カテゴリ:日々( 347 )

「生きています」

死にたいまんま、生きています。

前記事の当時、自暴自棄になって2ヶ月後、
恋人ができました。
地中海料理のデートをした方ではなく。

不倫でもなく、きちんとしたお付き合いです。

いろんな方とお付き合いしてきましたが、
ようやく、Aさんの残像から逃れられそうな人です。

私が深夜泣き叫んでいても
支えてくれている人です。

ご心配いただいて、たくさんのコメントをありがとうございました。

生きています。

ブログをやめることも考えていましたが
自暴自棄な内容な記事のまま更新を途絶えさせることは
非常に無責任だと思いました。

躁鬱の波も、今は穏やかです。

ひとまず、近況まで。

[PR]
by foxyborderline | 2018-07-19 01:47 | 日々 | Comments(7)

「とりとめがない」

退職した会社の雑務も落ち着き、量も減っているのだけれど
それでも仕事が入ると情緒が不安定になる。

動悸がし、自分を全否定されているような気持ちになる。



仕事は実績を積んだので夢や目標なども、もうない。
やりたいことはほぼやったし、そこそこキャリアもある。

40代はもう少し気楽に仕事させていただいて、
なんとか食えないだろうか、と考えている。

私は15歳から働き、親に小遣いももらわず、
学費も高校から奨学金をもらい
車も結婚資金も、さらに親の借金ですら払い続けてきた。
今もかなり母に生活費を渡し、車のローンまで払っている。

もう「男性並みに稼ぐ」ということに、単純に疲れ果てた。

今年に入り、結婚願望が高まっている。

誰かに養われること、支えられるということに
思春期から憧れと羨望を持っている。



職業訓練校の面接に受かったので、
3月からは3ヶ月学生になることになった。

10代のころ、親の借金で貯めていたお金を取られ、
進学を諦めたことがある。

その時に叶わなかったことを、20年越しに叶えるチャンスではある。


確実に男女は平等ではないし、女性が稼ぐということは大変なことだ。

なのでさらにスキルアップするのはいいことだと思うけれど
全く仕事をしたいとは思えず、
ただただ今は主婦の方が羨ましくて仕方ない。



Hさんとは友人のごとく会い、なんだか分からない関係である。

彼は私に「婚活してもいいよ」と言ったので、私は途方に暮れている。


そういうことも影響したのか先日、男性と同衾した。
面倒臭いので、セックスはしていない。

ただ単にお互いの動物的に寂しさを埋めるために
くっついて眠っただけだ。

私は違う男性いわく「目がいつも泣いている」んだそうだ。
アレルギー持ちで目がいつも涙目だからじゃないかと聞いたら
そうではなく、「存在自体が寂しさを湛えている」のだそうだ。

だから寂しい男は私に寄ってくるのだろうか。




結局は「愛されたい」しかないんだな、と思う。

仕事をしようがしまいが、なんでもいい。
私は、誰かにしっかりと愛されたい。
そして、愛するということを知りたい。


死にたいと、やはり呟いてしまうし
生きていることが申し訳なく、恥ずかしい気持ちでいる。

このまま死にたいまんま生きて、いつか寿命で死んでいくんだろう。


しかし、とりとめがないな。


そんな日常で。生きています。








コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2018-02-28 13:22 | 日々 | Comments(3)

「日々」

退職してから、残務も落ち着きつつある。

仕事量が少なくなって、かなりストレスが激減している。

こんなにストレスがない生活は久しぶりで、
いかに仕事に追いつめられていたのかがよく分かった。


比較的精神は穏やかに日々が過ぎている。


今は心底、主婦の方が羨ましいと思う。

今年に入ってから、とても結婚願望が高まっている。

私の様なバツイチ精神障害者を誰がもらってくれるのか
とも冷静に考えると無理だと思うのだけれど。

誰かに支えられて生活をしたことがないので
守られる生活という物に憧れてしまう。

何度も結婚については諦めて、諦めて、
諦めきったと思っていたのに。



ともあれ、日々は過ぎる。





コメントで、ボーダー同士が関わり合わない方がよいと思われるのはなぜですか
といただいたので、少し書いてみたいと思います。


関わり合わない方がよい理由として
ボーダー特有の「理想化とこき下ろし」、
そして「理解されたいという強い想い」が原因だと主治医は言いました。

痛みが分かるもの同士、最初は共感出来、理想化しあうとは思うのですが
つい「私の方が辛いのに」などと被害者感情が表れたりするのでしょう。

アップダウンが激しいうえ、自分を一番に大事にされたいと思うボーダー同士は
相手を思いやって接することは難しいのではないかとも、私は思います。


私も、ネットを通じて数人のボーダーの方と知り合いました。
みなさん軽度のボーダーだったので、トラブルは無く有意義なものとなりましたが
やはりお互いの不安定さというのは拭えないものでした。


