<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「見守っていてほしい」

昨日、元不倫相手のAさんと仕事で会った。

2年ぶり。

別れてもう4年。
ちょうど、このブログを書きはじめたころだ。


顔を見る瞬間までは足が震えた。

その場所には数人がいて、ふたりっきりでは無かった。

仕事は滞り無く済み、また後日、という流れになった。

事務的な会話を二言三言話し、ほぼ目は合わせなかった。



例えば、SNSで写真を見るだけでフラッシュバックが起こるほど
私はAさんのことがトラウマだった。

Aさんと付き合っていた4年半のうち、2年半は同棲状態だった。

元旦那さんは、私と同衾して眠らない人だったので
人生で最も、寝食を共にしたのはAさんだと思う。


昨日は複雑な想いだった。

仕事が終わって帰る際、お酒でも誘ってくれないか、と
甘い期待を抱いたのも事実。

そんなことはあり得なかったのに。



彼は私のことを恐怖だとしか思っていないだろうし
この事務的な会話以外は、もう関わりはないんだろう。


人間として世間話をしたり、たまには飲んだり
(私が働く店にたまに来てくれるだけでもいい)
そんなことはもう、一生ないのだと思うと、とても辛かった。


人生で一番好きだった男性。

私が2年寝たきりだったこと、毎日自殺企図をしていたことを
リアルタイムで知っている男性。

私が殺そうとした男性。


今、私は何を望んでいるのだろう、と考えた。


私は。


「人生のどん底まで見せたAさんに、今私が障害を乗り越えてはいなくても、
日々なんとか頑張って治療したり、
正社員で仕事できるようになったり、
死にたいままでも生活していることを見守っていてほしいんだ」

と思った。


そう思った瞬間に涙は溢れた。


共通の友人Bに、そのことを伝えた。


友人Bは
「きっと、Aさんはfoxyを見守っているし、
昨日仕事できたこと、安心しているはずだよ」と言った。


とてもAさんが好きだった。

彼がもし、もう一度一緒にいようと言うなら
何もかも捨てることができると思う。

私が何も恐れず、唯一子供を産みたいと思った男性。


涙はまだ止まらない。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-07-27 18:40 | 恋愛 | Comments(5)

「カウンセリング 6回目」

先日はカウンセリングだった。

「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。


今回はあまりに憔悴していたので
通常60分のセッションを30分にしてもらった。


Gさんの奥さんへの罪悪感。

心身ともに無茶苦茶だった。



来週、元不倫相手でトラウマの対象であるAさんと仕事で会う事になっている。
そのことが恐怖で仕方ないとカウンセラーに伝えた。

「Aさんと会っているイメージを、何度も何度も思い浮かべてください。
安全な場所で、ただ事務的な会話をしているイメージを。
動悸が治まるまでやってみてください」

と言われた。

ずっと捕われ続けたAさんへの想い。

愛されなかった父へのリンク。

仕事なので会わなくてはならない。
けれど、愛されなかったというフラッシュバックが
また起こるのではないか、と怖さがある。



ABCシートについては、頭の中で組み立てる練習をしている、と伝えた。

次のワークへ進めないまま、この日のセッションは終わった。


次はまた来月。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-07-18 17:05 | 治療について | Comments(0)

「通院」

先日は月一回の通院日だった。


先生は私のブログを読んでいるので
開口一番

「大変だったね! やっぱり恋愛は大変でしょ」
と言った。



Gさんに罵詈雑言を浴びせたことは、自傷だ、と言われた。

あとから自己嫌悪になり、罪悪感を感じ死にたくなるのは自傷と同じ。

先生は私に恋愛をするな、と何度も言って来た。

それは恋愛自体が私にとって自傷になり得るからだそうだ。


「でも、「愛」は別。
早く結婚して落ち着いてほしい」
と先生はいつも言う。


何回か今までお見合いもした。

「でも、手も繋ぎたくないと思う男性と、どうやって結婚するの?」
と私は先生に言った。


すると先生は

「違うでしょ。foxyさんが最も重要視していることは、
「手を繋げるかどうか」よりも
「障害を理解してくれるか」でしょ」

と言った。


これには目から鱗がバリバリと剥がれ落ちた。

そうだ、私は私を理解して欲しいと強く思っているのだな、と。


別れたGさんなんて見た目もタイプではないし、年上すぎるし
仕事はすごく出来るけど、プライベートでは小学生のメンタルだった。


それではなぜ彼と付き合っていたのかというと
「彼が障害を理解しようと奔走し、症状に対応をしてくれた」
からだったのだ。


私は、理解されたい。

障害を、理解されたい。


それが誰かといる、最重要で最優先の条件だということに気づいた。


なんだか、シンプルなことに気づいた診察だった。







薬は以下。


●セロクエル25mg ×2錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。
統合失調症以外にも様々な精神疾患に用いられている。

●頓服  エビリファイ内用液0.1%  6ml × 1日2包まで
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。
様々な精神症状に効果を発揮する。

●ラミクタール100mg × 2錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。

●ルネスタ 1mg × 1錠
「超短時間型」睡眠薬。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-07-06 18:48 | 治療について | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「不倫について」
at 2017-04-26 15:37
「死にたい日々は続く」
at 2017-04-25 10:35
「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21
「ずる休み」
at 2017-03-02 14:10

ブログパーツ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病