<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「好きだった」

きっとまだCさんが好きだった。
私は忘れきっていなかった。

だから、見放されたくなかった。
見捨てられるのが恐かった。

だから、あんなに怒ったのだと思う。

仕事を辞めることイコール、それはもう
Cさんに会えなくなるということで、

援助を断ち切ると言われたことは
イコール私にもう気持ちがないことと同じで。

それは悲しみから怒りに瞬時に変わった。

私を愛して、側にいてほしかった。

だから、あんなに怒ってしまった。

だから、私は全部の感情を赦そうと思った。
Cさんは勿論、私のことをも赦そうと思った。

今はまだ、なにもかも、先のことなんて分からない。

ただただ、Cさんが好きだった。
純粋に将来を描いていた。
もう何年も別居している奥さんと、離婚して欲しかった。

そしてCさんが子供がいらないのなら、そういう人生もあるだろう、と
彼が私を愛してくれるなら構わないとすら思った。

側にいて欲しかった。
愛されたかった。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-29 05:26 | 恋愛 | Comments(0)

「赦し」

朝からムカムカし、Cさんにメールを送りまくった。

彼からは冷静沈着なメールが返信が来た。
「要は次に進みなさい。もう甘えてはいけない」という内容。

私はまだメールした。
「殴らせろ」「見捨てるんだ」「嘘つき」「最低の男」等。

それでも返信がないので鬼のように電話をしまくった。


ムカムカしたまま、教会へ行った。
(私は純粋なプロテスタントです。信仰を薦めるつもりはありません)

週に一度の牧師先生との面談の日だった。

そこで、昨日からあったことを先生に全部ぶちまけた。

「神様が、もうCさんから手を引きなさいと言っています」
「そしたら、あなたはどうすれば良いのか分かっているはず」と先生。

「赦すことですよね」と私。

そうなんだ、私は手切れ金なんて欲しい訳じゃない。
でも、謝って欲しかった。
この怒りを静めて欲しかった。

でも、赦すことが出来なければ、私は前に進めないってことだ。
神様はいつだって、赦せと私に言う。

先生と「Cさんを赦す祈り」をした。

そしたら、もう、どうでも良くなった。
神様は、私が誰かを攻撃することを良しとはしない。

そんなの、分かっていた。
でも、抑えきれなかったのだ。

それからCさんの事務所に、商品取りに行った。
これが最後の仕事。

今日も外にぽつんと梱包した商品が置かれ、
彼の車はなかった。
最後くらい、きちんと話して終わりたかったけれど。

それも分かっていたので、ドアに張り紙をしてきた。

「もう全て赦します。赦しました。
Cさんが幸せでいること、願っています」と書いた。

もう、いいや。
これでいいんだ。

もう、赦すんだ。
昨日から今朝にかけて、見捨てられ不安が爆発しただけだ。

私は、次に進まなくては。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-28 16:57 | 日々 | Comments(0)

「通院」

ムカムカしながら、昨日は医大に通院の日だった。

お気に入りのワンピースを着たけれど気分は晴れず。

診察は30分待ち。

私は主治医に、開口一番
「もう、死にたいです」と訴えた。

今日、Cさんに激昂したこと、仕事をする余裕がないこと、
そんなことを訴えた。

「誰だって、仕事をいきなり打ち切られたらキレるでしょうね」
と先生は前回同様、そう言った。
「それはボーダーの症状ではない」とキッパリ。

「普段、何もなくても症状が出るのがボーダー」だとまた言う。

「でも先生、今は対人操作したり、見捨てられ不安や
試し行為をするほど、周りに人がいません」と私。

私はボーダーだと先生は言う。
でも、たまに混乱して分からなくなる。

あれ、こんなにCさんを責め立てているのは普通なのか?


それからホステスのアルバイト先にいる
構ってちゃん欝の話をした。

「欝だけでいいじゃん、私なんて世間に認知されていない
境界性人格障害なのに、言いふらしている彼女にイライラする」と。

「恐らくその人は、判断力が落ち、すでに精神が崩れている」とけろすけ先生。

「決して同調してはいけない。
「はあ、へえ、そう、本当にー」位の返事に止めて
話をさせない努力をしないと、foxyさんが疲れてしまうから」と。


それから藤圭子の自殺の話をした。
宇多田ヒカルによると、彼女は随分精神障害に悩まされていたという。
そして妄想まであったという。

「統合失調症じゃないの?」と聞くと
「欝だけでも、妄想や幻覚が見えることもあり得る」と先生。



薬もラミクタール、エビリファイのみ。

怒りの処置により、また来週の診察になった。
せっかく2週に一度になっていたのに、少し残念。

帰りに「もうしんどい…」と先生に言うと
「もうしんどいねえ」と返された。

「ミラーリングしてんじゃねえよ!それくらい私でも分かるわっ」
と言って診察室を出てきた。

とにかく昨日もケロっと診察終了。

いつも世間話ばっかりしている気もするが…。



その後、精算の際、処方箋と予約票を渡し忘れた
受付のおばさんに内心キレていた。

昨日はよっぽどイライラしていたらしい。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-28 11:22 | 治療について | Comments(0)

「激昂」

昨日の朝、Cさんに援助して貰っている仕事の件でメールした。

そしたら
「いつまでも不当な収入を得させているわけにはいかない。
そろそろ昼間に働きなさい」とメールが来た。

私が昼間、就職なりアルバイトが決まるまでは
援助してくれるという話だったのだ。

話が違う!

