人気ブログランキング |

「低空飛行ながらも穏やかに」

前回の投稿から随分経ってしまいました。

その後お付き合いしているパートナーと、結婚前提で同棲が始まりました。
実家から離れた他府県へ引っ越しました。

あまりに合わない会社は、半年で退職しました。

現在は障害者雇用のエージェントを利用し
クローズドでも就職活動をしつつ、毎日主婦のような暮らしをしています。

症状は随分治まりました。
軽度の不眠はあるものの、自殺企図などは全くしておりません。

同時に仕事への執着がいかにあったかが、ありありと分かりました。

パートナーもたくさん稼いでいるわけではないので
もちろんお金は必要なのですが、

「平穏で穏やかな日々の暮らしを維持することが第一優先」と思うようになったので
家事をしたり、彼と過ごす一日をいかに安定させるか、
ということを念頭におくようになりました。

そのためには、仕事でストレスを貯めてしまって日々の暮らしが破綻するようではいけないのです。
もし就職先が決まらなければ、しばらくアルバイトだけの暮らしでも良い、
と自分へハードルの低さを認めることもできるようになりました。

「職業」という呪縛。
私には「仕事で評価されなくては生きている価値がない」
という思い込みがあったのでしょう。

今はもう、どんな仕事でも良いのです。
誰からも評価されなくても良いのです。

ジェットコースターからは、ほぼ降りて生活していると思います。
ボーダー特有の、わざと自らドラマチックを求めるような症状は見られません。

未だ生きづらいな、とも思いますし
周囲の人と上手くできる自信もありませんし
死にたいとも薄らは思いますが

あの激しい時代はなんだったんだろうと思うほどです。

今年40代を迎え、色んなことが落ち着いてきたのでしょうか。

パートナーがあまりに穏やかで大らかな人なので
過去の過ちや障害のことも、受け入れてくれ、
それにとても感謝しています。


低空飛行ながら穏やかに暮らしていくこと。

これが今一番のモットーです。

# by foxyborderline | 2019-05-26 20:40 | 日々 | Comments(6)

「ジェットコースターから、降りよう」

去年の夏から更新していませんでした。

生きています。

通院も1ヶ月毎から3ヶ月毎に伸び、症状も落ち着いています。

支えてくれるパートナーのおかげでもあるとは思うのですが、
自然と以前よりも前向きになっているのを感じます。

落ち込むことがあっても、
以前のように衝動的に「死にたい」と思うのではなく
ワンクッション置いて落ち着いて考えるクセができ、
良いイメージを描くようになれました。

自殺未遂も一切していませんし、
パートナーに対する試し行為も行っていません。

ボーダーの症状が加齢とともに落ち着くというのは、
まんざら嘘ではないのかもしれないとすら思います。

躁鬱はまだありますし、自己肯定感は低いままですが
エビリファイと眠剤のおかげで
日常はなんとか成り立っています。

生活はというと、秋に就職した会社があまり肌に合わずにいます。

人間関係の構築も苦手なため、人並みに悩みもある日々ですが
それでも自暴自棄になることは随分減りました。

なにより「現状よりも良くなりたい」という
今までなかった気持ちが沸き上がることがあり
自分でも驚いています。

仕事についても、今生活のコアである
仕事・パートナー・趣味
のうち、パートナーと趣味はかなり順調なので
ひとつくらい仕事という困難があってもいいだろう、
というくらい余裕を持って考えています。

