<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「一転」

一転、昨日の昼過ぎから、死にたい気持ちがずいぶん治まった。

うっすら死にたいな、と思っているけれど、
それでも日常に支障が出ない程度には回復した。

そうだ、私は躁鬱も持っているのだった。

それも、ラピッド・サイクラー型
下手したら時間単位で躁転、鬱転している。

そういうことを忘れてしまっている。

今回のトリガーは、Aさんへの見捨てられ不安のフラッシュバックだった。

それはハッキリしている。

Eさんに
「振り回してごめんなさい」と言うと
「元気になったのだから、いいんだよ、謝るところじゃないよ」と言われた。

Eさんはすこぶる私に甘いな、と思う。



私は完全な躁にはならないけれど、
あまり元気な時期が来ると鬱転したときが怖い。

でも、鬱期も辛い。
今回は4,5日続いた。


ボーダーで躁鬱って、悲惨だ。


ひとつだけでも辛いのに。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-28 16:57 | 日々 | Comments(0)

「死にたい」

起きたら、「ああ、また朝が来た」と悲しく思う。

ここ数日死にたいという気持ちは消えない。

こんな風に毎日を過ごすなら、もういっそ死んでしまいたい。

健常者ならば、こんな気持ちで朝を迎えることもないのだろうか。

仕事は山積している。

やらなくてはならないことが沢山ある。

効率がてきめんに落ちていても、それでも私はデスクに向う。

こんなのは、嘘っぱちだ。
やりたくないのだ。なにもかも。

ずっと寝ていたいし、何もしたくないのだ。


それでも、2年前Aさんと別れた直後の地獄からすれば、
まだマシなのだと思うけれど。


鬱が、来たな。
また、来た。

もう、嫌だ。

こんな重苦しい気持ちで生きるのは嫌だ。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-27 10:04 | 死にたい | Comments(0)

「自覚」

昨夜もEさんと電話をしていた。
繰り返される、もはや習慣。


昨夜は、彼に八つ当たりをした。

彼が本業以外でやっている(仕事)に元彼女が関っている事
収入を増やしてもらいたいということ。

もし結婚するなら、そのふたつは絶対に譲歩できないという事。

嫉妬していた。

試し行為だとも自覚した。
激しい嫉妬も。
そして怒りも。
これはボーダーの症状だ。

きっと、Aさんのフラッシュバック、仕事のイライラ。
そんなことが重なっていたのだろう。


私は彼を執拗に責め立てた。

そして、もうきっと嫌われるだろう、と思った。


「foxyは、本当にボーターなんだね」
「普通の人ならば、決して踏み込まないところまで入って来るね」
と彼は言った。

私は情けなくなる。
こうして、誰かを傷つけるだけの人間なんだ。

ありありと、自分がボーダーなのだと実感させられる。

親近者にしか出ない症状。
(親友だったHにも、これが出た。だから、彼女を怒らせた)

それだけ、彼が私の中に介入していることにも同時に気付く。

「僕はノンボーダーとして、ボーダーのfoxyと関る方法を考えているし
客観的に冷静に対処したいと思っている」と彼は言った。

彼は、境界性人格障害について、すでに勉強している。

冷静に、対応してくれたと思う。

けれど昨夜、彼はきっと傷ついた。

私はもう、本当は誰とも心を赦さない方がいいのだ。
誰とも心交わすこともなく、この人生を生きるのだ。

今朝、
「週末、こっちに来ないで。もう関るのはやめよう」とメールした。

私は、誰とも、関れない。

私は、誰とも、恋愛できない。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-26 09:55 | 死にたい | Comments(0)

「Foxy Lady」

昨日は仕事でとある街へ行った。

そこは4年半付き合った、元不倫相手Aさんとよく行った街だった。

彼が用事を済ませる間、私は近くのカフェで時間を潰した。

そのカフェの近くでの仕事。

何度も足を運んだ街。

そして仕事先でかかっていた音楽は、Aさんが好んで
ふたりでよく聴いたアルバムだった。

波のようにうねるギターの音。

このブログのタイトルに関連したタイトルの曲。
それだけ私は彼の影響を受けた。

一瞬で付き合っていたころに感覚が戻ってしまった。

仕事はなんとかこなしたものの、心はここにあらず。

「愛されなかった」という気持ちが爆発してしまった。

Aさんの愛を求めて、求めて、手に入らなかった。

不倫なんて、自業自得だろう。
辛い想いをして、当然だろう。

それでも私は、彼が心底好きだった。

別れて辛かった、地獄の日々がフラッシュバックしてしまった。

毎日死のうとしていた。
起きた瞬間から泣いて叫んでいた。

そんな記憶が体ごと思い出された。

そして死にたい、と思った。

鬱状態になり、帰ってから、泣いて寝た。


いつまで、こんな想いをするのだろう。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-25 13:49 | 死にたい | Comments(0)

