | Comments(4)

「不調」

不調。
夜になると動悸がするようになってきた。


Gさんと会った。
謝罪をうけた。

彼なりに私に対して不安があるらしい。

「foxyはいつか若い男に取られてしまう」
「自分より稼いでいる男も、格好いい男もいる」

と気弱に思い、心配したという。

何歳でも、愛されていたいという想いは強いんだろう。

馬鹿みたいだな、とも思ったけれど気持ちは分からなくもない。
私はGさんを許した。



日曜はカウンセリングの日だった。
これはきちんと整理して書くつもりだけれど、今日は書けない。

とにかく今、不調だ。


年末までの仕事が立て込んできた。
プレッシャーを感じている。

今日は集中力がもたず、全く手に付かなかった。
遅々として仕事が進まず、ただぼんやりしていた。

おそらく月経前症候群なのではないかと思うけれど、
とにかく無気力で死にたい気持ちが止まらない。

死にたいまま生きてやると決めたのに、
やはりこういうときはぐらぐらと気持ちが揺れるし体調も優れない。

何も不満なんかないはず。
仕事も上手くいっていると皆に思われている。

でも「foxyさん、最近絶好調だね」と人から言われても何もピンと来ない。
人がそう言うならそうなのかもしれないけど
実際は仕事が恐怖でしかないからだ。


でも今日はPCの前に座るのが怖い。
簡単なメールを打つことすら怖い。
失敗したらどうしようと思うと怖い。

失敗したって、死にはしないのに。



やりすごすしかないのかな。


それでも自殺企図をしないだけマシ。

数年前は毎日自殺未遂をして、仕事どころではなかったのだから。


自分にそう言い聞かせている。









追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。


このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。


[PR]
by foxyborderline | 2016-12-20 16:52 | 死にたい | Comments(2)

「死にたい波」

Aさんのフラッシュバックで、また死にたい波がやってきた。


自殺未遂ばかりしていた頃。

「そんなに死にたいのなら、俺の為に生きればいい」

とAさんは、かつての私に言った。


けどもう側にいないのなら、生きる意味もないじゃないか、とぼんやり考えた。


でも私は、死にたいまま生きると決めていて。

だから、寿命までは生きなくてはいけなくて。


ただこうして辛い気持ちを引きずっていて。


何も、今以上のことなんて出来るとは思えない。



トラウマ治療が始まる。


せめてAさんのことを昇華できれば、もう少し生きやすくなるんだろうか。






金曜の夜中、Aさんにメールする前に
私は元婚約者であるEさんに電話していたらしい。


酔って泣いて、「お父さんに会いたい」と何度も言っていたよ、とEさんは言った。


なんなんだろう。私は。


37にもなって、私は「お父さんに会いたい」。


父は10年前に死んだのに。


Aさんに会いたい。

お父さんに会いたい。


等しく辛い。

ふたりは同じ人物ではないのに。


何がそんなに辛いのか、自分でももう分からない。


5歳ごろの、毎夜父に腕枕されて眠っていたあのころに戻りたい。


まだ父に、傷つけられなかった頃に。



小学生から、私は死にたいまま。

30年間死にたいまま。


そんな人生、意味等あるんだろうか。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-03-14 15:11 | 死にたい | Comments(10)