ただ、患者さん同士のグループカウンセリングなどもされている病院もありますので
プロの介入がある場合でしたら、大丈夫なのではないでしょうか。


参考になるかは分かりませんが、お返事に変えさせていただきます。









コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2018-01-26 19:10 | 日々 | Comments(6)

「2018年」

あけましておめでとうございます。

死にたいままなのでめでたくもないのですが。


年末年始は恒例の
「高校時代からの親友と母親と三人で紅白と年越し蕎麦」
「お墓参り」「友人・先輩と飲みまくる」「買い物」
などで過ぎた。

ひとりじゃないことを、ひたすら有り難いと思う。



Hさんとは、昨日会ってきた。

昼に起きて、ふと、電話をしてみた。

なんと出てくれたのだった。


旅行のお土産があるということで、届けてくれた。

彼は初詣に行っていないと言うので、
無理矢理近くの神社まで誘って行った。
(私はクリスチャンなので、側で見ているだけ)


それから少しカフェなどに行き、話をした。

今は、友達でも恋人でもない関係だ。


話していて、彼こそが自己評価が低い人間なんだとやっと分かった。

好意を受け取ることが異常にへたくそな人間同士の、稚拙な恋愛関係だった。


どうなるかは分からない。


でもボーダー特有の「人間関係を焼け野原にする」ような、
そんな関係には今後ならないと、なんとなく感じた。

恋人じゃなくてもいいし、友達でもいい。

私は彼を尊敬しているし、欠点も含めて好きだと思う。

会える時に会えばいい、と思った。





退職して、早速ハローワークへ行った。

自宅でしなくてはならない前職の残務があるのでそれを申請した。
それから、職業訓練校の案内をいただいた。


春から、勉強をしてみようと思う。

親の借金に、貯めていたお金を取られ、
進学を諦めて今の仕事に就いて16年が経つ。
「改めて学びなおす」ことにトライしてみたい。

それから、こども食堂のボランティアにも行きたい。
これは牧師先生につてを探してもらっている最中だ。

今年は、誰かに喜んでもらえることをしてみたい。


失業保険を満額もらえる、秋まで時間があるのだ。


この機会に、今しかできないことをさせてもらおうと思う。

それから、今後のことを考えたいと思う。



頑張るとか、成長したいとか、そんな気はあまりない。


でも、毎日ただ寝ているだけでは益々病人のようになってしまう。

それは嫌なんだ。




今年も死にたくなったり疲れたり、色んなことがあるんだろう。


死ぬときが来るまでは死ねないのも、もう分かっているから。


少しだけ、前に進みたい。


みなさんにとっても素晴らしい一年になりますよう。
祈っております。








コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2018-01-08 15:53 | 日々 | Comments(3)

「仕事納め」

昨夜は同業の友人たちと深夜まで飲んでいた。

3軒もハシゴして、たくさん笑ってたくさん飲んだ。

私なんかと遊んでくれるのは本当に嬉しいことだ。




帰宅後、私は酔ってHさんに電話などしなかった。
しばらく酔ったら電話をかけてしまったのだ。

迷惑をかけないために
「電話をしない」ということを日々積み重ねるだけだな、と思う。

少しずつ、こうして忘れていくのか。

寂しい。




今日で仕事納め。

会社は本日付けで退職。

障害者は10ヶ月失業保険が出るので、
その間にまた転職を考えなくてはいけない。

障害者雇用も視野に入れている。

今の業種は23歳からやっていて、そこそこ実績があるので
なんとかなるだろう、とは思っているけれど不安ではある。

今は考えても仕方ない。

来年、ゆっくり考えようと思う。




一年あっという間だった。

今年も昼夜よく働いた。

恋愛はからっきしだったけど、仕事はなんとか出来た。

寝たきりだった時は毎日通勤することすら自信がなかったのに、
障害をクローズのまま正社員として4年間、
こうしてなんとか働けたことは、本当に進歩だったと思う。


なんとか年が越せる。

お正月は友人と家族と過ごす。



今年はブログもこれで書き納め。

みなさん、よいお年を。









コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2017-12-29 15:57 | 日々 | Comments(5)

