<   2013年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「去年の今頃は」

去年の今頃は、私はCさんが好きで、いた。

年末に会おうという約束をしていて、
そしてCさんは体調不良でそれをキャンセルした。

そして今年の年明け2日に、新年会だ、と
地元で一番高いホテルで食事をした。

まだ彼のことを知らなくて、知りたくて、
好きと伝えようと思うことに緊張して、
でも、彼も私が好きなのだろう、ということも嬉しくて。

あの時は、なんだか凄くドキドキとしていた。


そう、そんな感じだったな…と思い出す。

どうして、私では駄目だったのかな。
どうして、Cさんは離婚しなかったのかな。

今年の年明け、離婚しようか、と
奥さんから来たメールを見せられたのは
一体なんだったんだろうな。


不倫は嫌で、自分から終わらせた恋なのに、
私はやっぱりこうして思い出しては見捨てられ不安に震えている。

愛は、自力で、努力しなくては手に入らないと思っている私は
いつまで無駄な努力をしなくてはいけないと思い続けのだろう。


見捨てられ不安は、いつまでも燻っていて。
目の前にあるかもしれない愛にすら、私は過度に恐れている。

恋愛禁止を自分に課すほど、それはもうトラウマになっている。

この5年近く、誰からも愛されなかった、という意識が強い。

いや、本当はAさんもCさんも、出来る範囲の精一杯で私を愛してくれていたと思う。
そういうことは感謝もしている。

なのに、もう、私の側には誰もいないから。


でも、もう、このことに囚われているのも、疲れた。

誰からも愛されなくても、生きていけるじゃないか。
とすら、思う。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-30 21:24 | 日々 | Comments(0)

「29日30日」

昨日は友人夫妻宅に泊まった。

友人といっても60歳を越えている。

なぜか、私を大事にしてくれる夫妻。

その息子さんとも一緒に鍋をつつき、そして酒を飲んだ。


私は、なんだか不思議な気持ちになる。

どうして私なんかを大事にしてくれるのか。

そして仲の良い親子の絵を、羨ましく思っていた。
夫妻に会うと、結婚したいな、と心底思うような、
そんな良い夫婦なのだ。


今日は、その夫妻の友人宅で餅つきに参加した。

でも、やっぱりそこでも私は疎外感を感じていた。

どこにいても、疎外感を感じずにはいないのだな、と自分にがっかりする。

いつだって、私は人と上手くやれ無い。

楽しそうな世間話には入れなくて、夫妻の近くでヘラヘラしていた。

事が終わって、それからお餅を少し戴いて、そして逃げるように帰った。

ひとりになると、ホッとする。

なのに、誰かといるのも、ホッとする。

でも、どちらも辛い。

いつだって、矛盾していて、それは不明確で。


年末年始は、東京から帰ってくる唯一の親友と会うことになると思う。

連休中は、精神病のひとは落ち込みやすいという。

来年4日からの仕事初めまで、心が安定していてくれればいい、










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-30 21:00 | 日々 | Comments(0)

「死なないものだ」

どんなに、心が壊れそうでも、壊れないものだ。

どんなに、死にたくても、死ねないものだ。

でも、去年のような、あんな地獄にはもう落ちたくない。

だから、生きるしかない。

どんなに情けなくても、
どんなに辛くても、

それでも生きるしかない。

生きることを、諦めながら私は生きている。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-29 16:48 | Comments(0)

「無茶苦茶に」

このままどこかに行けないか。

どこか遠いところへ行って、
それから誰でもいいから倒錯的なセックスをしまくって、
ドラッグをきめて、無茶苦茶になりたい。

それから路上で寝ていたい。

そして、死んでしまいたい。


私は、自分を大事になんて、出来ない。

だって、私は、大事にされるべき人間じゃない。

いつだって、好きになった人には蔑ろにされて、捨てられる。
いつだって、好きになった人を無茶苦茶にしてしまう。


今、どうして、こんなに落ち込んでしまったのか。

原因が、分からない。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-27 14:53 | 死にたい | Comments(0)

「グレーのまま」

昨日、Eさんと電話していた。

というか、ほぼ毎日電話している。

「22日から落ち込んでいるね」と言われた。

彼は私の精神状態をよく知っていてくれている。

私はお付き合いは出来ない、と何度も彼に話している。

ボーダーだから。

過去に辛い恋愛を繰り返し、5年近く愛されなかったから。

もう過去の恋人は、私の側にはいない。

いつかは皆、私の元を離れていく。

そういうことを、トラウマ、と呼ぶのだろう。

Eさんは
「今は付き合う付き合わない、等と考えなくていい。
このままグレーなままでもいい。
もしお付きあい出来れば嬉しいけれど、
僕は友人としてもfoxyが好きだ」
と言った。

誰かと付き合うということを考えると、私は追いつめられる。

これはきっと、ボーダー特有の白黒思想だ。
そんなのは分かっている。

だから、もっと私はグレーを増やさないといけない。

落ち込んでも、いいのだ。と。

今は真っ黒ではない。

過去の地獄のような日々を思えば、まだなんてことはない。
毎日自殺を企画していた、あの頃を思えば。


もっと、グレーに。

もっと、グレーに。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-27 12:52 | 日々 | Comments(0)

