<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「とりとめがない」

退職した会社の雑務も落ち着き、量も減っているのだけれど
それでも仕事が入ると情緒が不安定になる。

動悸がし、自分を全否定されているような気持ちになる。



仕事は実績を積んだので夢や目標なども、もうない。
やりたいことはほぼやったし、そこそこキャリアもある。

40代はもう少し気楽に仕事させていただいて、
なんとか食えないだろうか、と考えている。

私は15歳から働き、親に小遣いももらわず、
学費も高校から奨学金をもらい
車も結婚資金も、さらに親の借金ですら払い続けてきた。
今もかなり母に生活費を渡し、車のローンまで払っている。

もう「男性並みに稼ぐ」ということに、単純に疲れ果てた。

今年に入り、結婚願望が高まっている。

誰かに養われること、支えられるということに
思春期から憧れと羨望を持っている。



職業訓練校の面接に受かったので、
3月からは3ヶ月学生になることになった。

10代のころ、親の借金で貯めていたお金を取られ、
進学を諦めたことがある。

その時に叶わなかったことを、20年越しに叶えるチャンスではある。


確実に男女は平等ではないし、女性が稼ぐということは大変なことだ。

なのでさらにスキルアップするのはいいことだと思うけれど
全く仕事をしたいとは思えず、
ただただ今は主婦の方が羨ましくて仕方ない。



Hさんとは友人のごとく会い、なんだか分からない関係である。

彼は私に「婚活してもいいよ」と言ったので、私は途方に暮れている。


そういうことも影響したのか先日、男性と同衾した。
面倒臭いので、セックスはしていない。

ただ単にお互いの動物的に寂しさを埋めるために
くっついて眠っただけだ。

私は違う男性いわく「目がいつも泣いている」んだそうだ。
アレルギー持ちで目がいつも涙目だからじゃないかと聞いたら
そうではなく、「存在自体が寂しさを湛えている」のだそうだ。

だから寂しい男は私に寄ってくるのだろうか。




結局は「愛されたい」しかないんだな、と思う。

仕事をしようがしまいが、なんでもいい。
私は、誰かにしっかりと愛されたい。
そして、愛するということを知りたい。


死にたいと、やはり呟いてしまうし
生きていることが申し訳なく、恥ずかしい気持ちでいる。

このまま死にたいまんま生きて、いつか寿命で死んでいくんだろう。


しかし、とりとめがないな。


そんな日常で。生きています。








コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2018-02-28 13:22 | 日々 | Comments(3)

「通院など」

先日は通院の日だった。

仕事を辞めてから精神状態が良いことと、
表情が穏やかになったこと
Hさんとの経緯などを主治医に伝えた。

「foxyさんは、以前と比べるとあんまりボーダーっぽくないよね」
と主治医に言われた。

「Borderline personality disorder」の
「disorder」が取れつつあり、
「Borderline personality」だということらしい。

確かに、通院初期(ブログ初期でもある)は毎日
様々な自殺企図を繰り返し
元不倫相手のAさんを包丁で殺そうとしたりしていた。

診察でも暴言を吐いたり、入院させろと机を蹴ったりしていたので
それと比べたら、現在は真人間っぽい感じで生きてはいると思う。

自傷行為としての無差別なセックスも、以前と比べるとしていない。
(もう面倒臭い)

まあ、そもそも高機能型よりのボーダーなので
表向きには日常生活に支障はないと他人からは見られているのだけど。
内心精神は荒れていても。

「じゃあ、私は何の為に通院しているのかな?」
と私は主治医に聞いた。

「foxyさんは日常生活を送る為にエビリファイが必要だし、
ボーダーであることがアイデンティティのひとつになっているのではないかな」
と主治医は言った。

私のアイデンティティの主軸は職業(技術職)でもある。
けれど確かに「障害者であること」でもアイデンティティを得ている。


ただ、今は愛されたいと思うけど愛されなくてもいいとも思える。



あと、最近趣味がひとつ増え、手芸に凝っている。
この日も自分で作ったブローチを付けていて主治医に見てもらった。

他の趣味は多人数でやるものなので、緊張感もそこそこある。

しかし手芸は、たったひとりコツコツと集中してやるだけなのが
とても気楽で良く、なにより無心になれる。

それはとてもいいことだ、と主治医は言った。


それから、主治医がこのブログを患者さんに伝えていることを聞いた。

中には10代の女性もいるらしく驚いた。
それは責任重大だなあ、と思うけれど
私の回復の何か伝えられるのならそれはそれでいいと思った。


薬は以下。

●頓服  エビリファイ内用液0.1%  6ml × 1
メジャートランキライザー(強力精神安定剤)の一種。
様々な精神症状に効果を発揮する。

●ルネスタ 1mg × 3錠
「超短時間型」睡眠薬。



職業訓練校の面接も終わったし
今週は子供食堂のボランティアの打ち合わせに行ってくる。
誰かの役に立てるなら、生きていてもいいと思えるだろうか。

色んなことが動こうとしているし、私は前に向いて生きていかないといけない。


再就職を決めなければならない秋までに、まだ時間がある。


生きづらいまんまでも、死にたいまんまでも、生きていく。






コメントの返信ができません。
すみません。
皆さんいつもありがとうございます。
励みになります。
全て読ませていただいております。

メールアドレスを書いて下さる方もいらっしゃるのですが
個人的な連絡のやりとりは主治医より禁止されております。
大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
お気持ちだけ頂戴いたします。


[PR]
by foxyborderline | 2018-02-07 21:42 | 治療について | Comments(4)


境界性人格障害と躁鬱を抱える本人のブログ


by foxyborderline

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
最初に
気づきから治療まで
DSM-IV診断・私の場合
死にたい
日々
治療について
仕事のこと
恋愛
書籍
マインドフルネス
未分類

最新の記事

「生きています」
at 2018-07-19 01:47
「自暴自棄」
at 2018-04-26 15:55
「お別れ」
at 2018-04-19 14:04
「自責の念」
at 2018-03-05 18:59
「とりとめがない」
at 2018-02-28 13:22

ブログパーツ

以前の記事

2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

最新のトラックバック

ブログジャンル

メンタル
病気・闘病