<   2014年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「ごめんなさいと言いたかった」

連休中、友人Hと会った。

「友達だと思っているよ」と書かれたLINEのメッセージを
何度も読み返していた。

ふと、「会いたい」と彼女に言えた。


8ヶ月ぶりに会って、そしてたわいのない話をした。

自然を装ってくれたのは、友人Hで、そして私はそれに甘えた。

彼女は、一枚も二枚も大人だった。

けれど、年明けに私が失礼な態度を取ったことを、
私が謝れなかったのが悔やまれる。

どうしても、重い話に持ち込めなかった。

でもいつか、必ず謝りたいと思っている。

友人Hに出逢えて、良かった。

ただただ、感謝しかない。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-19 09:00 | 日々 | Comments(0)

「継続」

明日から日曜まで、お盆休みだ。

入社して10ヶ月になる。


就職するまで2年も寝込み、たいした仕事もできずにいた。

週何回かのホステスと、元恋人の仕事の手伝い位しか出来なかった。


それ以外はずっと臥せっていたのだ。

当時は毎日の様に首を吊ったり、薬を大量に飲んだりしていて
正社員で働くなんて不可能だ、と思っていた。


それでもなんとか10ヶ月継続することが出来た。


何度も鬱状態になっていて、休みたいと思った事もあったけれど
泣きながらでも私はデスクに向かっていた。


病気だからと親のすねをかじりたくても、片親の私は働くしかなかった。


私は、もっと自分を褒めてやらなくはならない。

明日からの休み、出来るだけゆっくりしたい。



土曜日曜は、Eさんが来てくれる。

これからのことを決めることはとても怖いけれど。

そして友人Hと会うことも、私はまだ決めかねているけれど。















にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-13 09:13 | 仕事のこと | Comments(0)

「結婚するのか、しないのか」

今週末Eさんが、離れた私の住む街へやってくる。


彼はその際に、今後どうしていくのかを明確にすると言った。


「結婚しないのなら、お別れをする」のか、

「結婚前提にお付き合いを続ける」のか。


それは二者択一。


そして、ふと私自身が、結婚に二の足を踏んでいることに気付いた。

まだ何にも決まっていないのに、急に怖くなった。

お別れするのも怖い。

結婚するのも怖い。

一度結婚に失敗していることも原因なのかもしれない。

またあんな風に破綻したら。

愛が枯れてしまったら、人はあんなにも冷たくなれるのだということを知った。
過去の結婚生活。


私には変わる事が恐怖だ。


どうなるか全く分からないし、想像がつかない。


それでも今週末はやってくる。







追伸
先日の記事にはたくさんコメントありがとうございました。
返信遅くなってすみません。

ひとつひとつ大事に読ませていただいています。

優しいお声がけも、厳しいお言葉も、両方有り難く思います。
必ずご返信させていただきます。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-12 09:55 | 恋愛 | Comments(0)

「結局ひとに興味がない」

昨夜はホステスのアルバイトで、私は楽しくもないのに、笑っていた。


お店の女の子が、友人を連れてきていて、楽しそうに会話をしていた。

私はどちらの女の子にも私は興味がない。

むしろ、「何の魅力があって付き合っているんだろう」とすら思った。

友達の多い彼女に対して「薄っぺらい友情だなあ」とすら。


私が好きになる人は、特殊な職業や能力があるひとだけで
「自分だけの武器」を持っている人間だけだ。

そして私はそういう人に認められるべきだ、と思っている。

周囲の人間から私は
「気取っている」「人を馬鹿にしている」と言われているらしい。

結局私は、大抵の人を馬鹿にしているのだ。

きっと自己愛性人格障害も被っている。


過去、人が私を馬鹿にしてきたように、私は今それを他人に仕返しのように行っている。

それが余計、孤独を呼ぶことは分かっている。


それでも身についてしまった癖が、抜けない。

馬鹿だな、私は。


今日はその女の子達と、ホステスをしている店の
ママの誕生日プレゼントを買いに行くことになっている。

そんなこと、私は気持ち悪くて仕方ない。
仲良しごっこに辟易する。

私が求めている友情とは
「私の全てを受け入れ、そして裏切らない」ことだ。

そんな友情は存在しない。

そして本当は受けいれたい、受け入れて欲しい、と思っていて、
彼女らも私を受けれたいと思ってくれていることも分かっていても
それでも私は怖くて誰も受け入れられない。


結局、私は私のことしか愛していないし(歪んだ形で)、
心がずっと内に向いているのだと思う。


死にたい位、私は孤独だ。

そしてそれを、自分自身で選んでいるのだろうね。













にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-10 12:27 | 日々 | Comments(0)

