<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「会社員」

ここ一週間、仕事が全然手につかない。

朝事務所に行って、ただ日が暮れるまでぼんやりしているだけ。

何も考えられない。


今日は昼から打ち合わせがあったので、
かろうじて2時間だけはなんとか動いた。


社長には私ひとりの裁量で仕事をさせてもらっている。

事務所にもほぼ日中、ひとりでいる。

進捗は私にしか分からない。


スケジュールが遅れるとか、トラブルを起こしているとか
そういうことはまだないのだけれど

このままでは影響が出て、
仕事ができていないのが明るみになるだろう。


先月、賃上げ交渉をしてお給料を上げてもらったところなのに
動けない罪悪感と無気力感で心が溢れている。



とにかく頭に靄がかかったようになっていて、ただ、ぼけている。


社長に現状を伝えたほうがいいのだろうか、と一瞬考えて、
メールを書いたけれど、送るのをやめた。


相談した牧師先生にもGさんにも、まだそれはやめておけ、と止められた。


精神障害者が世間に簡単に理解してもらえるなんて、甘い考えなんだろう。



入社して三年、精神障害者であることをひた隠しにし正社員で雇ってもらっている。


どんなに鬱状態でも事務所でひとり、泣きながらでも仕事をこなしてきた。


ただ生きているだけで偉い、とは思っているけれど、
さすがにこのままではいけない。


先週から胃痛で辛い。


でも私が潰れたら、部署自体がなくなる。
会社にもクライアントにも迷惑がかかってしまう。




それに第一、生活が出来ない。



こういうとき、
旦那さんや家族に養ってもらっている方がとても羨ましく思えてしまう。

私も養ってほしい。


私には父がいない。亡くなった。

薄給で働く母のためにも生活費を稼がないといけない。


生活の為に会社に勤め、週末はホステスをするという暮らしが
鬱状態のときは心身ともに、とても辛い。




いや、こんなことを考えていては駄目だ。

考えても仕方が無い。


明日からは必ず、仕事をこなさないといけない。










追記
読んでくださっている皆様へ。

いろんな事情や病気や障害を抱えていらっしゃるなか、
こんな稚拙なブログに真摯な言葉を頂戴して、恐縮な限りです。

ずっとコメントの返事が出来ない状態です。
いつか出来るようになるかもしれませんが、今は出来ません。
ブログに言葉を吐き出すだけで精一杯で、
返信という形で心をかわすことが出来ません。
本当に申し訳ないです。

でも、ひとつひとつ大事に、時に泣きながら読ませていただいております。
心に刺さる言葉も、厳しい言葉も、優しい言葉も、すべてです。
いつもありがとうございます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-08-24 18:21 | 仕事のこと | Comments(4)

「Gさんのこと」

先日Gさんに別れを告げた。

それなのに実は、関係は続いている。


私は寂しさに負けたのか、それとも彼を許しきってしまったのか。

Gさんは毎日のように、1時間かけて会社まで車で私を迎えに来、
週末はほぼ終日会っている。

カウンセリングへも1時間かけて送ってくれる。


Gさんは奥さんとの別居を決め、
この週末は物件を見にいくことになっている。

私はそのことで罪悪感を感じ、自分を責めている。


離婚なんてしてほしいわけではない。

セックスなんてしなくてもいい。
たまに食事をし、ただ笑っているだけでいい。

それでも一緒にいる事実とは。


何度も
「離婚しないでほしい」「もう別れよう」
と言っても、彼は頑にそれを拒んでいる。

そしてそれを拒むGさんを、私は受け入れているのだろう。


彼は私と結婚したい、そして子供が欲しいのだと言った。

どちらも障害者の私には重荷であって、恐怖でしかない。


「私は、あなたになんの責任も取ってあげられない」
と何度も言う私に、彼は
「何もしていらない。ただfoxyと一緒にいるだけでいい」
と何度も言う。


私は、
「理解されている」「守られている」「大事にされている」と、
勘違いしているだけなのか。


父の様な愛情を求めているだけなのか。


今日もGさんは私を迎えに来る。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-08-19 15:37 | 恋愛 | Comments(3)

「通院」

先日は通院の日だった。


病院に行く前に、役所の福祉課に
精神障害者手帳(3級)を受け取りに行った。

2年に一度の更新。

これを受け取るたびに、安堵と不安が同時に襲う。

アイデンティティとして、「障害者」という免罪符があることに安堵する部分と
「どうせ私は障害者なんだ…」という不安。

それでもこれがなければ、免除を受けられないことも多々あり
やはり必要なものだとは思うけれど。


それから自立支援の手帳も郵送で送られてきていた。



診察は、カウンセリングの結果を主治医に話した。

前記事に書いたようなことを。


「おお、foxyさん、いろいろ勉強してるね!」
「カウンセリング、ものすごく効果が出ているね!」
と先生は私を褒めた。


そのことがなんだか嬉しく、私はニコニコとしていた。


「やっと人間らしくなってきたかな?」と私が言うと

「初診は、人間じゃなかったもんね」と笑われた。

初診は先生と目を合わすことすらできず、暴言を吐いて、机を蹴ったり、
診察室で「今ここで死ぬ!」「入院させろ!」と暴れたりしていたのだから
そう言われるのも無理はない。