私は急に腹がたった。

Cさんは離婚するといって私とお付き合いを始めた。
私はそれを信じてお付き合いを始めた。

これでは騙されていたようなものだ。
私の時間と気持ちを返して欲しい。

Cさんは私の母の従兄弟である。

「じゃあ、騙されたと、ご両親含め、親族全員に全て話します。
奥さんにもメールします。余計離婚できないように」
と私はメールを返した。

そして、それをしない代わりに、手切れ金を要求した。

それをCさんが私に払うかは分からない。


怒りがくすぶって、私はムカムカと一日を過ごした。

きっと私は悪魔のような女に見えるだろう。

でも、不倫の代償は高くつくものだ。
それはお金で解決できるものだ。
お金を受け取った瞬間に、気持ちはアッサリ冷めるからだ。

受け取ったとき、きっと私には罰が当たる。

でも、そうでもしないと、気が収まらない。

境界性人格障害のせいなのか、
これが当たり前の怒りなのか、
まったく私には見当がつかない。

それほど、怒っていたのだと思う。

今はCさんの返信を待っている。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-28 11:04 | 日々 | Comments(0)

「24時間テレビ・華原朋美出演」

昨日は24時間テレビを断片的に観ていた。

観られなかったのだけど、華原朋美が出演していたらしい。
以前も私はともちゃんについて書いた

youtubeで早速観る。

24時間テレビをいえば身体障害者の方の活躍を
よく取り上げている。

正直、全体的に「お涙頂戴」の演出に辟易してしまうけれど
つい私も感動してうるっとしてしまうこともある。


だけど、精神障害者を取り上げることは少ないのではないか。
すくなくとも私は初めて観た。

番組では、ともちゃんが隔離病棟にいたこと
家族が彼女を「人間ではなかった」と言ったこと、
復帰するまでの道のり、いろんなことが語られていた。

彼女が人格障害だったのか、鬱病だったのか、それは分からない。
けれど、目に見えない精神障害は、世間からついおなざりに扱われるものだ。

だからこそ、こうしてテレビで精神障害者を扱うことはとても有意義なことだ。

誰にも見えない障害だからこそ、苦しんでいるひとがいる。
誰にも見えない障害だからこそ、救いを与えれないひともいる。

偶然にも私は適切な医療機関にかかれ
家族にも理解を得られた。

でも、そうじゃないひともたくさんいるはず。


すでにともちゃんは精神障害を乗り越えたアイコンになっている。

彼女の存在は、精神障害を持つ人たちを
大きく励まし勇気を与えるはずだ。

もっと多く、精神障害の理解を周知してもらうことは
本当に大事なこと。

身体障害者も、精神障害者も必死で生きていることは同じだと思うから。







追記
19日の「情熱大陸」にも取り上げられたようです。
今から観ます!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-26 05:07 | 日々 | Comments(0)

「反省する」

この前の記事。

「続々・みんな病んでる」
職場の欝の女の子にイライラした話を書いた。

…そんなにイライラする必要はなく、
もっと思いやりを持って接することも出来たのだ。

もしかして本当に私より酷い症状なのかもしれない。
それはどうしたってはかれないものだけど。

こうやって余裕がなくて、人をジャッジしてしまう癖は直さなければ。

思いやりを欠くということは、
私もいつか思いやりに欠けられる、ということと同じだ。

それに、
話すことのメリット・デメリット
話さないことのメリット・デメリット
それも両方存在するってことだ。

白黒の思想を、一旦棚上げして考えることも
境界性人格障害の自分にとっては大事なことだ。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-24 18:30 | 日々 | Comments(0)

「続々・みんな病んでる」

ホステスのアルバイト先の女の子。

先週は「目眩がするので休みたい」とLINEが入ってきた。
(恐らくパニック障害)

昨日いきなり仕事に入っていて、そして謝罪をうけた。

それからお客さんが来るまで、彼女は欝の話を私に延々した。
他にも心気症からくる体の不調についても。

彼女を安心させる為、私も躁鬱だと話してある。
しかし、私は自分がどんなに辛いか、
なるべく人には話さないようにしている。

彼女は関わる全ての人に、自分が欝だと言い回っている。

聞いていて、なんだかイライラし、
「病んでいる私って可哀想でしょアピール」の様に思えてきた。

…私だって、病んでるんですが???
しかも人格障害まであるんですが???