「コメント」

少しずつ、コメントの返信をさせてもらっています。

みなさん、いろいろなコメント、ありがとうございます。

中には厳しいものもありました。

でも、真摯に受け止めたいと思います。

私はともすれば
「ボーダーだから仕方ない」
「どうせボーダーだから」と思いがちなところがあります。

それは甘えを生み、依存を生むのだと、自覚してもいます。

ようやく以前よりもマシになってきたとはいえ、
まだ、完全にボーダーを脱却したわけではありません。

いつ噴火するか分からない、活火山。

それを抱えながら、それでもより良く生きるために、
まだ時間がかかりそうです。

でも、死のうとしないだけ、生きようと思えただけ
私は進歩した、と思いたいのです。


読んで下さっているみなさん、いつも、ありがとうございます。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-20 13:45 | 日々 | Comments(0)

「通院」

月1回の通院の日。

今日はかなり待たされた。

主治医、相変わらず不敵な笑み。

いつも必ず私は「遅いよ!待たされたよ!」と先生に文句を言っている。


どうですか?と聞く先生に

「相変わらず死にたいし、死にたい…って呟いてしまう」と私。

「呟く!!」
「いいね!呟くのいいよー!」
「だって、呟いたあと、自分で受け流しているでしょ。
それはマインドフルネスだよ!」

とのこと。
(相変わらず拍子抜けする返答)

まあ、その通り、死にたくてもなんとかやり過ごしているのは確か。


そして聞きたかったのはEさんの事だった。

先生は
「恋愛はまだ駄目」
「理想化とこき下ろしの両極端をいくような強烈な恋愛は駄目」

「ただし、セックスはしてもいい。即物的なものだから」

「でも結婚はOK」
「出産もOK」

「なんで?」と聞く私に

「結婚は法律の楔があるからね、セーブが効く」と言った。

そういうものかな、と思いつつ、受け入れる私。
(でも一回目の結婚は失敗しているけれど!
これは次回確認しようと思う)


それから、普段物忘れが激しいことを話した。

例えば、Eさんと毎夜電話しているのだけれど、
たいがい毎日内容を忘れているのだ。

仕事でも、メモを逐一取らないと、忘れてしまう。

「解離してるのかな。テストしてみよう」

ということで、

「解離体験スケール(DES)」というものを試した。

「DESが41%を超えていたら、解離を疑う」というものらしい。

結果、私は、31%だったのだった。

「…結構解離してるじゃん!」と先生。

そうなのか、私は解離しているのか…。

そういえば、一時記憶だけではなく、
死のうとしていた一年半前位当時の記憶はほとんどない。
自分がどうして生活していたのか、さっぱり覚えていないのだ。

先生には「ボーダーのひとにはよくあることだから!」と朗らかに言われてしまった。

あまり気にするな、ということだろう。多分。



今回もケロッと診察終了。


薬はいつもと変わらず。

●エビリファイ12mg×1錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。

●ラミクタール100mg×4錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。


今回は以上。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-18 22:46 | 治療について | Comments(0)

「Aさんの夢」

今朝は夢見が悪かった。

久しぶりに元不倫相手だった、Aさんの夢を見た。


昔住んでいた部屋に、幼なじみがいて、
そしてAさんとセックスしていた。

私は布団にくるまって、寝たふりをしていた。

その行為が行われていることに、恐怖を感じ、起きられなかった。


その後、Aさんとレストランで会う。

「誰とでもああいうことをするんだね」と私は言った。

Aさんは
「foxyだって、好きじゃない男とセックスしたことあるだろう」
と冷たく言った。


そこで目が覚めた。


最低だ、最低の目覚めだ。

私はまだ、Aさんの呪縛から放たれていないのか。

あんなに私を苦しめた彼をまだ、想っているのか。


忘れたくて、忘れようとしていて。

それでもこうして夢を見ると、トラウマが襲う。

朝から、とても疲れた。

そして、過去にやってきた愚行を思い出して、自分を責めた。

死んだ方がいいんだ、とすら思った。


どうして。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-17 14:39 | 日々 | Comments(0)

