<   2014年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

「無気力の波」

ここのところ、仕事に全く力が入らない。


手に着かないなら手に着かないなりに
しわ寄せは私に襲って来る。


集中力が欠くとてきめんに効率は落ちる。


少し仕事してはデスクでぼんやりとし、そして少し仕事する。


そんなことの繰り返しだ。


生理前の鬱状態から回避しようと、必死になっているせいなのか。


分からないけれど、この状況は結構辛い。


きっと仕事だけではなくて、本当は、なあんにもしたくないんだと思うけれど。


でも、私は

「生きているだけ偉い」
「死のうとしないだけ偉い」

という甘いハードルを設けていないと、完璧主義に負けてしまう。

20代のころは、よく自滅していた。


無気力の波とうまく付き合いたい。


きっとこの波にも、うまく乗れる日が来ると信じて。














にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ


人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-21 17:19 | 日々 | Comments(0)

「複雑」

昨夜は何事もなく、帰宅できた。

Yさんとは穏やかに、時間を過ごす事ができた。


当たり前のことがクリア出来た。

以前なら、自分から口説いていただろうから。

他人と自分の境界の曖昧さから、理解されたい、受け入れられたいという
抑えられない欲求を、自分でコントロールすることが出来た。



帰宅後、Eさんに電話をいれる。

何を話したのか、記憶が定かではない。

ただ、Eさんは酷く自分を責めていた事だけは覚えている。


「foxyに試し行為をさせてしまうことは、僕の責任」

だと思い、自らを責めてしまうらしい。


それは違うのに、と思った。

Eさんは試し行為をされて、嫉妬を煽られた。

その怒りや憤りの矛先はEさん自身ではなく、
私に向かうべきなのに、彼は自分を責めた。


そういう繊細な人だからこそ、私がボーダーだったことが
別れの原因になったのだろうと思う。


それでもきっと、結局私の心の軸は、今はEさんにある。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-21 12:53 | 日々 | Comments(0)

「Eさんに対する試し行為」

今日の不安を、Eさんにメールした。

「セックスしてしまったらどうしよう。セックスは自己破壊行為だ」と。

Eさんから「してほしくない」と返信があったのち、電話が入った。


有名人のYさんがどんな仕事をしているかを、Eさんは知っていた。


彼は、「foxyのことが好きだから」と言った。

「友達としてでしょ」と私は言った。

彼は少し口ごもった。

Eさんは私を好きかどうか。

きっとそれは違う。
それは本能からくる、微かな独占欲だ。


そして私のこの報告は、紛れも無く「Eさんに対する試し行為」だ。


私は私の体を汚いと思っている。
あばずれだと思う。

大事になんて出来ない。

今迄何度も虚しいセックスをして、傷ついて来た。

だから同じことにトライして、「今度こそ傷つかない自分」を確かめたいのだと思う。


「いや、取り越し苦労かもしれないよ」と私は言い、
「何もないことを祈っているよ」と彼は言った。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-20 16:16 | 日々 | Comments(0)

「DSM-IV診断の〈4〉 奔放な性行為」

今日、先述記事に書いた、Yさんと夜にお茶することになった。


表現者に誘われるということは、自尊心を多いに刺激する。


会うということになって、一番心配したのは、

「セックスをしてしまわないか」ということだった。


私は依存心が高い。

そしてボーダーらしく、奔放な性行為に走りやすい。


DSM-IV診断の〈4〉


「自己を傷つける可能性のある衝動性で、
少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ食い)
自殺未遂以外で、の自己破壊行動。」


そういうことをふまえて、とても心配している。


少しでも心を許している男性に口説かれたら、最後なのだ。

絶対無理な男性は、無理だけれど、Yさんは男性としても魅力的な人物だ。



ともかく、私は無事に帰ってこなくてはならない。













にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-20 11:40 | 日々 | Comments(0)

「観るということ」

昨日は、帰宅後、無性に落ち込みそうになってしまった。

原因は、なんなんだろうかと考えた。

でも、答えなんて出やしない。


ツイッターに誰かが書いていた。


「考える辞めて、「観る」ことにした。
考えるということは頭を悩ますだけで一切の能力を停止させることに等しい。
「観る」は洞察力を生み、自然に向こう側から答えがやって来る。」


なるほど、と思った。


「観る」ということに焦点をあててみた。


ただ「観る」だけ。

マインドフルネスに近いな、と思う。

答えなんて、出なくて構わないのだ。




一度落ちたら、何もかもが嫌になり、死を想うだけの
生きる屍になってしまう。

それは嫌なのだ。


だから、こうしてギリギリのところで踏ん張っている。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-20 04:38 | 日々 | Comments(0)