「ここにいます」

私はここにいます。

苦しみ、もがきながら、ここにいます。


今日はほんの少し回復傾向。

温かく厳しいコメント、ありがとうございました。


もう少し、一人じゃない、と思えたら。
もう少し、自分を信じることが出来たら。
もう少し、人を大事にすることが出来たら。

少しだけ、私は生きづらさから開放されるのではないかと思う。


今回の落ち込みは、私が躁鬱を持っていることを、すっかり忘れていた。

私は躁鬱を持つ境界性人格障害なのだった。

客観的に分析し、そして鬱の時期をやり過ごす術を
もっと私は身につけなければならない。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-26 13:16 | 日々 | Comments(0)

「クリスマス」

昨日はクリスマスイブ、今日はクリスマス。

街は華やかで、そしてカップルや家族連れが溢れて。

昨日は普通に仕事をして、まっすぐ帰った。

母と食事をし、9時にはベッドに入った。

会いたいひともいない、愛するひともいない。
だったら、寂しくはないはずだ。


今日は、クリスマス礼拝に参加した。

礼拝と言っても、ただ賛美歌を歌い、牧師先生の話を聞くだけだ。
別に楽しいわけじゃない。

でも、心穏やかになる瞬間がある。

礼拝後、牧師先生に祈ってもらう。

「foxyさんの心が穏やかでいられるように。
foxyさんに伴侶が与えられますように。
foxyさんに子を与えられますように。」

と先生は祈ってくれた。

そして
「過去の傷はfoxyさんが思っているより深いはずです」
「ゆっくりと癒していきましょう」と言った。

そしたら涙が勝手に溢れた。

何故か、泣いていた。


ここ数日は、泣いてばかりいた。
心が折れそうで、苦しくて仕方なかった。

今日は祈ることにする。

もっと、自分を受け入れることが出来るよう、
もっと、自分を愛せるよう。

今日も、泣いても構わない。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-25 22:30 | 日々 | Comments(0)

「死にたい気持ちを乗り越える」

昨日はあまりに辛く、
主治医に電話をしてしまった。

「今から医大に来られる?」と先生。

「行けないよ!クリスマスに早退なんて出来るわけないよ」と私。

「だったらこの間教えたケースフォーシュミレーションをやってみて。
それでダメなら、頓服を飲んで静かにしてみて」
と先生。

ケースフォーシュミレーションは
「自分が死にたい思ったら」
「感情・どんな気分だったか」
「思考・何を考えたか」
「行動・何をしたか」
「身体・身体はどうなったか」
の四つの項目を書いていくというもの。

細かく分析していくことで、自分を客観的に見るということだろう。

それから先生は
「あと、牧師先生に話を聞いてもらって」と言った。

安定した精神状態の牧師先生に話を聞いてもらうことは
私の救いであることを、けろすけ先生は知っている。

牧師先生にメールを入れる。

「まず死にたい気持ちをイエス様に告白し、祈ってください」と返信が来た。

私はそれをしなくてはいけない。

そして、
「25日にクリスマス礼拝があるのでいらっしゃい、
それから一緒に祈りましょう」と先生は言った。


今朝、起きたら生理が来ていた。

そうか、生理前の不安定さも関係しているのだ!と言い聞かせる。

ともかく、久しぶりに来たこの死にたい感情を乗り切らなければ…。
死ぬ訳にはいかないのだ。

死にたいまま生きると決めたのだから。





皆さん、優しい、厳しいコメントありがとうございました。
今は亀のように甲羅に閉じこもって嵐に耐えます。

そして嵐が去ったら、また手足を出して、歩きます。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-25 10:25 | 死にたい | Comments(0)

「助けて」

誰か、私を助けて。

このままでは、また心が死んでしまう。

飛び降りでも、ODでも、電車に飛び込むでも、何でもいい。

今は、死にたくて仕方ない。

生きていて、またあんな地獄を見るのは嫌だ。

だったら、死んだ方がいい。

誰か、私を助けて。

平気なふりをして、仕事をするのも
一日中寝ているのも、どちらも嫌なんだ。

もう、楽になりたい。
楽にさせて欲しい。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-24 12:33 | 死にたい | Comments(0)

「ひとりで、いよう」

昨夜はホステスのアルバイト先へ所用で向かった。

プライベートだったのだけれど、お客様に飲ませてもらった。

私はとても上手に、明るく振る舞える。


ほどよく酔って、帰宅する。

ベッドに入るなり、泣けて泣けて仕方なかった。

ついEさんに
「死にたい、もう死んでしまいたい」とメールをしてしまった。

すぐ電話はかかって来、そして私はまた泣いた。

驚くほど涙は流れた。

「どうせ、皆私の元から離れていく」
「皆、私に嘘をつく」
「どうしたって、私は幸せにはなれない」
「Eさんのことなんて、嫌いだ」
と嘆いた。

そんなことはないよ、と彼は言い、
私が泣き止むまで、電話に付き合ってくれた。

いつ眠ったのか、もう覚えていない。


今朝起きて、一番に思った事は、

「もう、一生ひとりで生きよう」ということだった。

誰かと関るから、心が壊れそうになる。

誰かと関るから、誰かを傷つけてしまう。

仕事を淡々としていればいい。
そしたら、嫌なことを忘れられる。

最小限の人間関係で、満足すればいい。

配偶者も、子も持たず、でもそういう生き方もあるだろう。


泣きはらした目で、私はデスクに向かう。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2013-12-24 11:02 | 死にたい | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35
「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病