<   2014年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「同じことばかり」

ブログを読み直していた。


私はだいたい、同じようなことを書いていた。


毎日が無気力であること。

Eさんとの恋愛に不安を持っていること。

人とうまくやれないこと。

友達がいなくて、寂しいこと。


そんなところだ。


結局、同じ場所をぐるぐると廻っているだけで
なぁんにも進歩してないんだと思う。


変わるのが怖い。


でも、辛くても、同じ場所に留まっていたいのか?


いや、辛いのは嫌だ。


だから、ほんの少しでも変化を恐れない心を持ちたい。


それが亀の歩みでも。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-31 19:12 | Comments(0)

「夢を見ている」

一昨日、昨日と、Eさんが私の住む街へやってきてくれて、会っていた。

離れた場所から。

会うと「ああ、好きだな」と思う。

離れていると、実体がないような感じがしてしまう。


私たちはまるで恋人のように過ごした。

手をつなぎ歩き、一緒に食事をし、セックスをし、抱き合って眠る。

Aさんの時のような燃える様な感情ではなく、
もっと穏やかで居心地が良い。

(主治医と牧師先生からは、それ位の「好き」が一番良いと言われた。
Aさんの時は、不倫という状況で「決して手に入らないから」燃えたのだろう、と)


相手からも好かれていると思えることは
自尊心を大いに満たすことになる。


Eさんは、8月のお盆の時期にまたこちらに来るという。

そのときに、私たちがこれからどうするのか結論を出す、と彼は言った。


彼には25年続けてきた、人生で手放せない「表現」がある。

結婚する事でそれを手放す事になるのではないか、と恐怖があるという。

私には理解できるようなできないような、そんな感覚だ。



「結婚し、子を持つこと」

それが私の夢なんだと、最近ありありと実感する。

ボーダーの私に育てられる子は、幸せだろうか。

それでもそれを望まずにはいられない。


私にだって「表現」の世界はある。
けれどもう、仕事だけでは満足出来なくなっている。


結婚の相手がEさんなのかは分からない。

私はそれを望んでいるけれど。

結婚して、人生がころっと変わるなんて思っていない。
一度結婚に失敗しているのだから。

私は夢を見過ぎているのだろうか。


もし、彼を無くしたら。
彼からふられたら。

私には心を打ち明けられる人は、ひとりもいなくなってしまう。

ひとりになってしまう。

きっと、壊れるのだろう。

それは、怖い。












にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-30 09:32 | 恋愛 | Comments(0)

「連絡を取る事」

「個人的に連絡が取りたい」と、言ってくださる方がいらっしゃいます。


とてもうれしいことです。

ただ、個人的に連絡を取る事は控えています。

現在、主治医からも、よした方がいいと言われているからです。


何かありましたらコメントで書いていただけましたらと思います。


皆さん、いつもありがとうございます。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-28 09:53 | 日々 | Comments(0)

「悲劇のヒロインなんかじゃない」

私は悲劇のヒロインなんかじゃない。


自分に酔いたくない。


ボーダーは、ひとつの個性。
躁鬱だって、ひとつの個性。


そう思えるまで、私はこの障害と向き合いつづけるのだと思う。


答えなんかなくても、仕方ない。


それでも生きていこうと決めた。


まだ死ぬわけにはいかない。


どんなに死にたくても。






追記
心が閉じていて、コメント返信できていなくてすみません。
でもひとつひとつ読ませていただいています。
返信、必ずいたします。
いつもありがとうございます。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-28 00:39 | Comments(0)

「空っぽな心」

昨日、思い立って高価なアクセサリーを買ってしまった。


もちろん気に入って買ったのだけれど、
それを、誰と会う時につけるというのだろう。


会社だって、毎日事務所でひとりで仕事していて、
お客さんとのやりとりだって電話やメールで済むため、ほとんど会わない。


友達だって、ほとんどいないに等しいのに、私は誰に見せたいのか。


それでも、街で一瞬でもすれ違う人にでも、見くびられたくはない。


こんなの見栄だな、と思う。

自分が弱くてみっともないから、少しでも虚勢を張っていたい。


コンプレックスの塊の私は、見た目だけでも、格好よく見られたい。

幼い頃、貧困にあえいできた私は、
大人になった今、少しでもお金があるように見られたい。

人から舐められたく無い。



そういうわけで、私は休みの日になると服を買いに出かける。


こんなに毎週服を買っていてどうなるというのだろう、と自分でも思う。

カード破産するまではいかないけれど、私は軽い買い物依存なんだろう。



いつもいつも、空っぽの心に何かを埋めようとして、そして空回りしている。



でも違う。


私が本当に欲しい物は、物ではない。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-24 10:00 | 日々 | Comments(0)