「日々」

クリスマスが終わった。


行事や長期休暇の際、精神障害者は落ち込むことが多いらしい。

予定がなければ、
「私は誰かも必要とされていない」という感が高まるからだそう。



25日は友人と飲み、それから他のパーティにも呼ばれていたので、
遅めに合流し深夜まで飲み、なんとか寂しさをごまかしながら過ごした。


それから昨夜は接待の後、Hさんとよく行っていたバーにひとりで行った。

ついそのバーにいる、とメールしてしまった。

返事はない。


私がきちんと忘れられるように配慮してくれているのかもしれないし
もしかしたら、もう本当にボーダーにこりごりになったのかもしれない。



本気で私を好きじゃなかったのだろう、
もう私を嫌いになったのだろう、と思うと悲しくなって帰り道は泣けた。


数年間、友人として本当によくしてくれていた人だった。

電車で出かけたら帰りが逆方向でも、
ホームまで見送って手を振ってくれるような人だった。

あの優しさは、もう二度と受け取れないんだろう。

付き合わなかったら、ずっとよい友人でいられたのかな。



「ボダからは逃げろ」などと書かれているサイトやブログも多数世の中にはあり
確かに迷惑をかけ続ける人種なのだろうと申し訳なく思う。


私は高機能ボーダーだから、心を許さない人とは最低限上手くやれる。

でもそういう希薄な関係は心が上の空で、一切感動を覚えたりしない。



ただ愛した人に、愛されたいだけ。

それなのに、愛した人だけ傷つけてしまう。

人間として愛されたいだけなのに、どうして私は上手くやれないのだろう、と
心底自分が嫌になる。










コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。




[PR]
by foxyborderline | 2017-12-27 18:47 | 日々 | Comments(0)

「クリスマスイブ」

今日はクリスマスイブ。


私は夕方まで、眠って過ごした。

何度も起きてはコーヒーを飲み、煙草を吸い
何度も何度も眠った。

昨日今日と、なぜか元不倫相手のAさんの夢を続けて見た。

彼は私を脅威だと思っていて、
仕事などで会ったとしても、ぎこちない感じを醸し出すのだけれど
夢の中ではとても穏やかで、暖かい空気が流れていた。

そんなことはありえないのに、不思議だな、とぼんやり思った。

もう二度とそんなことはないのに。


そして、去年のクリスマスはGさんと過ごしていた事を思い出した。

なんだか一年というのはあっという間で、
今年は私は一人なのだ、と寂しくなっていた。



空がすっかり暗くなったころ、ケーキを買いに一人でかけた。

小さなショートケーキがなくて、ホールケーキをやけ買いした。

母と二人で食べるために。
母がいなかったら私は本当に一人になるので、大事にしたい。



それから教会のクリスマス礼拝に参加した。

牧師先生は、私の仕事と結婚について祈りを捧げてくれた。

聖書には「産めよ増やせよ」とあるので、
クリスチャンにとって結婚は一大ファクターなのである。

さあ、どうだろう、と私は思いながら
それでも静かに、牧師先生の祈りを受けた。



さっきつい、Hさんに「寂しい」とメールしてしまった。

返事はないだろう。分かっている。



この、好きという気持ちとはなんなんだろう。

この、愛されたいという気持ちはなんなんだろう。


ただただ寂しい夜となった。


私は、人と、いたいんだ。


寂しい。








コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。





[PR]
by foxyborderline | 2017-12-24 22:25 | 日々 | Comments(2)

「幸せになりたい」

昨日は仕事が終わってから、趣味の先輩と深酒をしていた。

(火曜日からずっと飲みに出ていて、
週末のホステスを入れたら今週は5日も飲み続けることになる。
もう、やけ酒に近い)


案の定おおいに酔っぱらい、
私はHさんに「迎えに来て欲しい」と連絡していた。


Hさんは来てくれた。

何も具体的なことも話さず、ただ私は泣いていた。

家まで送ってくれた。

眠る前にベッドから、「もう忘れます」とメールをした。



朝起きて「もうHさんに迷惑をかけてはいけない」と思った。

いい人なのだ。
いい人だから、これ以上は傷つけてはいけない。

彼を好きだから、彼を私のせいで不幸にしたくない。



ただ幸せになりたいだけなのに。

どうも私には難しいことが多い。


障害者だから、恋愛も結婚も出産もしてはいけない
と決めつけているのは私自身で。

そりゃ健常者より日常生活が困難なことは明白ではあるけれど。


誰よりも私が、私自身の幸せを阻んでいるのではないか。


でも6歳からずっと、毎日毎日自動的に頭に浮かんでくる、
この「死にたい」という気持ちを
どうやったらコントロールできるのだろう。


そこにパワーを奪われ、日々クタクタに疲れてしまう。

せめて死にたいと思わない人生だったら、と思う。



快活に仕事をしたい。愛する人が側にいてほしい。

それだけでいい。


全てをぶち壊してしまうのは何故。

普通のことが、普通にできないのは何故。



私は、幸せになりたい。










コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。







[PR]
by foxyborderline | 2017-12-22 13:27 | 日々 | Comments(7)

