カテゴリ:死にたい( 59 )

「殺された」

私は何度も何度も死んで来た。


最初は父に心を殺された。


同級生に心を殺された。


そして、自分で自分の心を殺した。
何度も何度も。




睡眠薬を大量に飲んで、
首を吊って、
凍死しようとして、
入水自殺をしようとして、


なんども心を殺した。


それが、自分で選んで来た事だとは到底思えない。


私は生きる事に必死で、
自分の身を守る為だけで必死だった。

傷つく自分を、必死で外敵から守った。

それでも敵は容赦なく私を殺そうとした。


何度も心を、殺された。


それでも、私は生きている。


そういうことに意味があるのならば、
私は迷わず幸せになる方法を見つけ出したいのに。




まだ、生きるのなら。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-29 13:06 | 死にたい | Comments(0)

「罪悪感」

私は、図々しく、まだ生きている。


死にたいと毎日願いながら、図々しく生きている。


何故生きているのか、わからないまま。


死ねないのは、まだどこかに希望を感じるからなのか。


もしかしたら、誰かが私を愛してくれるかもしれない、と思うからなのか。


毎日、早く死ねよ、と心の声がする。


声が聞こえたら、生きていることへの罪悪感は増すだけ。


誰も助けてはくれないということは、分かっている。


それでも、せめて、支え合える誰かがいれば。





誰からも愛されない私は、友達もいない私は、
まるで生きている価値がない。



なぜ、まだ、生きているのだろう。



10年前、睡眠薬で三日三晩昏睡したときに、死ねば良かったんだ。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-27 21:11 | 死にたい | Comments(0)

「私の命を差し出したい」

色々な方が、このブログを見ていてくださる。

中には、癌の方も。


そういう方から比べたら、
精神疾患なんてたいしたことがないと思われるのかもしれない。


それでも私は毎日疲れていて、死に憧れていて。
生きた屍のような生活をしている。


不謹慎ながら、闘病されている方が、羨ましいとすら思ってしまう。


祖母の死の時だってそうだった。

私は死に憧れてやまなかった。


私が不治の病になったとしたら、
そのときようやく生きる価値を見出せるのではないかとすら。


人の苦しみなど、他人には理解できないと言えばそれまでだけど。


もし命を換えることが出来るのなら、

私は迷わず速やかに、私の命を差し出したい。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-25 13:38 | 死にたい | Comments(0)

「殺して欲しい」

辛い、悲しい。

生きているのは、辛くて悲しい。

いいことなんて、ひとつもない。


もっと日々を感謝して過ごす事が出来れば。

手にあるものを、慈しんで過ごす事が出来れば。


分かっているのに。


それなのに、私の中には何もない気がして
がらんどうな気がして、


自分自身の、ぽっかり空いた穴の前で、私はいつもいつも泣きたくなる。


何故生きていなければならないのか。
何故私は死ねないのか。


そんなことばかりを考えては途方にくれる。



今朝起きて、
私はEさんに会いに、「フラれに行く」のだと思った。


きっと、私はまた泣くだろう。


それでも、死にたいままでも、
生きていなくてはいけない。


私は誰からも愛されない。


それなら、誰かに殺されたい。

誰でもいいから、殺して欲しい。


神様がいるなら、こんなクソみたいな人生を、早く終わらせて欲しい。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-23 12:51 | 死にたい | Comments(2)

「いつだって」

去年のブログを読んでいた。

何度も「死にたい」「死のう」と書かれていた。



そうだ、私は、ずっとずっと、死にたいのだ。



仕事していても、寝込んでいても、
誰といても、ひとりでいても。

愛されていても、愛されていなくても。



だったら、何の為の人生なんだろう。


こんな風に、ずっと死にたいだけの人生。

誰とも迎合できず、心も通わない、そんな無味乾燥な人生。



そんな人生に意味はあるのだろうか。


死にたいまま生きる事に、価値はあるのだろうか。


死にたいまま。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-16 14:34 | 死にたい | Comments(0)

「死のうとしても」

何度も、今まで死のうとして来た。

大量に薬を飲んで、三日三晩誰にも発見されず、
昏睡状態になっていたこともある。

何故あの時に死ねなかったのか。

私は、何度も首を吊ろうとして、そして何度も失敗した。


それでも私が死ねなかったのは、
どこかに希望があるかもしれないのに、と思ったからだ。


誰かが私を愛してくれるかもしれない、と思ったからだ。


今、死ねたらどんなにいいだろう。

こんな風に見捨てられ続けるのなら、私にはもう、希望なんてない。


いつ死ねばいいんだろう。



日曜日に、
首を吊ろう。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-15 12:47 | 死にたい

