<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「最初に 2」

初めてこのブログを見ていただいている方もいらっしゃると思います。

「最初に」を書いたころと状況が変わっていますので再度書かせてもらいます。

34歳独身女(バツイチ/子供なし)
二週に一回、地元医大に通院中

境界性人格障害と躁鬱。
障害手帳3級。
新米クリスチャン(受洗済)

離婚後、実家に帰省。
母と二人暮らし。
父は7年前に死去。

薬は
●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。
を服用中です。

離婚後、二度の不倫を経験し4日前から恋人無。

精神科通いは10年以上。
幼少期から情緒不安定自死願望の強い子供でした。
なので実際は20年以上この障害と向き合っています。


以下、DSM-IVの境界性人格障害の診断基準


〈1〉 現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする
気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )

〈2〉 理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる
不安定で激しい対人関係様式

〈3〉 同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観

〈4〉 自己を傷つける可能性のある衝動性で、
少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)

〈5〉 自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し

〈6〉 顕著な気分反応性による感情不安定性
(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、
いらいら、または不安)

〈7〉 慢性的な空虚感

〈8〉 不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難
(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)

〈9〉 一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状

このすべての項目に一致しています。



しかしこの半年は障害、躁鬱の気は治まりつつあります。

このブログは境界性人格障害本人の吐き出し用ブログになります。
障害を持つご本人、支える方々、そしてボダを叩く人々、
そんな方に見て貰えたらと思います。

境界性人格障害に対して理解を求めるわけではありません。

ただ、こんな奴もいるんだ、ということを分かってもらいたいと思います。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-17 17:04 | 最初に | Comments(0)

「境界性人格障害、死にたいと検索してみた」

タイトルのとおり、Yahoo!で
「境界性人格障害、死にたい」と検索したら
私のブログが上位一番に表示された。

これは私のPC、iPhoneだからそうなるのか?

でももし他のPCや携帯から検索して、
私の「境界性人格障害の方に、死にたいと言われたら」
上位にくるのならば、私の病も少しは役にたてるのだろうか、と思った。

私は今、少し死にたいのです。
だからそう検索した。

自分がして欲しいことを、
「境界性人格障害の方に、死にたいと言われたら」
に書いた。

そんな人を、私はまだ探している。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-15 15:28 | 死にたい | Comments(0)

「別れ」

昨日、Cさんと別れた。

いくら「いつか別れる」と言っても不倫は不倫。

Aさんとの不倫で負った傷は、トラウマのように残っている。

教訓を得たと言ってもいい。

自分から別れを告げた。

今は、体が半分無いような感覚だ。

でも、これ以上一緒にいて、傷つきたくはなかった。
時間が経てば経つほど、きっと私は傷つくから。

本当は、離婚してほしかった。

たった三ヶ月で、私はもう耐えられなかった。

愛するひとに、愛されたかった。


今はまだ、精神的にこれ以上落ちるのか分からない。

境界性人格障害にとって失恋は天変地異。

どうなるのか。

泣くのか、死のうとするのか。

まだ分からない。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-14 02:37 | 恋愛 | Comments(0)

「険悪」

昨日はCさんからメールが来て泊まりに行った。

肝心な話は、何もせずにいたCさん。
そのことが私を苛だせた。

つい、「別れようか」と言ってしまった。
「どうして?」と言われた。

何も、きっと、伝わっていない。
伝わっていても、彼は伝える術を持たない。

私はただ、
「好きだから側にいて欲しい」
「必要だ」と言われたかった。

眠れなくて、何度も帰ろうかと荷物をまとめたりした。
でも帰れなかった。

明け方、寝ぼけたまま、Cさんに抱かれた。
Cさんは、私を好きでいてくれているのか。
分からないまま。


今日はCさんの仕事を手伝わざるを得ず。
多少の必要な作業だけをして帰った。

ランチのあと、少しだけ話したかったけれど、話せなかった。
ややこしい事を考え、抱えてもやもやしている自分が
自分が駄目な気がして、落ち込んだ。

そして肝心なことを話さない彼に対して、
私も何も言えなくなって行った。


帰宅して、眠った。
眠るしか出来なかった。


どうなるのか、分からない。

別れたとしたら、私には誰もいなくなると思うと恐い。
でも、このまま好きでいて、
離婚が成立しなかった場合、また私はボロボロになるだろう。

それも、恐い。

境界性人格障害の私にとって失恋は天変地異に近い。


どうなるんだろうね。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-10 20:34 | 恋愛 | Comments(0)

「Cさんの離婚話」

お付き合いしているCさんは既婚者。
別居4年目、弁護士を立てて、既に財産分与までしている。
なのに離婚はまだしていない。
奥さんから「離婚届けを送ります」と1月にメールが来てから
まだ離婚届は送られてこない。

離婚するまで半年は待つ、と彼には話している。
半年が過ぎたら、別れるから、と。

なのにこの間、我慢しきれず離婚はどうなっているのかと聞いてしまった。

私は以前の不倫で精神を壊してしまった。
そのせいで仕事も出来なくなって、なにもかもを手放してしまった。

だから、恐いのだと思う。

Cさんは、
「ゆっくりと妻とは幕を閉じる。それは決まっているから」と言った。
老いたご両親に心配をかけたくはないと。

これが男の常套句なのか、本心なのか、まったく私には分からない。

しばらくCさんの仕事を手伝うのを辞める、と言った。

まだ整理はできそうにない。

そのせいで自己嫌悪に陥って、今日は一日寝ていた。

私は、愛されたいのだと思う。
私だけを愛してくれるひとに愛されたい。

たったそれだけなのにね。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-09 21:17 | 恋愛 | Comments(0)

「ひとりで解決する」

お付き合いしているCさんに障害のことを話してある。

その時に「こんなひとはどこにでもいるから大丈夫」と言われた。

1月にお付き合いが始まり、その間何度か私は落ちた。
そのたびに慰めてくれていたけれど、
最近二度、スルーされた。

その都度、落ち込んでしまった。

きっと「どこにでもいるから大丈夫」は
「特別扱いはしない」に匹敵するのだと気づいた。

それから自分が、自分の機嫌から人生まで
すべてCさんに委ねすぎていることに気づいた。

今までは相手に全部を依存してきた。
だから男性が潰れていった。

牧師先生によると、悩みや、落ち込んでいることを話してもいいが
「相手の悩みのぶん」があるので
持てるぶん、を考慮しなくてはいけません。とのこと。

そんなことすら、私は考えたことがなかった。

思いやることが出来なかったし、
思いやる余裕もなかった。

というか、恋人以外にも、人を思いやることすら出来なかった。

(だからほとんどの人間関係は破綻したのだと思う)

今は、すこしだけコントロール出来ている。
ひとりで処理することを意識している。

今度本当に壊れたら、きっとCさんはいなくなるだろうな、
と思うと恐くもなる。

でも、それを習得するしか生きる道はないのだと思う。

自分の人生を自分で責任を取るってことは…。

少なくとも、全てを依存せずにいたい。
[PR]
by foxyborderline | 2013-04-01 23:47 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20

ブログパーツ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病