いいな、話せて。
私はリアルでは、恐くて人に話せない。
(だからこうしてブログに書き連ねているのだけれど)

だって欝が抱える恐怖や苦しみなんて、当人にしか分からないのだから。
それを誰彼構わず話しても仕方ないじゃないか。

本当に信頼できるひと、数人に話すだけで充分だ。

私はママにもこれを具体的に話せず、そして労ってもらったこともない。

何故彼女は、たいそうに、欝だと皆に訴えるのか。


おそらく性格の差や、病状の差もあるのだと思うけれど。

こうして、同じ病人でも差はあり、差別や怒りもあるのだろう。


でも彼女のことを、嫌いだとかそういう話ではなく、
病人でもいろんな人がいるんだ、と思ったという話。


しかし、今いる女の子3人(私も含めて)全て欝。

どんな店なんだよ。一体。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-23 18:36 | 日々 | Comments(0)

「続・冷静に…」

今日も一日中寝ていた。

天気予報では雨だと言っていたのに全く降らず。
ベッドから曇り空を見ながら、雨乞いをしていた。

ざっと降ればいい。
そして全部綺麗に流れてしまえ。

ジムも行けずに、そんなことばかり考えていた。

そこで自己嫌悪になるのはよそう、と思った。
コメントをいただいていた方の中で
「一日中寝ていても、自己嫌悪にならなくてよい」というものがあり、
それを思い出した。

私は躁鬱で、境界性人格障害で、今は療養している。
もし入院していたといたら、やっぱり横になっているはずだ。

そう思うと、何故か気楽になってしまった。


それからCさんのことを考えた。

もう彼の心の扉は閉まってしまった。
自分から別れを告げたのに、
私はしばらくその前でわんわん泣いていた。

でも、開かない扉の前に、いつまでもいるわけにはいかない。

もしかして、今日、私が愛するひとに出逢えるのかもしれないのだから。


それから次に、仕事のことを考えた。
今は夜、ホステスのアルバイトしかしていない。

女の子が足らず、私は週に4日ほど入っている。

新しい女の子が固定で入ってくれるかもしれない。
(欝がひどい子なのでまだ完全に期待はできないけれど)
そしたら週末だけのアルバイトにして、昼間働きたい。

全て、時が整うまでは、少し待とう、と思った。


私は新米クリスチャンなのだけれど、まだ祈りが足りない。
もっともっと希望を持って、祈り続けていこう。

必ず、私は社会復帰が出来る。
必ず、また恋愛が出来る。
必ず、家庭を持つことが出来る。
必ず、いつか境界性人格障害の症状は、軽減する。

まだ希望を捨ててはいけない。

だって、まだ死ねない。
死にたいまま、生きると決めたのだから。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-23 18:21 | 日々 | Comments(0)

「なんにでも、依存する私」

今、こつこつとツイッターをやっている。

そのなかで、妙に優しいひとがいる。

こつこつと優しい言葉をかけてくれるのだ。

私はもう、依存してしまいそうで恐い。

私は依存することで生きているようなものだから。

それでも、メッセージが嬉しく、何度も読み直している。

これは危険だ。

もっと、人との適切な距離を保たなければ。

それは男女問わず、そういうことだ。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-22 19:25 | 日々 | Comments(0)

「冷静に…」

先日はCさんを攻撃し、無駄に落ち込んだ。

冷静にならなけばならない。

いちいち過剰に反応し、心を揺さぶられてはいけない。

私は立派な境界性人格障害で、躁鬱で、
でも誰かを傷つけたいわけではない。

そしてそのことで、自分も傷つくのだ。

ただ、「愛されたい」「見捨てないで欲しい」という
想いで心が一杯になるだけだ。

それが叶えられなかったときに、顕著に現れる。
特に、元恋人に現れ、攻撃にはしる。
見捨てられ不安や試し行為にはしる。

そして、元恋人と、歯切れの悪い別れを迎える。

もっと、お互いを労りあう別れも、
美しく別れる方法も、あるはずだ。

どうして、やってしまった後に反省するのに
やる前に、冷静に、ぐっと堪えることが出来ないのか。

もっともっと、私は冷静に、自分をコントロールすることを
覚えなくてはいけない。

そうする為にも、自己イメージの書き換え(アファメーション)や
瞑想や、運動や、きっとそういうことを繰り返し行わなければならない。


ただ、愛されたくて、そして見捨てられなくないだけなのに。
こんな症状と無縁な、健常者の方が、心底羨ましい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-08-22 18:36 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病