「牧師先生に言われたこと」

昨日は、教会で牧師先生と面談だった。

先生には、Eさんと肉体関係があったこと以外は
(叱られるから怖い)全て話している。

「恋愛が怖い」
「Eさんと付き合っていいのか分からない」
「Eさんが好きなのか分からない」
と私は話した。

すると、意外な答えが返って来た。


「まず、週末のホステスのアルバイトを辞めなさい」
「今、仕事に追われて恋愛どころでは無いはずです」

とのこと。

肉体的にそれが可能でも、精神的には無理がある、と。

そして
「Eさんに対して恋愛に溺れないことは、とてもいいことです」
「溺れるような恋愛はしないほうがいい」とも。


私は少し、肩の荷が降りた。

まだ怖い気持ちが無くなった訳ではないけれど。



来月の頭に、またEさんはこちらへ来る。

その際に、先生はEさんと会いたいと言った。

先生は、私の父のようでもある。

なので、ゆっくり会ってもらって意見を聞きたいと思う。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-17 11:00 | 恋愛 | Comments(0)

「どうしていいのか分からない」

みなさん、いろいろなコメントありがとうございます。

まだ、返信が出来そうにありません。
ごめんなさい。


今、疲れている。

仕事もしたくない。

何もしたくない。

ただ未来に関して恐れを抱き、立ち止まっているだけだ。

恋愛に関して言えば、やはり私にはまだ早いのかもしれない。


以前、主治医からは
まだ恋愛は早いだろうと言われている。

それに準じて、教会の牧師先生も、恋愛はまだ早いだろうね、と言っていた。

私はそれをすっかり忘れていた。


明日は教会に行って、牧師先生と面談。

18日は医大に通院の日。先生に会える。


ふたりの意見を聞いてみようと思う。


恋愛禁止、なんて寂しい事だけど、今私に必要なことは
「ただ生きる」を専念することに尽きるのかもしれない。

「ただ生きる」だけでも苦難なのに、
恋愛なんて高度なことには取り組めないのかもしれない。



でも、定期的に会い、毎夜電話を交わすEさんが
突然いなくなったら、私は多少壊れるのではないかと思う。

それが私からの別れだとしても。

それはただの執着かもしれなくても。


結局、私には、愛とか、思いやりとか、そういうことは分からないんだ。
(だから友人もほとんどいないのだろう)

そういう人間なんだ。



もう、どうしていいのか分からない。

ボーダー特有の「アイデンティティが希薄すぎること」が足を引っ張って、
自らの決断すら疑ってしまう。



いつになったら、恋愛していいのだろう。

今、支えてくれているEさんとは、どうしたらいいのだろう。

私は一生、ひとりなんだろうか。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-15 18:36 | 日々 | Comments(0)

「混乱」

Eさんとのお付き合いを恐怖する、という記事を書いた。

コメントをありがたい程いただいた。

メッセージもいただいた。

いろんな意見があった。

「お付き合いをしてはいけない」
「ひとりでいるべきだ」
「心地よいのなら、そのままでも良い」等。

今はコメントに返信できない。

今は、混乱している。

燃えるように、彼を好きだとは言えない。

好きだと思うのならば、私は迷わない気がしている。
そして恐怖に思う事もないのかもしれない。

でも、もし私の中に、好きという気持ちが枯渇していたら?

私はもう、誰の事も好きになれないとしたら?

それはそれで恐怖だ。

一生この障害を抱えて、誰とも迎合できず、孤独に生きるのは嫌だ。

死にたいまま生きると、せっかく決めたのに。

何が正しい決断なのか、私には分からないまま時間が過ぎていて。

私はため息ばかりついている。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
[PR]
by foxyborderline | 2014-02-14 13:22 | 恋愛 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「生きています」
at 2017-09-20 18:35
「幸せでも不幸せでも」
at 2017-08-24 10:58
「無題」
at 2017-08-23 11:07
「同衾」
at 2017-08-17 11:34
「通院とか、いろいろ」
at 2017-08-02 16:20

ブログパーツ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病