過去に辛いことがあったこと、
今も生きづらさを抱えていること。

それらは変わらない事実ですが、
それならばこれからの人生がいいことしかないはずだ、と思いたいのです。


感情のジェットコースターに乗る様な、壮絶な感情の波は今はありません。

もう私は、ジェットコースターから降りたいのです。

また感情の波が来ないとは限りませんが…。


ジェットコースターを降りて、
田舎道をのんびり歩く様な、そんな暮らしを望んでいます。







コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。



# by foxyborderline | 2019-01-25 17:24 | 日々 | Comments(7)

「生きています」

死にたいまんま、生きています。

前記事の当時、自暴自棄になって2ヶ月後、
恋人ができました。
地中海料理のデートをした方ではなく。

不倫でもなく、きちんとしたお付き合いです。

いろんな方とお付き合いしてきましたが、
ようやく、Aさんの残像から逃れられそうな人です。

私が深夜泣き叫んでいても
支えてくれている人です。

ご心配いただいて、たくさんのコメントをありがとうございました。

生きています。

ブログをやめることも考えていましたが
自暴自棄な内容な記事のまま更新を途絶えさせることは
非常に無責任だと思いました。

躁鬱の波も、今は穏やかです。

ひとまず、近況まで。

# by foxyborderline | 2018-07-19 01:47 | 日々 | Comments(8)

「自暴自棄」

長い付き合いの男友達と、セックスした。

後腐れもなく、付き合うつもりもない男性。

先日同衾した男性。

おそらく何も変わらず友達でい続けると思う。


罪悪感が多少あるけれど、後悔はしていない。

Hさんへの気持ちが、半分昇華された。

違う人とセックスして気が移ったからではない。

「こんな私なんか、Hさんにはふさわしくない」
と思っただけだ。

間違いなくふさわしくないだろう。
こんな私なんか。


今は心底自暴自棄であり、
なにもかも手につかずにいる。

愛されたいばっかりだ。

私はそればっかり。


それ以外なんにもない。
私には。

私の中身は空っぽ。

見た目は華やかに見えて
皆に愛想を振りまいて

皆、騙されているだけ。

私は狂っている。


ゴールデンウィークは、
この人と結婚したら安泰だろうな
と思う人とデートすることになった。

海辺のホテルで地中海料理のランチを食べるらしい。

彼は多分私が好きなんだろう。

私はそれを利用している。

今は誰でもいいから、私のそばにいてほしい。


寂しい。
日々が寂しい。


お父さんが、ほしい。










コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。




# by foxyborderline | 2018-04-26 15:55 | Comments(9)

「お別れ」

暖かくなってきた。

死にたいまんまであるけれど
エビリファイも朝晩2倍に服薬量が増えたけれど
それでも厳しい冬よりは春が好きだ。


元彼のHさんとは週に一度くらい会ったり
毎日連絡を取る毎日が3ヶ月ほど続いた。

曖昧な関係が続いたせいで、
私は復縁を淡く期待してしまっていた。

けれど先日、復縁はないとハッキリ言われてしまった。


分かっていたけれど、やはり辛い。

誰からも愛されないのだな、私は
としみじみ思ってしまう、


それなのに私のことを好きな人はまだ数人いる。

今週はふたりの男性と夕食を共にした。

私が付き合ってくださいと言えば付き合えるだろう人もいる。

けれど、付き合ってみては
私の持つ慢性的な愛の欠乏状態を知り
皆重く感じてしまい、お別れになる。

付き合うまでは、私はスマートで明るく楽しい女性だと
思われているようだ。

結局私は、見掛け倒しで中身は五歳児なのだ。

それに穴の空いたバケツに水を注ぎ込み続けることは
男性にとっては大変な労力である。

愛しても愛しても足りないと言われるのだから。



私は、完璧に愛してくれる
理想の父親像の呪縛から逃れられずにいる。


普通でよかったのに。

私を殺そうとしたり、虐待を受けない普通の家庭。

そんな普通に憧れている。


やけになって、自傷行為として
仲の良い男友達と寝てしまいそうで
今はちょっと、自責の念が強い。

いくつまでこんなことが続くのだろう。


もう疲れた。

女であることすら。

生きることが似合わなさすぎる。










コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


# by foxyborderline | 2018-04-19 14:04 | Comments(3)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「低空飛行ながらも穏やかに」
at 2019-05-26 20:40
「ジェットコースターから、降..
at 2019-01-25 17:24
「生きています」
at 2018-07-19 01:47
「自暴自棄」
at 2018-04-26 15:55
「お別れ」
at 2018-04-19 14:04

ブログパーツ

以前の記事

2019年 05月
2019年 01月
2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病