<   2012年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「いちにち寝ていた」

今日は久しぶりに一日中寝ていた。

一日を消しゴムで消すような感覚で
虚しいと同時に得をしたような気持ちになる。

起きていると辛い悲しい、がやってくる。
夢の中にいれば、それは、ない。

ずっとずっと寝ていたい、と願ったことがあったけど
それはすなわち死にたいってことなんだろう、と思う。

でも、死ねないから、寝ていればまだ生きていられる。

そんな日々。


早く就職して、新しい人生を探さなければ。

準備をしなければ。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-31 19:02 | 日々 | Comments(0)

「教会と通院」

今日は昼から教会へ行き、牧師先生と面談。

過去の話をして泣いてしまう。

まるでカウンセリング。

このブログを読んでくださっている方に
キリスト教を勧めるのは違うとは思うので
興味のない方は読み飛ばしてください。
(私の信仰は新興宗教ではなく、スタンダードなプロテスタントです)

過去に辛いことしかなったのは、
イエス様に触れていなかった為、
そして、辛いことがあったのは
イエス様に触れるまでの過程だったということらしい。

過去を癒す祈りを受け、おおいに泣く。



それから医大へ向かう。
泣き疲れていたので、診察待ちが短くて助かった。

エビリファイとラミクタールの処方があっているらしく
今は安定しているつもり。

やっと、仕事再開の許しがきちんと出た。

やはり、躁鬱の気分障害の治療をしていて、
人格障害の治療はしていない。
気分障害の治療で日常生活が出来るのならば
人格障害は問題ではないらしい。

やっぱり、人格障害は自分でコントロールするしかないのかもしれない。

とにかく、仕事再開の許しは大きかった。


就職を考えてみよう…。

とても不安があるけれど…。

とにかく、今日は、ゆっくりしよう。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-30 18:27 | 治療について | Comments(0)

「友達が欲しい」

友達が、私にはいない。

いや、前は少し、いた。

でも、嘘をつくひと、悪口を言うひと。
そういう人をどんどん切ってしまった。

私はそういう人は好きじゃない。


境界性人格障害特有の、これが白黒思想なんでしょう。

だから、友達がいない。

たまに楽しそうにお茶したり買い物したりしている
女性達を見かけると、羨ましくて堪らなくなる。

本当に信頼できる関係を築くのは困難なんだと思う。

二者関係しか、築けない。


寂しい。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-29 23:04 | 日々 | Comments(0)

「父のこと」

一昨日は父の七回忌で、とある地方都市にある寺へ向かった。

父が母と離婚後、父を看取った女性とふたりで供養した。

彼女は私の6つ上。まだ30代だ。
最初は憤りもあったものの、彼女の献身的な父への態度に
私は今は感謝しかない。

父は53で死んだ。

私は小さなころ、父に毎夜腕枕されて眠っていた。
ファザコンの完成はその頃から決まっていたのだと思う。

私は頭がおかしいのだと思う。

父に抱かれたかったのだと思う。

屈折した愛情は、いまだ心に燻っていて。
私が求める男性というのは、やはり父でないといけない。

あまりに混乱し、Aさんに事情も話さず
「私は普通だと言って!」とメールする。

「普通だよ、大丈夫」と返信があった。

大丈夫でもないし、私は異常だと思う。

それでも生きていかなければならない。

そんなに長生きはするつもりはない。

父は54歳で死んだのなら、私はもっと早く死にたい、と思う。


父に抱きしめられて眠っていた、あの頃に戻りたい。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-28 14:39 | 日々 | Comments(0)

「赦す」

昨日は牧師さんと面談し、通院の日でした。

牧師さんとは毎回二時間ほど話す。
今回はまたAさんを赦す祈りをしてもらった。
それから聖書理解の話。

宣言した。

「私はAさんを赦しました」と。

これで、もう赦した。
だからもう、姦淫の罪は犯さない。

まだ憤りはゼロではないけれど、私はもう、赦した。

やはり教会通いは私には合っている。


それから病院へ。

最近調子がまだいい方なので、主治医にそう伝えると
やはり「ムードスイング」だ、と言われた。

「必ず堕ちるから。今、調子がいいだけ」だと。

それから、境界例の治療はしていないらしい。
私は躁鬱の治療をされている。

結局、人格障害が支障をきたしている訳ではなく
(コントロール可能、という意味だろう)
躁鬱状態が日常生活に支障を及ぼしている、と
主治医は考えているらしい。

実際Aさんを赦してしまったので
今、「見捨てられ不安」はかなりなくなっている。

寂しい、とか死にたい、とかは常にありますが、
それが人格障害のせいなのか、躁鬱のせいなのかは、分からない。

処方箋は変わらず、
エビリファイと
ラミクタールを出される。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-24 10:51 | 治療について | Comments(0)