「Eさん」

先日、600km離れた、彼の住む街に行った。

Eさんと会っていると、「ああ、好きだな」と思う事が分かった。


離れていると、実態が無いような気持ちになってしまう。


ネットで知り合って1ヶ月、
リアルで知り合って10ヶ月。

それがどんな意味をもたらすのか、まだ分からない。


見にいった彼の作品は、素晴らしかった。

数日間行われたその表現の場には、数百人が訪れた。
関わっている人達の熱量も目の当たりにした。

彼は、表現の為に生きている人なのだと思った。



「もし結婚したとしたら、「表現」に関わる時間は確実に減るよ」
と私は言った。

それは間違いないのだろう。


でも、取り越し苦労だ。
まだ、彼は私とどうしたいのか、決めあぐねているのだから。


もし、彼がいなくなったら、私には信用できる人が誰もいなくなる。


もう友達もほとんどいない。


そういうことが、私を余計恐怖に駆り立てる。

ふられたら、きっとまた壊れるんだろうな、と今から思っている。



また来週、彼は私の住む街へやってくる。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-24 09:42 | 恋愛 | Comments(0)

「母が重い」

今朝、NHKの「あさイチ」という番組で

「母が重い」という内容を放送していた。

母親の呪縛から解放されないという、
一般人の女性達が出演していた。


私の場合、両親が離婚するまでは
母に大変大事にされていたと思う。


決定的に母に不信を持ったのは、

「両親が離婚したことで負った傷を、母にケアしてもらえなかった」
ことによるのだと思う。

冷静に考えれば、母子家庭を支えるため
母は必死だったのだと、今なら分かる。

ただ、私は15歳から家にお金を入れ続け、子どもでいられることは少なかった。

ことあるごとに母は私を頼り、依存した。

要は、私は傷ついたまま、子どもでいることを
思春期に取り上げられた。

だけど、私の中に、慰めて欲しかったという想いは消えない。

今も「死にたい」と漏らすと、無視される。

たまにキレられることもある。


慰められたことは、一度だって無かった。

私はただ、母の共感が欲しかった。

現在母と同居していて、表面上はうまくやっている。

けれど不信感は拭えない。

いざとなっても、この人は私を助けてはくれないと思う。

安心感というものが、一切無い。


でも大人になった今、自分を慰めるひとは、私自身しかいない。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-23 08:52 | Comments(0)

「リハビリ」

もうすぐ、今の会社に入って9ヶ月になる。


他の部署のスタッフさんとも、なんとか最近笑顔で話したり
冗談を言ったりできるようになってきた。

そうなれるまで、半年かかった。


対人恐怖症の私には、他の人が怖くて仕方なかった。


でも、挨拶をしたり、雑談をしたり、
そういうこと一つ一つがリハビリなんだ、と思えるようになってきた。


そこから友達になったり、仲間になったりなんてできないだろうけれど。


それでも、こういう関係が仕事上でも、少しでもあることが
私の自信に繋がるのではないかと思う。


私は何事も人より劣っていて
35歳にもなって今更、対人スキルを身につける練習をしている。


きっと、それでいいんだ。


すこしずつ。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-18 09:30 | 仕事のこと | Comments(0)

「Eさんに会いに」

今夜、離れた土地に住む、Eさんに会いに向かう。




未だに私と彼の関係は、ハッキリしないままでいる。


会えば一緒に眠るだろう。

会えば、セックスするだろう。


恋人ではない、ましてや婚約者でもない。


作品のお披露目が終わったら、気持ちを固めると彼は言った。


それが「二度と会わない」なのか

「結婚を前提に付き合う」なのか。

それは分からない。


そして私は、好きという気持ちがますます分からなくなっている。


私は、彼が好きなんだろうか。


一度私を裏切ったひとなのだ、と思うと恐怖が勝る。


もしまた突き放されたら。


私は壊れてしまうのだろうか。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-18 09:00 | 恋愛 | Comments(0)

「人を嫌い、人に嫌われる」

きっと私は人を見下している。


自分より醜いと思えば見下し、
自分よりセンスが悪いと思えば見下し、
常に自分と他者を比べては一喜一憂している。

そういうふうにしか、人を判断することができない。

理由は、幼少期に見下されてきたからだ。

いじめまではいかなくても、
女の子特有の「排除する」という行為を受けた。

そしてそれを、大人になった今も引きずっていて、
やられた分を、仕返しの様に行っている。

自己評価の低さから、それを行わずにはいられない。


でも、人を嫌えば、人に嫌われるのだ。

分かっていても人を見下してしまう自分を嫌悪している。


誰にも心を開けない。

人から傷つけられる怖さが勝る。

だから楽しく過ごせる仲間や、心を打ち明けられる友人もいない。


こんな情けない人生を送ることに辟易している。


きっと私は、誰からも好かれないし大事にされないと思うと
死にたい気持ちで一杯になる。


だって、私が誰も大事にしていないから。

というか、怖くてそれが出来ない。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-07-16 09:47 | 日々 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「強烈な解離」
at 2017-07-04 17:24
「リアル」
at 2017-07-01 11:16
「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14

ブログパーツ

タグ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病