「ピュアなボーダーだと思っていたけれど、違ったね。
PTSDが結構影響していたんだねえ」
と先生は言った。

なぜかそれに過剰に反応してしまい、
「私はボーダーだもん!」と声を荒げて言ってしまった。

ボーダーに躁鬱やPTSDが複雑に絡まっていたのだとは思う。
(なので単なるボーダーではない、と発言されたんだろう)

ただ、「ボーダーである」ということを自覚していないと
症状がコントロールができないような気がして反論したのだと思う。

それに、障害者という立場にに甘んじたいわけではないけれど、
「今まで障害と闘って来た」というアイデンティティが崩壊しそうで怖かった。


それでも今回はかなり調子が良かったので、シンプルに診察は終了した。


診察はまた来月。


薬は以下。


●セロクエル25mg ×2錠
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。
統合失調症以外にも様々な精神疾患に用いられている。

●頓服  エビリファイ内用液0.1%  6ml × 1日2包まで
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。
様々な精神症状に効果を発揮する。

●ラミクタール100mg × 2錠
脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防する。
また、躁うつ病の維持療法に用いる。

●ルネスタ 1mg × 2錠
「超短時間型」睡眠薬。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-08-10 16:11 | 治療について | Comments(4)

「カウンセリング 7回目」

先日、元不倫相手のAさんと仕事で会った。

仕事は無事終わり、私はAさんと握手をした。

その手は遠慮がちで、弱々しかった。

もう話すことも無いだろう。

もう仕事することも二度とないだろう。


帰り道、私は泣かなかった。

感謝のメールをしたけれど、返信はなかった。

でも、私は自殺企図をしなかった。



そして週末はカウンセリングだった。

「こころを癒すノート」を元に認知処理療法を受けている。


そのことをカウンセラーの先生に話した。


「Aさんのことは、ずいぶん諦めがつきました」と私は言った。

「トラウマに実際直面すると、たいしたことがない、ということが多々あります」
と先生は言った。


私はトラウマの治療というのは「辛い事からいかに逃げ続けるか」だと思っていた。

実際は「辛い事にいかにして立ち向かうか」だった。


私は、「Aさんに会いたかったから」「逃げずに仕事に向かった」のだと思う。

それは変化を望んだからだった。

先生は
「避けなかったことが良かった」と言ってくれた。
「今は過去とは違う、安全な場所にいると感じること。
思い出しても平気でいられる、と思う事は自信になります」と。


別れて4年間フラッシュバックし続けた感情から、
ようやく少し解放されつつあると感じた。


「辛さの渦中から一歩踏み出して、客観的に辛さを見られるようになっていますね」
と先生は言った。


ここで、4月に受けたテストを再度受ける事になった。

IES-R(PTSD評価尺度)というもの。

これが25点以上だとPTSDの可能性大だと言われている。


これが4月。
総合点は59点。
a0287605_23261657.jpg



そしてこれが今回。
a0287605_2327955.jpg


総合点は34点。


25点も下がり、明らかにPTSDが軽減されていることが分かった。

これには私も驚いたと同時に、安堵した。


「こころを癒すノート」の中には、
「トラウマの原因になった人物に会う」というモジュールはありません。
でもfoxyさんは会ってきた。そのことは大きな一歩だったと思います」
と先生は言った。


Aさんについては、8割くらいはきっと昇華できていると思う。


それから先生に
「あとどれだけAさんへのトラウマに対して治療をしましょうか。
そろそろ、お父さんへのトラウマに向かう時期かもしれませんね」と言われた。



次は父のトラウマ。

まだ私は整理しなくてはいけない。

もう、Aさんと父はリンクしてない。

二人は別人。同じ人ではない。


過去の出来事を昇華するには、道のりは遠いと思う。


でも、Aさんのことを、乗り越えつつある。
そのことが私を勇気づけた。

無駄ではなかったと思いたい。


私は
「Aさんにもお父さんにも、努力しないと愛されないと思っていました」
「でも、努力しなくても愛されていることもあるって少し分かりました」
と先生に言った。


だって、私は何も今、頑張っていない。

仕事も、恋愛も、なにもかも。

それでも人から認めてもらうことも好かれることも、実際ある。

頑張らなくてもいいんだ。



軽やかな気持ちで、私はこの日のカウンセリングを終えた。

次はまた来月。






追記
読んでくださっている皆様へ。

いろんな事情や病気や障害を抱えていらっしゃるなか、
こんな稚拙なブログに真摯な言葉を頂戴して、恐縮な限りです。

ずっとコメントの返事が出来ない状態です。
いつか出来るようになるかもしれませんが、今は出来ません。
ブログに言葉を吐き出すだけで精一杯で、
返信という形で心をかわすことが出来ません。
本当に申し訳ないです。

でも、ひとつひとつ大事に、時に泣きながら読ませていただいております。
心に刺さる言葉も、厳しい言葉も、優しい言葉も、すべてです。
いつもありがとうございます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by foxyborderline | 2016-08-08 23:44 | 治療について | Comments(3)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「カウンセリング 13回目」
at 2017-03-22 16:27
「境界例とわかるまで まとめ」
at 2017-03-05 13:21
「ずる休み」
at 2017-03-02 14:10
「半分落胆、半分安堵」
at 2017-02-24 15:08
「通院」
at 2017-02-15 17:13

ブログパーツ

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病