<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「近況まとめ」

まるで私が治療してないみたいに、
誤解されている方もいらっしゃるのかもしれませんが…。


私は4年間、日本で数少ないボーダー専門医からの治療をうけています。

ボーダーに有効であると言われている「認知処理療法」のカウンセリングもうけています。

プロテスタントの教会にも通い、牧師先生とも定期的に面会をしています。



生活保護寸前の寝たきりだった私が、今は正社員で普通に稼いで、
副業もして、趣味もして、友達とも遊んで、おしゃれもしてお酒も飲んで…と
心が落ち込んでいても、日々なんとかかんとか動いています。

服薬も頓服のエビリファイ液剤だけで、今はほぼ飲んでいません。

自殺企図もしてません。


毎日確かに死にたいですが、私の日常は
死にたいまま普通に過ぎているのです。


私は「回復に向かうためのブログ」だと思って書いております。
実際良くなっているのですから。


それから、主治医が私のブログにコメントすることはありません(確認済)





ではみなさん、穏やかなクリスマスをお過ごしください。





私はまたGさんと喧嘩してしまったのでどうかな…?(謎)





追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。

このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。


[PR]
by foxyborderline | 2016-12-24 18:44 | 日々 | Comments(2)

「不調」

不調。
夜になると動悸がするようになってきた。


Gさんと会った。
謝罪をうけた。

彼なりに私に対して不安があるらしい。

「foxyはいつか若い男に取られてしまう」
「自分より稼いでいる男も、格好いい男もいる」

と気弱に思い、心配したという。

何歳でも、愛されていたいという想いは強いんだろう。

馬鹿みたいだな、とも思ったけれど気持ちは分からなくもない。
私はGさんを許した。



日曜はカウンセリングの日だった。
これはきちんと整理して書くつもりだけれど、今日は書けない。

とにかく今、不調だ。


年末までの仕事が立て込んできた。
プレッシャーを感じている。

今日は集中力がもたず、全く手に付かなかった。
遅々として仕事が進まず、ただぼんやりしていた。

おそらく月経前症候群なのではないかと思うけれど、
とにかく無気力で死にたい気持ちが止まらない。

死にたいまま生きてやると決めたのに、
やはりこういうときはぐらぐらと気持ちが揺れるし体調も優れない。

何も不満なんかないはず。
仕事も上手くいっていると皆に思われている。

でも「foxyさん、最近絶好調だね」と人から言われても何もピンと来ない。
人がそう言うならそうなのかもしれないけど
実際は仕事が恐怖でしかないからだ。


でも今日はPCの前に座るのが怖い。
簡単なメールを打つことすら怖い。
失敗したらどうしようと思うと怖い。

失敗したって、死にはしないのに。



やりすごすしかないのかな。


それでも自殺企図をしないだけマシ。

数年前は毎日自殺未遂をして、仕事どころではなかったのだから。


自分にそう言い聞かせている。









追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。


このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。


[PR]
by foxyborderline | 2016-12-20 16:52 | 死にたい | Comments(2)