「思い出してくれてありがとう」

深夜4時に目が覚める。


携帯を見ると、私が六本木でバーテンをしていた頃に知り合った
Yさんからメッセージが来ていた。


Yさんは有名人で、
当時そのバーのマスターとともによく連んでいた。


二年前、私が本当に辛かったとき、(寝ても覚めても泣き叫んでいた頃)
ふと電話をくれて、泣く私と二時間も話に付き合ってくれたことをよく覚えている。

ただ懇々と話し、聞くことが出来る、そういう人だ。


今回、私の住む街に少し滞在するので
近々お茶でもしませんか、とのことだった。


私は、私をこうして思い出してくれる人が、とても嬉しい。


安心して会える人がいることは、私の中で心の支えでもある。


5年ぶり位に会うことになる。
それを私はとても楽しみにしている。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-20 04:30 | 日々 | Comments(0)

「Eさん」

ここのところ、Eさんと毎夜電話している。

ただ、日々の報告をするだけで、10分ほどのことだ。


今度は7月半ばに会う事になっている。
彼も、そのあとに私の街へ遊びにいくよ、と言ってくれている。


恋人と、何が変わらないのだろう、と思う。


付き合っていたころ爆発した、見捨てられ不安は無くなった。

彼に思いやりを持って接することが出来ている。


これは未来がない男女関係、もしくは友人関係なのか。
だから、お互い気楽に接しているのか。


私が心を彼に許す前とは、立場が逆転したかの様であり、
不思議と対等な人間関係になれた、という気もする。


私は、彼を心のお守りの様に感じている。
安心を覚えてしまったからだ。

彼にもし恋人が出来たら、やはり悲しい気持ちになるだろうと思う。


着地点のない関係について、色々と想いを巡らせる。


それでも、私はまだ彼を好きでいる。


不毛かもしれないけれど。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-19 10:39 | 日々 | Comments(0)

「命をあげたい」

何故か私のブログには癌患者の方が多く訪れてくださる。


どういう気持ちで見ていただいているのか、私には予想もつかない。


そして、私の知人Tさんも
最近、慢性骨髄白血病になったことが分かった。


私には大変なショックで、そして、自殺したいと思う事が罪の様に思えた。


出来るのなら、私の命をあげたい。


生きたい人の為に。


でもそんなことは出来ないのだから、
私は私で、死にたいままでも生きないといけない。


そう思うと、とてもやるせない気持ちになる。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-16 13:31 | 日々 | Comments(0)

「友達じゃないの、と彼女は言う」

昨日は友人Mちゃんとお茶をした。

三ヶ月ぶり。

思いのほか、私は楽しく過ごせた。

彼女はとても器用で、例えば嫌いな人にも演技しながら
上手に付き合うことが出来るような人だ。
(私には絶対無理)


お金持ちで、美貌にも恵まれていて、仕事も順調な彼女。


輝くばかりの彼女は、たまにこうして私を誘う。

どうして彼女が私を好いてくれているのか、私にはサッパリ見当がつかない。


「私たちは友達じゃないの」と彼女は言った。


でも私には友達というには、少し違う気がして、少々困惑する。


私が思う友達とは、ボーダーであることを受け入れて、
そして全てを分かろうとしてくれる人のことを指す。


彼女にも、障害のことを打ち明けていない。


全てを理解してくれる。
そんな人間はどこにもいないのは分かっているのに、
私はそういう理想を掲げてしまう。


だから友達がいない、という認識になってしまうのだと思う。
(ボーダー特有の白黒思想で)


それでも、私の心は、少しだけ軽くなった。

人と関る事が怖くて、交流が極端に少ない私には、
こうして誰かと世間話が出来るだけとてもうれしいことだ。


昨日は、本当にうれしくなってしまった。


もう少しだけ、人を信頼してもいいのかもしれない。


恐怖が勝るけれど、それでも私を好いてくれる人がいるんだということは
自信に繋がるのだと、思った。


人と関る練習を、しよう。












にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-16 10:30 | 日々 | Comments(0)

「「境界性人格障害(BPD)のすべて」という本」

a0287605_10184917.jpg


「境界性人格障害(BPD)のすべて」

という本を買った。


私は、すでに病識がある。
どんな特徴があって、どういう問題を引き起こすのかも
客観的に見る事ができる。


それでもこうして書籍を手に入れては読むということは
治療についてや、回復の道を模索したいと思っているからだと思う。


少しだけ読んだのだけれど、
ボーダーの特徴、発症の原因、詳細な実例、などが書かれている。


読み終わったら、また感想を書こうと思う。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-05-16 10:19 | 書籍 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35
「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病