「合わせる顔がない」

先日、友人だったHから

「お盆に帰省するから、良かったら会おう」とLINEが来た。



彼女とは高校時代からの付き合いで、
私が過去に自殺未遂をした時に、私を殴りに来たことがあるくらい
散々心配をかけてきた。

本当の友達と言えるのは、彼女しかいなかった。


でも、正月に会っていた時に、彼女の言葉に私が一方的に機嫌を損ね、
勝手に帰ってしまってから、連絡を一切取っていなかった。


不倫をして、そして障害者になり、自殺未遂を繰り返したこと。

「この数年、本当に大変だった」と私が言った時に、


Hは「自分で選んで来た事だよ」と言った。


それを、私は「見捨てられた」と感じてしまった。
「分かってもらえない」悲しみは一気に沸点に達した。

そしてその場を去った。



ただ父の愛を求めて、がむしゃらに生きていた4年間。
私は不倫に身を投じた。

それが亡霊だったとしても、私は求めずにいられなかった。


それで傷ついたとしても、障害者になったとしても
それは確かに「自分の責任」なんだろう。


ただ、私は自分の人生の責任を取る事が出来ない。

ボーダー特有の症状「確立されたアイデンティティがない」ことによる。



冷静に考えれば、決して彼女は
私を傷つけてやろうと思った訳ではないのは分かっている。


それでも、8ヶ月もの間、連絡を取れなかった。


謝りたいと思った。何度も。

私がボーダーじゃなければ、こんなに人を傷つけることもなかったのに。



会いたいと言われても、私は彼女に赦してもらえるとは思えない。


合わせる顔が、ない。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-06 09:50 | 日々 | Comments(0)

「Aさんの呪縛」

過去に4年半も不倫していた、Aさんという男性がいた。


間2年は、ほとんど半同棲をしている状態だった。


彼に、亡くなった父の残像を見、必死でそれを追った。


そして、私は壊れた。


最後はボーダーの症状が爆発し、彼に包丁を向けたり
彼の前で自殺企画を繰り返した。


度々の攻撃に、彼は鬱状態になった。


そこで、関係は破たんした。



別れて2年も経つのに、私は毎日のようにAさんのことで
激しい自己嫌悪と後悔に襲われる。


不倫をしていた自分を赦せない。


こんなに毎日、彼のことを考えているのは何故なんだろう。


まだ好きなのかと問われれば、それは全くない。
もう一度付き合いたいとも思わない。


それでも、毎日辛かった過去をフラッシュバックしてしまう。


そして愛されなかった事実を目の当たりにしてしまう。


手に入らないからこそ、追いかけるという行為は、
私が父に求めた愛情そのもの。


冷静になれば、全てが分かる事なのに、
愛されることが生きる事の全てになっている私には、
そのフラッシュバックが怖くて仕方ない。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-06 08:51 | 恋愛 | Comments(0)

「無気力」

無気力の波がやってきた。


仕事も、何もかもしたくない。


ただひたすら眠りたい。


昨日は躁だった様な気がする。


そしたら、急激に鬱に転じてしまう。


今日は、最低の気分だ。


「おまえなんか死ね」とまた声がする。


それを必死ではねのけて、無気力でもなんでも生きるしかない。


生きる屍。


それが今の私だ。


せめて普通に、仕事くらいさせてほしい。


だれか、助けてほしい。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-05 09:03 | Comments(0)

「障害者手帳の更新」

先日、精神障害者手帳を更新してきた。
申請して2年目。

医大のケースワーカーさんに手続を手伝ってもらったので
大変スムーズにそれは執り行われた。


境界性人格障害では障害者手帳認定がおりない。

私は躁鬱なのでおりた。


等級は3級。

3級は障害年金がもらえるわけでもない。

私がよく使っている制度と言えば、

●映画が1000円で見られる。
●美術館が無料で入れる。
●失業保険が3ヶ月から10ヶ月に延長。

この3つ。

等級が上がれば、もちろん年金がもらえるし
税金免除や、公共交通機関の割引や、ガソリンの補助まである。


でもそれがほとんど適用されない3級の私は、
これを何の為に持っているのだろう…。とたまに思う。


会社にはクローズにして働いている。

(申請にあたって、会社にばれるのではないか、と
心配している人がいるかもしれないのですが、バレません)


私は恐らく、「精神障害者であること」が
アイデンティティのひとつになっているのだと思う。


「私は精神障害者」という印籠。

もしかしたら、何かあったとき
「だって精神障害者なのだから!」と言い訳に使えるのだろうか。

ともあれ、二回目の更新をした。



私は、「精神障害者」らしい。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2014-08-01 09:34 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14
「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35

ブログパーツ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病