「友人の病気。Gさんとの距離感」

先日高校からの友人から連絡があった。

40度の熱が一週間続き、ついに入院したのだという。

友人は離れた場所に1人で住んでいる。

連絡を受けあわてて有給をとり、
翌日新幹線に乗りお見舞いに向かうことにした。


Gさんにそのことを告げると、
「まさか男じゃないだろうね」
と言った。

私は頭がくらくらし「違うよ、もう寝るね」と寝室に向かった。

あとからあとから胸に棘が刺さったかのように心が痛くなった。



次の日、入院に必要なもの一式を買いそろえ病院に向かった。

友人は指定難病のベーチェット病の可能性が高いらしい。


「ベーチェット病だったらもう私は、仕事も結婚も出産もできないね」
と落ち込んで言う彼女に、

「ベーチェット病は治療を続ければ随分と症状は軽減されるそうだから結婚も出来る。
精神障害者の私だって仕事も恋愛もしている。大丈夫だ」と言った。

様々な家庭内の困難があっても、人生をがむしゃらに頑張ってきた彼女に
神様は酷だな、と思うと悲しかったけどそういうしかなかった。


面会時間の5時間病院にいて、それから新幹線で帰宅した。



帰路の新幹線の中で、とりあえず友人の顔を見られたことにホッとしていたら
急に前日Gさんに言われたことがチクチクと痛みだした。


友人のお見舞いに、「男か?」と言われたこと。
信用されていないこと。
嫉妬され続けること。

友人のことで軽くパニックになっていた私に、そんなことを言うなんて
と軽く失望した。


それからGさんに、「しばらく会わない。ごめん」とLINEをした。

もちろん彼からは謝罪があったけれど、私は少し気持ちが枯れてしまった。


試し行為なのかな、と自分に問うた。


いや、多分違うな、と思った。


なんとなく寂しい気持ちはある。


もう一緒には眠れないかもしれない。
もう誰からも愛されないかもしれない。

そう思うと薄ら寂しい。

けれど、今は会いたくないな、というのが正直な気持ちなのだ。


Gさんとはしばらく会わない。

自分でそう決めたのに、
今は友人のこともあって、少し落ち込んでいる。












追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。

それから、同じボーダーの方へ。
どうか絶望しないでください。
必ず良くなります。
私は少しずつ良くなってきています。
一緒に治療に向かいましょう。

このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。


[PR]
by foxyborderline | 2016-12-08 10:58 | 恋愛 | Comments(0)

「自由な心」

先日、百貨店へ買い物へ行った。


私がずっと欲しいと思っているバッグもついでに見た。

他のブランドバッグなんて興味がない。
けど、少女のころから憧れ続け、唯一欲しいと思うバッグ。


27歳の頃、銀座本店で持たせてもらったことがあったけど、
全く似合わなかった。

香水だけを買って帰った記憶がある。


その日は半日仕事だったので、
スーツっぽい格好だったのも良かったのかもしれない。

10年経って持たせてもらって
今はあの頃よりも似合う!と思ったら、とたんに気持ちは高揚した。


ただ、値札を見てびっくりした。

61万円。

「自分では「絶対」買えない。私なんかにはもったいないな」

と思った瞬間、違和感を感じた。



「あれ?「諦めている」のは「自分自身」だ…」と。



私は幸せにはなれない。

幸せになってはいけない。

障害者だから結婚出産をしてはいけない。

もっと仕事をして、お金を得たいと思ってはいけない。

高級なバッグなんて絶対買えない。

海外だって行ける訳が無い。

人生を楽しんではいけない。

人から好かれるわけがない。


そんな数々の心のストッパー。
アッパーリミット。



あれ?

多分バッグは貯金すれば買えるし、
もしかしたら私はなんだって出来るんじゃないの?と思った。



何かを得ることでだけで幸せを求める人生は辛かった。



でも、私は一度何もかも手放したし諦めた。

健康も恋愛も結婚も友情も仕事もお金も。

何もかもゼロになりそうになったことがあった。
むしろマイナスだったかもしれない。



それから、自分の障害を受け入れた。

今は死にたいままでも生きられると確信がある。



可能性を捨ててはいけない、と思えた。


まだ私は生きられる。


べつにそのバッグが手に入らなくても全く構わない。


ただ、「可能性を捨てない」という心が芽生え始めたので
バッグを見てきたことは、本当によい刺激になった。

そんなことは初めて思ったことだったからだ。



私は幸せになってもいいんだ。

未来を夢見ていいんだ。


今までは「死なないだけで精一杯の暮らし」だった。

息を吸うだけでも辛かった。

今、そんな風に可能性を求めたいと思えたのは
症状が良くなって来て、心に余裕が出て来たのだろう。


ボーダーの症状は最近ほとんど出ていない。


このまま世間がいう、寛解という場所へ行けないか。
(寛解という言葉はあまりしっくりこないけれど)


もう、死にたいままで構わないから
ボーダーであるというアイデンティティを捨てられないか。


私はもっともっと、本当は、自由になりたいんだ。









追記

ずっと、コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
すべて読ませていただいております。
力になることばかりです。

それから、同じボーダーの方へ。
どうか絶望しないでください。
必ず良くなります。
私は少しずつ良くなってきています。
一緒に治療に向かいましょう。

このブログは、拙い内容で何の役にも立たないと思うのですが、
境界性人格障害の治療が進んでいる証として残していきたいと思っています。


[PR]
by foxyborderline | 2016-12-05 15:11 | 日々 | Comments(0)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「大人」
at 2017-06-28 19:19
「中毒」
at 2017-06-20 16:48
「おとうさんがほしい」
at 2017-05-29 15:14
「鬱状態」
at 2017-04-28 11:01
「不倫について」
at 2017-04-26 15:37

ブログパーツ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病