「誰かと一緒にいたい」

でも、誰でもいいわけじゃない。

境界例にとって、スムーズな人間関係の構築は困難だからだ。

私は二者関係でしか自分をさらけ出すことが出来ないので
その誰か、というのはまた限りなく少ない。

なので元不倫相手Aさんなどは本当に話を聞いて貰っていた。

今は、ほとんどいない。

Bさんにもまださらけだしてはいない。

というか、誰もいないのかもしれない。

誰も分かってくれない、分かって貰えるとも思えない。

境界例の人間は、孤独です。




さて、今日は通院の日。

その前に教会に行こう。

午前中に少しだけ仕事が出来て良かった、とする。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-23 10:12 | 日々 | Comments(0)

「障害者手帳」

人生二度目の障害者手帳を取得した。
3級。

情けないと同時に安心感もある。

障害者年金も申請したいが、
今の私には書類を集めたりすることが
大変困難である。
それに3級では年金支給は、ない。

どうやって生活していけばいいのか分からない。
今、母の臑を囓るのも数ヶ月しかもたない。

就職しようにも、仕事出来る自信が全くない。

私は障害者だ。

普通に生きたかった。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-19 09:14 | 治療について | Comments(0)

「もう恋愛はしたくない」

もう恋愛はしたくない。

今はいい。

人を信じることや、愛することが恐い。

これ以上傷つきたくないから。

それでも事故みたいに恋はやってくるのだろうか。

きっと、Bさんは私を選ぶことはないでしょうし。

情けないな。

街で子供連れのお母さんを観ると、いつも切ない。

「どうして私は普通の生活が与えられないのか」と思う。

そもそも幼少期から普通の生活を
したことがないのだから仕方ないのかもしれない。

そしていつも
「どうして私は普通ではないのか」と幼少期から違和感を持ってきた。

普通って、素晴らしいことだと思う。


普通に憧れている。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-19 09:04 | 日々 | Comments(0)

「教会」

一昨日は教会へ行った。

牧師さんにまたAさんへのことを洗いざらい話す。

私は、Aさんをずっと忘れられないまま、怒りを抱えていた。

Aさんに怒りをぶつけることで、
Aさんとまだ関わり続けていたかったのかもしれないと気づく。

聖書に書かれている言葉。


「遊女と交われば、一つからだになることを知らないのですか。
「ふたりは一体となる」と言われているからです。
しかし主と交われば、一つ霊となるのです。
不品行を避けなさい。
人が犯す罪はすべて、からだの外のものです。
しかし、不品行を行う者は、自分のからだに対して罪を犯すのです」
第1 コリント16〜18節。



異性と交わることになると体はひとつになるらしい。
なので、なかなか縁を絶ちきることは難しい。

なので「Aさんと縁を切る祈り」を一緒にしてもらった。

不思議と心は穏やかになった。

もう、忘れたいのだ。

もう、深く関わりたくないのだ。

先に進むために。

進みたい。

私は、死にたいままでも、もう少し、生きたいのかもしれない。

鋏で、Aさんと私の間を、スパン、と断ち切るイメージ…。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-19 08:14 | 日々 | Comments(0)

「泣く」

昨夜は8時頃寝て、深夜2時頃起きる。
昨日全く寝てなかったのだ。

起きたらBさんからドライブの誘いがあった。
寝ていたことを後悔する。

おそらく、Bさんなりに私を心配してくれているのだと思う。

そして、朝から泣く。

いきなりAさんから来たメールと
見捨てられた感覚がフラッシュバックし、
泣けてしかたなかった。

私なんて、誰も必要としてくれない、
誰も愛してくれない。

そんな想いで一杯になった。

そしてAさんに対して怒りが湧く始末。

家の前で首吊ってやりたい、とか、
家族にばらしてやる、とか
恐いことを考えてしまって身震いする。

そこまでは絶対にしないけど。
私は何がしたいのだろう。

一体、どうしたらこの見捨てられ不安から解放されるのか。

今日はとても、死にたい。

また首を吊りそうで恐い。
[PR]
by foxyborderline | 2012-10-17 09:08 | 日々 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20
「気づいて欲しい、の小石を投..
at 2017-07-25 18:39

ブログパーツ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病