「赦すと決めたのに」

泣いてばかりいる。


ひとりの職場だから、仕事をしていても、泣いている。


どうして、こんな想いをしなくてはいけなかったのか。

Eさんと初めて言葉を交わした時に、私は

「私と関らない方がいいですよ」と言った。

それはこうして関係が破綻して、
また自分が壊れるのが怖かったからだ。


何故、私と関ったの。


境界性人格障害のことを知っていながら、
私を無茶苦茶にしたEさんを赦そうと思ったのに
それでも赦せない気持ちになってしまう。


彼は日常を平穏に過ごしているようだ。

私は、日常を壊された。


死にたい気持ちは治まらず、
寝ても覚めても、重い苦しい想いが私を支配している。

死にたい。

これしか私の中に、今は無い。


どうして生きていなくてはいけないの。

こんな想いをしてまで、どうして生きていなければならないの。

何故神様は、こんな辛い想いばかりさせるの。


私は、ひとりでいたいと、彼にずっと言って来たのに。


半年も心を閉ざしていたのに、
心を許した瞬間に、こんな風に捨てられるのなら、
私に関らないで欲しかった。



死にたい。

誰か助けて欲しい。

誰か。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-15 12:36 | 死にたい

「混乱している」

まだ、混乱しているのかもしれない。


今日の昼、Eさんから電話があった。

「御飯は食べている?」
「眠れている?」
「煙草吸い過ぎてない?」

など、たわいもない事を聞いて来る。


友達になりたいだとか、よく言えるな、と思う。

いつか遊びにおいで、と彼は言った。

なぜ私が離れた彼が住む街へ、行かなくてはならないのか。


こうして電話をしてくることが、私にはとても勝手に見える。

「foxyを甘やかしてしまう」と彼は言った。

別に甘やかされたいわけではない。


私は日常を壊され、無茶苦茶な精神状態になっているのに
彼はのうのうと生活しているのだ。


赦すと決めたのに、それなのに、また怒りが沸いて来る。



あなたのせいで、私は食事もとれないのだ。
あなたのせいで、私は眠れないのだ。
あなたのせいで、私は男性不信になったのだ。



私をめちゃくちゃにしておいて、と怒りが沸く。


中途半端な優しさは、また私を傷つける。


もう、関係を経たなければ。

メールもしてはいけない。


また怒りで、自滅してしまう。


駄目だ。

もう、どうしていいのか分からない。

ひとりの日常に帰らなくては。

日常に帰らなくては。


まだ、辛い、死にたい。辛い。

もう、誰も信用できない。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-14 19:12 | 死にたい

「 死にたい」

誰からも愛されず、

ずっとひとりで生きるのなら、

もう、死んでしまいたい。



Eさんも私を見捨てた。

Cさんも私を見捨てた。

Aさんも私を見捨てた。


みんな、私を見捨てて行く。















にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-14 16:15 | 死にたい

「もう、決して男性に心を赦してはいけない」

朝、泣きはらした目で、風呂に入った。

昨夜は泣きながらブログを書き、それから顔も洗わずに、寝てしまったのだ。



Eさんは、私をもう好きではない。

だから、もう、関ることもない。



そして私は完全に、恋愛恐怖になってしまった。
男性も、怖い。


障害に理解を示してくれた人ですら、
こうして関係が破綻するのなら、
まず健常者のひととはお付き合いできない。



夢に見た、普通の結婚、普通の出産、普通の家庭

それは築くことはできないのだろう。



一度目の結婚では、私は元旦那さんを激しく傷つけた。

人にしたことは、返って来ると言う。

だったら、その償いが、まだ出来ていないのかもしれない。




今度こそ、一生ひとりでいると決心しよう。

そう思っていたのに、半年も口説かれて、私は隙を見せてしまった。


私はある一定のタイプの男性に好かれることが、とても多い。

精神障害者らしい弱々しさと、憂いを感じさせる表情は、
男性のヒーロー気質を駆り立てるのだと、男性から言われたことがある。


安っぽいヒーロー気取りの男性は、Eさんの様に、多いのだろう。

だけど、
綺麗に着飾り、微笑んでいるだけの私が好きだというのなら
それは紛い物の恋だ。

私を愛するということは、私を全身全霊をかけて愛するということだ。


でも、これからは、私の障害を理解するという人にすら、
誰ひとり、決して心を赦してはいけない。


私は、孤独なまま、ひとりで立つことを覚えなくてはいけない。


ひとりは孤独。


けれど、ひとりは自由。


もう恋愛は出来ない。

二度と。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-04-11 13:02 | 死にたい | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病