カテゴリ:恋愛( 114 )

「心のあけすけ」

不倫相手だったAさんから、
毎日一通か二通、メールのやりとりが出来るようになった。

彼が、出来なかったのだ。

今、彼がどういう精神状態なのかは分からない。

ただ、
「医師の言うことを聞いて、出来ることからやりなさい」
だとか
「悪いことばかり考えるな」
だとか、そんな当たり障りのないことばかりをやりとりしている。

二人で会うことも、ない。
でも私は、メールのやりとり、それだけでも安心している。

二度と抱き合うことがなくてもいい、
ただ、見守っていてくれたら生きていける。

依存なんだろう。

もう、二度と人を好きになれないかもしれない。

それが、不倫の代償だと言われれば、私はあまんじて受けなければならない。

神様がいるなら、もう一度私に愛する人を与えて欲しい。

でも、今は私にはいなくて当たり前だとも思う。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-03 04:13 | 恋愛 | Comments(0)

「Aさん」

三ヶ月前に完全にお別れした、
以前の不倫相手であったAさんは
現在欝のようになっているらしい。

ざまあみろ、という気持ちと、申し訳ない、という気持ち。

どうしてざまあみろかというと、
「私を見捨てた悪い人間」として認識しているからだと思う。

いや、そうでもない部分も多々あり、
最後の一年は彼は生活上の最優先順位は、私になっていた。
そして、彼が破綻した。
それくらい、私を気にかけ、大事にしてくれていたのだ。

彼は努力や工夫ですべてのモノゴトが解決出来てきた男だった。
私は、そのケースに、入らなかった。
尽くしても尽くしても、私は死にたいと言い、
彼といる罪悪感で、余計に潰れた。
彼は挫折を味わったのだと思う。

私は彼とよりを戻したいのか…?と考えることがある。
Aさんはもう、私に怯えているし、彼はもうそんな気はないとは思う。
ただ、こんなに執着して怒っている私は彼をまだ好きなのか?と考える。

どうもこれには混乱が生じてしまう。

その割には仲の良かったことや、大げんかしたことを想い出して
あの頃はまだ良かった、楽しかったな、と思う。

私を愛してくれなかった、途中で見捨てた人、裏切った人。

私はずっとこういうモヤモヤした感情を持っているんだろうか。

それとも、誰か、新しい恋人が出来たら、そういう気持ちも薄れるのだろうか。


もう既婚者はダメだな。

絶対的愛を求める境界性人格障害者に、
不倫なんて安っぽい恋愛は向いてないんだわ。

でも、あの人が、好きだったんだな。

おかしいな。

いつか、人間同士として、笑って酒が飲みたい。

それくらいは、いいよね。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-13 17:23 | 恋愛 | Comments(0)

「恋愛における保護欲の演出と試し行為」

保護欲の演出。
今までの恋愛において、私は常に男性から

「助けてあげたい」
「支えてあげたい」
「守ってやりたい」

という感情を引き出していたと思います。

弱弱しく、頼りなく、愛を求める女。
過去の苦労した経験も交えて。
こうして気を引いていたのではないでしょうか。

男性は保護欲をそそる女に弱い。
(同性から本当に嫌われるのはこういう部分が狡猾に見えるからだと思います)

もちろん誰でもいい訳ではなく、
包容力のありそうな男性を察知して。

はじめから、フェアではない関係。
あなたは私を支えて守って愛して助けて当然というパワーバランス。


試し行為は、わざと「もう別れる」「もう嫌い」「私なんかいないほうがいい」
などと言い、男性から
「そんなことないよ」「君が必要だ」という言葉を引き出したいというもの。

常に不安なので、確かめたいのです。

これがエスカレートすると、自殺未遂までが試し行為に入ってきます。


…本当に過去私に関わった男性達はかわいそうな想いをさせてきました。
男性が疲弊して当然だと思います。



でも、もし私がまともな人間になれるとしたら
もっとフェアで、思いやりのある女性に生まれ変わりたい。

愛し愛されることを、真に知るひとになりたい。

そして、愛するひとの子を産んで、育てたい。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-11 03:30 | 恋愛 | Comments(0)

「やさしいひと」

20代後半に結婚し離婚したひとは、とても優しかった。

その後、既婚者の方とお付き合いしたのですが
その方も優しかった。

皆、私を助けようと、必死で力を注いでくれた。


そして、ふたりとも、私の側にはもう、いません。

いなくなった瞬間、私は完全に壊れていました。


既婚者の方(以後Aさんと書く)は今、欝のような状態になっている。

Aさんは、自殺未遂をした私を助け、
警察の尋問を受け、救急病院にかけつけ、私の母に会い理解を求めました。
私を医大に連れて行き、専門機関に繋げました。
書籍を読みあさり、私の障害について、かなり勉強してくれました。
仕事以外のほとんどの時間を使い、気持ちも使い、お金も使い…

そして、今、彼自身がボロボロになってしまった。

不倫という罪悪感が、境界例である私に、
無価値感や虚無感の追い打ちをかけていたのは確かでした。

私は、誰かに、愛されたかったのでしょう。

そのままの私の姿で、愛されたかった。

本当に、愛されたかった。

無理に取り繕う私は、自ら壊れました。

今も、「見捨てられ不安」のフラッシュバックのように
Aさんに対して怒りのような、恋しいような、
複雑な感情に駆られ、パニックになります。

あんなに愛されていたと思うのに、大事にされていたのに
パニックの時は、「私を見捨てた悪い人間」と白黒思想で
Aさんに罵詈雑言をメールしてみたりします。

そして、また自己嫌悪になります。
感謝と、憎悪の狭間に、苦しくなります。

そんな現状です。




もし、次に私が誰かと一緒にいられるのなら。

愛されることより、愛することに重きを置きたい。

そして、自分の問題を全て、恋人に解決を求めるのは、止めたい。



これ以上、誰かを無茶苦茶にしてしまうのであれば、
一生ひとりで、孤独に死んでいけばいいのだ、と思います。

病気なのに。
障害なのに、一人にされなくてはならないなんて、
本当に、悲しいことです。
[PR]
by foxyborderline | 2012-09-10 17:35 | 恋愛 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「通院など」
at 2018-02-07 21:42
「日々」
at 2018-01-26 19:10
「片想い」
at 2018-01-14 23:14
「2018年」
at 2018-01-08 15:53
「仕事納め」
at 2017-12-29 15:57

ブログパーツ

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病