「死にたい日々を送り続ける」

前回記事を書いてから
結局死にたい気持ちが回復することなく、今日まできた。

「死にたい」と毎日口に出して呟いては、絶望的な気持ちになっている。

毎朝エビリファイの頓服を飲み、身体を引きずるようにして会社に向かう。




私は誰からも愛されない。

そして誰も愛することが出来ない。

自分が愛を求めるだけで、与えることを知らない。

だから、一生ひとりなんだ、と思うと胸が苦しくなり泣いてばかりいた。



教会に行って牧師先生に話しても、泣き続けた。



それから、主治医と話した。

飛び降り自殺を3回失敗して、寝たきりになった人物の話を聞いた。

意識はハッキリしているのに、寝たきりでいるらしい。

そんなの、生き地獄だ。

20代のころは無茶苦茶に自殺未遂をしていたけれど
知識がついた今、私は失敗したときの後遺症のことを考えると
もう怖くてできなくなっている。



「死にたいまま仕事して、お洒落して、お酒飲めるのと
死にたいまま寝たきりと、どっちがいい?」

と主治医は聞いた。

そんなの前者に決まっている。



でも私が例えば70歳まで生きるとして
あと34年も死にたいままでいるのは絶望しか無い。


若くして脳出血や事故で亡くなるひともいる。

私はそれを望んでいる、と主治医に言うと


「僕は死が日常にある。あっけなく死ぬ人がいる。
それは死神がついているんじゃないかというほど、あっけない。
でもfoxyさんにはまだ死神はついていない」

と言った。


「死ねば、「絶対に」幸せにはなれない」
死ねば「絶対に」愛されない」よ?」

と言った。



それは分かっている。

私はまだ死ねない。

まだ生き続けるだろう。


死ぬ気で生きるなら、自分で人生を選択しろ、などと人は言う。


でも、毎日のフラッシュバックやこの罪悪感は
どんなに振り払っても私を追いかけてくる。


それをどうしたらいいのか?


ただ死にたいと願いながら、死んだように生きるだけ。


結局死にたいのは変わらない。


そんな人生に何の意味があるというのだろう。



神様がいるならば、私を早く、この世から消して欲しい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2015-10-28 13:41 | 死にたい | Comments(12)

「無気力」

胃が痛いせいで、精神的にも落ちた。

無気力だ。

何にもしたくないし、ずっと寝ていたい。

週末はきっと、何もせず寝ているだけだろう。

また死にたい、と思ってしまう。

主治医は
「躁鬱はかなり良くなっている」と言ってくれたけれど、
本当か?と疑ってしまう。

こんなに死にたくて堪らないのに。


でもこれは胃炎のせいだ、と思いたい。

身体と心は密接なんだ。

だから、今は不愉快で落ち込んで当たり前なんだ。


誰かに抱きしめて欲しいと思った。

久しぶりに涙が出た。

死にたいまま生きて行くのも、なかなか苦労がいるもんだなあ…。


死にたい。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-11-28 09:38 | 死にたい | Comments(0)

「死にたい」

また嫌な夢を見てしまった。

生きた猫がとりもちにひっかかっていて、
それを捨てなければならないという夢。

耳が欠けていた。

どうしよう!と目が覚めて、
「そうだ、動物病院に連れて行って取ってもらって、
元いた場所に戻せばいいんだ」と思った。

それでも猫は生きていけるだろうか…と
心臓がドキドキしたまま、また眠りについた。


朝起きて思った事は、仕事を休んで寝ていたい、ということで。

月曜だから憂鬱なのか、生理が来たから憂鬱なのか。

今まさに「死にたい」という想いと闘っている。


「心なんて、自分でコントロールできるはずだ」

「死にたいと思う事すら、自分で選んでいるってことだ」

「これは考え方の癖だ。だから矯正できる」

とひたすら自分に語りかけている。


久しぶりに来た、「死にたい」という想い。

もっと外に心を向けなくては。


とりあえず、笑顔を保つ事。

何がなくても、無気力なままでも、仕事に取り組む事。


生きなくては。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-10-20 09:45 | 死にたい | Comments(0)

「誰といても同じ」

Eさんに

「結婚は出来ないし、私はひとりで生きて行く方がいいと思う」

「私が精神的に自立しない限り、誰といても同じ。
誰も彼も不幸にしてしまう」

「私は支えてくれる人が欲しいけれど、そんな人はこの世にはいない」

とメールした。

半分、試し行為なのだろう。


それでも、その想いが止まらなかった。


私なんて、誰からも愛されない。
誰からも大事にされない。

そんなこと、分かり切っているのに。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-06-27 19:46 | 死にたい | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「空っぽ」
at 2017-12-11 13:03
「なんにも進歩していない」
at 2017-12-08 11:25
「お別れ」
at 2017-12-06 20:23
「近況」
at 2017-11-29 15:42
「健常者以上に」
at 2017-11-10 12:04

ブログパーツ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病