「私の日々」

先週は通院の日だった。

来年からの失業と失恋という緊急事態に、
主治医は「通院回数を増やさないか」と言った。

今年一杯はもう仕事が休めないので、
来年からそうしてもらおうと思う。

私は「働いてアイデンティティを得る」タイプらしいので
あまり長期の休みを取ると落ち込む可能性が高いという。

久々に泣きわめいて診察を受けた。

「とにかく年内は持ちこたえてくれ」と主治医は言った。



週末は夜にしか予定がなかったので、時間を持て余した。

ベッドに横になっていても眠れない。
以前なら寝逃げできたのにも関わらず。

ベッドで「死にたいよー!」と唸りながら自分を責めていただけだった。



金曜に、Hさんに「Hさんから私をブロックして欲しい」と伝えた。

深夜酔うとLINEで電話をしていたからだ。

幸いマナーモードにしているとのことで、
睡眠の邪魔をしていたわけではないそうだったけど
朝起きて、自分の発信履歴を見ると自己嫌悪で益々死にたくなるので
私からブロックをお願いした。

自分からお願いしたのに、もう二度と連絡が取れないのだと思うと
えもいわれぬ感情が押し寄せてきた。

なんで別れて欲しいなんて言ってしまったのだろう。

やっぱり「試し行為」だったのか、と思うと余計情けなくなり
好きだったのに、本当に好きになれたのに、と後悔してしまった。


でも、くたくたに疲れ果てたHさんを見ているのも辛かった。

ボーダーを支えるというのは並大抵のパワーでないと無理なのだろう。

会いたいと思ってしまう気持ちを、ぐっと押さえている。



日曜に礼拝に行った。
牧師先生は「foxyさんが健常者ならどうしたかったのか?」と私に聞いた。

「私が健常者だったら、結婚もして出産もして普通に家庭を築きたかった」と答えた。

「それをもっと素直にお祈りしなさい」と牧師先生は言った。



今、私に好意を抱いている男性が複数人いる。

先日もまんまと口説かれて振りほどいて帰って来た。

その人は「あなたにはおかしな色気がある」と言った。
そんなこと考えたこともないのに。

もうこんなに死にたいのだから、どうなってもいい。
やけばちになって酒を飲んで、
その人とセックスしてしまおうか、とも
自暴自棄な思いが頭をよぎった。

でも以前、それは自傷行為だと主治医は言った。

そんなことは分かっている。

20代でもあるまいし、
今はもうそんなことは出来ない。

たとえ一瞬誰かといたって、
私が望む状況には決してならないと思うから。


無茶苦茶に壊れてしまいたい、もっと壊したいと衝動的に思う自分が、
理性を保つ自分をそそのかしそうで、じっと耐えている。


自分を大事にしたい。
もっと大事にしたい。


とにかく今出来ることを普通にやって、
死なないようにしなくてはいけない。







コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。



[PR]
by foxyborderline | 2017-12-18 10:37 | 日々 | Comments(2)

「近況」

ここ数週間、死にたい気持ちが高まっていた。

以前なら自傷行為(ODや首つり)をしてはなんとか持ちこたえていたのだけれど
今はもう自傷行為をしない、と決めている。

多分自傷行為で発散できないぶん、たまに解離が起こっているんだと思う。

なんというか、現実か夢かいまいち分からなくなり
大声で泣き叫びたいような、暴れたいような、
電車に飛び込みたいような気持ちになる。

手に汗をかき、強烈な衝動が全身を走る。


頓服でなんとか治まったので良かったけど

「やはり私には結婚とか出産とかは無理だな。
自分のことで精一杯だ」
としみじみ思い、帰宅してすぐベッドに入った。


不便な身体。
不便な精神。
それが私なので、もうどうしようもないのだろう。

それをどのように自分でコントロールして生活していくか
それしかもう、生きる術はない。


死にたい膜は広がったり縮んだり、変化もある。

死にたい気持ちはデフォルトで仕方ないし
もうこれは一生持ち続けるのだと思う。

早く死にたいなと思いながらも、寿命が来るまでは
淡々と日々自分の仕事をしたい。

私は暇だと余計死にたくなるので、ひたすら働き、趣味に没頭し、誰かに会い
スケジュールをパンパンに詰めたくなる。

それが周りの人からは日々充実しているね、などと言われるけど
単なる高機能ボーダーになっているだけ。

(高機能だから良い、低機能だから悪いとかではありませんので
気になる方は調べてくださいね)


でもまあ、やっぱり毎日毎日心身共に、疲れているけど。

生きづらさは一生、離れないのだろうな。









コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2017-11-29 15:42 | 日々 | Comments(2)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「生きています」
at 2018-07-19 01:47
「自暴自棄」
at 2018-04-26 15:55
「お別れ」
at 2018-04-19 14:04
「自責の念」
at 2018-03-05 18:59
「とりとめがない」
at 2018-02-28 13:22

ブログパーツ

タグ

以前の記事

2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病